教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

【2022年最新版】薬剤師の転職が厳しくなっている?薬剤師の求人倍率を独自に調査!

株式会社セルバ
各都道府県の薬剤師の求人倍率と全国平均の調査結果を公開

「薬剤師の転職が厳しくなっている」「薬剤師であれば転職が容易にできる時代は終わった」と言われていますが、体感ではなんとなくそう思っていても根拠に乏しいと感じていた方も少なくないのではないでしょうか。 そこでセルバでは、セルワーク薬剤師に掲載の求人を基に求人倍率を算出し、実際に薬剤師の転職が厳しくなっているのかを調査いたしました。



※2021年9月~2022年9月にセルワーク薬剤師に掲載された求人のデータを基に算出しております。

■仕事が探しやすいのは求人倍率が高い方?低い方?
求人倍率とは、求人の数を求職者の数で割った数値であり、経済指標の一つとされています。
結論から言いますと、求人倍率は高い方が仕事は探しやすくなります。

■薬剤師の求人倍率の全国平均は?
セルワーク薬剤師に2021年9月~2022年9月に掲載していた求人を基に算出したデータでは、求人倍率は全国平均で0.95倍でした。
2022年9月末時点で厚生労働省が公表している有効求人倍率の全国平均1.32倍と比べると低めであり、1.0倍を下回っています。

■都道府県別の薬剤師の求人倍率
とはいえ、薬剤師は地域によって需要や年収の差が大きい職業です。
そこでセルバでは都道府県別の求人倍率を算出いたしました。
下記のページにて公開しておりますので、こちらからご覧ください。
https://phama.selva-i.co.jp/blog_phama/3209/

■薬剤師専用求人サイト セルワーク薬剤師はこちら■
https://phama.selva-i.co.jp/

■株式会社セルバ■
〒530-0047 大阪市北区西天満1丁目7番20号 JIN・ORIXビル6階
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)