医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

「寄り添う医療」を追求した結果、資金調達・ブランドロゴ変更を実施することに決定しました。

株式会社on call
在宅医療における夜間・休日診療をサポートする「ON CALL」を提供する株式会社on callは、ご利用いただくクリニック様、患者様などに経営理念の一部である「寄り添う」を追求するために社内体制を一新し、資金調達とブランドロゴの刷新を実施することを決定したことをお伝えします。



株式会社on callでは在宅医療クリニックに特化した夜間・休日の臨時往診バックアップサービス「ON CALL」を提供しております。2022年4月から本格稼働した当サービスは、累計で600件を超える対応をお任せいただくことができました。約半年間を通じて一貫してきた当社のポリシーは顧客に寄り添うことでした。そのために実施すべきことは何か定義し、必要な組織体制を構築するため資金調達を実施、また理念の寄り添うを具現化するために、企業ブランドロゴを変更することとなりました。

■資金調達について

引受先投資家として以下の投資家より調達を実施いたします。
・Partners Fund
・Incubate Fund

調達資金を活用し、システム開発の加速・人材採用の強化を中心とした事業拡大に努めて参ります。

■投資家コメント




在宅医療の需要が大きく伸びる中、時間外の訪問診療対応に困るクリニックは多くあります。on callは、往診に限らず在宅医療支援サービスを総合的にクリニックへ提供することで、超高齢社会を迎えた日本の医療の持続的な発展に大きく貢献できると信じています。そして何より経営チームの熱量と想いに感銘を受けました。今後私もチームの一員として微力ながら力になりたいと思っております。【Partners fund 山田優大】




この度在宅医療を支援するスタートアップであるon callのチームの一員となれたことを非常に嬉しく思います。符さん・中溝さんは在宅医療に対する熱い想いと実行力を兼ね備えた素晴らしい経営チームであり、on callの事業が大きな社会的インパクトを生むことを確信しております。富永、引き続き全力でご支援させて頂きます!!【Incubate fund 冨永晃世】


■ブランドロゴの変更について



「つながり、寄り添い、社会を支える」を企業理念として事業展開を行う中で、より患者様、クリニック様と寄り添うことが在宅医療においては重要という考えが深まって参りました。より顧客のみなさまに寄り添うことを目指すためブランドロゴを変更することを決定しました。

■デザイナーコメント



医療を象徴する「十字マーク」を基調とし、十字内の矢印箇所は「医療サービス」、黄色箇所は「ON CALLができるサポート」、そしてそのふたつの間の余白部分は「前進」という意味を持たせております。単に業務に寄り添い補うだけでなく、ON CALLをご利用いただくことで、クリニック様が行う在宅医療サービスの「更なる前進・成長へと導く」、そんな想いをブランドロゴに込めました。【株式会社on call チーフデザイナー 相葉大樹】


■在宅医療支援サービス「ON CALL」とは

在宅医療支援サービス「ON CALL」は、24時間365日地域の医療を支えるクリニックのサポートサービスです。
在宅医療を実施するクリニックの悩みの多くは「夜間・休日」における往診対応の人材不足と言われております。本来は、夜間・休日対応できる常勤医師を雇用したいが、採用の難易度が高いことや、かかりつけの患者対応は自院で行いたい等を理由に、診療時間外や休日にも常勤医師や院長自らが夜間対応をしている場合が多くあります。
これらを解決するために「ON CALL」では、日本有数の病院に勤める優秀な若手医師や地域医療に精通したディレクター(看護師)チームでの連携を中心に密な協力体制を取っており、寄り添う医療をテーマに掲げて訪問診療を実施しています。クリニック側では、日中の訪問診療やその他の業務に注力し、夜間・休日の往診対応は「ON CALL」へアウトソーシングすることで、長時間労働に陥りがちな医師の心身の健康を維持しながら、いきいきと医療に従事できる環境づくりを実現しています。

社名 :株式会社on call
代表者 :符毅欣
所在地 :東京都港区新橋4-31-3 第3名和ビル
設立 :2021年4月
HP :https://oncall-japan.com/

■お問合せ
ON CALL運営事務局
info@oncall-japan.com
Tel:050-3628-0567
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)