医療・医薬・福祉 美容・健康

医師が監修した「ポリ袋で作れる使い捨て防護服」の簡単な作り方をYouTubeで公開しました。

アイグレー 合同会社
家庭内感染の予防に15分で作れるゴミ袋の防護服の作り方を動画配信

家庭内感染の予防にご家庭にあるもので簡単に作れるゴミ袋で作る防護服の動画を配信しています。作り方のPDFもダウンロードしていただけます。


報道関係各位
《2020年05月03日》
《アイグレー 合同会社》

医師が監修したポリ袋で作れる使い捨て防護服の簡単な作り方をYouTubeで公開しました。
《材料はゴミ袋と布テープ、15分で作れる防護服で家庭内感染を防ごう!》

アイグレー合同会社(本社:兵庫県県尼崎市、代表社員:前川知子)は新型コロナウイルスによる家庭内の感染予防の為に、ご家庭にあるポリ袋を使った「使い捨て防護服の作り方」をYouTubeで公開しました。弊社の監修医師が米国同時多発テロのシミュレーションで学んだ15分で作れる方法です。
この防護服は感染を完全に防ぐものではありません。脱ぎ方ついては、YouTubeの動画やブログでご紹介しております。また、寄付については下記の「寄付について」をご覧ください。

【使い捨て防護服の作り方URL】
https://www.youtube.com/watch?v=53azbQFOv_M





使い捨て防護服について

マシュマロ・タッチ (R)︎※の監修医師のDr. Jason M HargraveとEddie Tatsumi, M.D.に家庭内の感染を防ぐのに何か良い方法がないか尋ねたところ、ゴミ袋で作る防護服を提案していただきました。この使い捨て防護服の作り方は2001年米国同時多発テロのときの細菌戦に備えての実践的なシミュレーションで学ばれた方法です。それを日本のご家庭に手に入るものでアレンジしています。





なぜ、防護服を作ろうと思ったのか

アイグレー 合同会社の代表の前川知子は、がんの母親を介護した経験から、「病気を移してしまうかも」というご家族の不安、そして看病する人が倒れれば、家族が共倒れになるのを、身をもって経験しています。また、副代表の看護師の見谷貴代は、看護師の視点から、感染拡大を防ぐためにも、まずは家庭内での感染を防ぐことの大切さを早くから感じていました。

新型コロナウイルスは、初期症状は風邪と似ています。発熱してから、しばらくは家で様子を見る方も多いと思います。熱を出して寝込んでいる家族に食事を持っていく、着替えを手伝う、病院に付き添うなど、ご家族が患者さんの側にいる機会はたくさんあります。一緒に暮らしているご家族が三密を避けることは難しく、特に患者さんのお世話をする方の感染リスクは、とても高くなります。こうした家庭内での感染の予防に、何かできないかと考え、私たちは家庭用のゴミ袋でできる防護服の作り方をYouTubeで公開しました。





医療関係者からも問い合わせがきています!

防護服の作り方を弊社のブログで公開したところ、一般の方をはじめ、医療関係者学校関係者、企業さま、そして公的な機関からお問合せが続々と届き、思った以上の反響に驚いております。そうした方々から作り方動画の要望があり、YouTubeで動画を公開しました。




【使い捨て防護服の作り方URL】
https://www.youtube.com/watch?v=53azbQFOv_M



広がる支援の輪

宝塚市の雲雀丘学園から「防護服を作って医療機関に寄付したい」と連絡があり、作り方の指導をさせていただきました。学園から(校医を通じて)宝塚医師会に、この防護服の医療現場での使用に問題がないことを確認いただきました。4月30日には1500枚が学園に集まり、医師会に寄付されることが決まっています。ブログを見て、企業や個人の方からも防護服を作って寄付したいとの声が集まり、支援の輪が広まっています。

弊社からもナイチンゲールの誕生日の5月12日(日)に日本看護協会に寄付することになりました。兵庫県立尼崎小田高等学校の学生さんや大阪のギフトラッピング用包装資材を扱う株式会社ヘッズさまが、防護服をたくさん作って寄付してくださいました。






寄付について

ブログに家庭用の手作り防護服の作り方をご紹介させていただいて以来、全国の方から何か力になれることがあればとお問合せをいただいております。「 医療従事者を助けたい!」熱いお志のある方からご連絡をいただけて、ありがたいことだと思っております。 関西テレビで私どもの手作り防護服のご紹介をしていただきましたが、放映時間の関係で、お伝えできなかった寄付について追記させていただきました。2020年5月7日


私どもは、家庭内感染の予防にこの防護服の作り方を公開しております。緊急事態宣言が延長し、これからは家庭内での感染予防が必要になると考えて公開いたしました。本来、医療現場での使用を目的でご紹介したものではございません。ブログをご覧になった雲雀丘学園さまからご連絡をいただいた際にも、家庭用であることをお伝えいたしました。雲雀丘学園さまは、学校医に「医療用で問題ない」と確認をされ、宝塚医師会を通じて寄付をされております。

弊社が行う寄付は、ブログをご覧いただいた企業様や学校関係者の方から「寄付をしたいが、どこにしたらよいかわからない」とのお問合せが相次いだのがきっかけでした。 弊社の副代表の看護師の見谷が看護師協会に連絡を取り、日本看護協会が取りまとめて寄付を受け付け、ご希望の医療機関に配布していただけることになりました。 関西の看護協会の方には「防護服やマスクを使い回していただいている施設もあるので、とても喜んでいただけると思う」とおっしゃっていただいております。

作成した防護服は、看護師が不備がないかなどの検品を行い、消毒後に看護師協会に届けます。医療従事者に確認の上で寄付させていただいております。また、配布された防護服の使用については、現場の医療従事者のご判断に委ねております。

医療従事者からのお問合せには、弊社から詳しい資料をお送りしております。お送りした資料をもとに病院のスタッフが各自で作成されておられます。弊社から直接、病院に寄付することがございません。

こうした事情をブログなどでお伝えしておらず、申し訳ございませんでした。

また、作成には手洗い、マスク着用、清潔なスペースで作っていただく、着脱も感染しないように行っていただくなども重要です。ブログからダウンロードしていただける作り方のPDFには、注意事項や脱ぎ方も記載されております。感染予防に重要な防護服の脱ぎ方は、ブログやYouTubeの動画でもご紹介しております

医療従事者の一番助けになるのは、自分が感染しないことです。 医療従事者を助ける方法は防護服だけではございません。 医療従事者の負担を減らしたい、その最初の一歩として、家庭内感染を防ぐ目的で作り方を公開いたしました。

この度のことで、皆さまにはその意図を十分にお伝えできなくて、申し訳なく思っております。 どうか、ご理解のほどお願い申し上げます。



家庭内感染を防ぐことが、感染予防につながります

一番、はじめに患者さんに関わる人は家族です。熱が出た患者さんを看病するご家族が感染したら、さらに他の家族にも広がってしまいます。患者さんを看病するご家族が感染しないことが、感染予防の第一歩です。このポリ袋の防護服の作り方の動画が、皆さまの健康を守るお役に立つことができれば幸いです。一刻も早く新型コロナウイルスが収束するのを祈っております。


【使い捨て防護服の作り方URL】
https://www.youtube.com/watch?v=53azbQFOv_M


※なお、この防護服は感染を完全に防ぐものではございませんのでご注意ください。



※マシュマロ・タッチ (R)とは



マシュマロ・タッチ(R)︎は触覚を使ったリラックス法です。患者さんの闘病の辛さや不安をやわらげるストレスケアを目的に開発されました。筋肉をもみほぐすマッサージとは違い、皮膚の上の感覚受容器を刺激して脳からリラックスを促してストレスを和らげます。心地よさを生みだす要素を科学的根拠に基づいて数値化しています。リラックス効果や不安・緊張をやわらげる科学的効果*が検証されていることから、病院や介護施設でがんや認知症患者さんの ケアに取り入れられています。


2021年1月に中央法規出版株式会社からマシュマロ・タッチ(R)︎の本が出版されます。


*マシュマロ・タッチ(R)︎は登録商標です。
*マシュマロ・タッチ(R)の効果の検証論文
見谷貴代他.「短時間のハンドマッサージによる生理的・心理的効果の検証―実施時間の差異によるランダム化比較試験―.日本看護技術学会誌.2018, vol.17, p. 125–130.」



アイグレー合同会社について

メディカルなタッチング技術「マシュマロ・タッチ(R)」を看護師・介護士など、患者ケアに携わる人に教えるスクール事業。今まで経験側で行われていた曖昧だった「触れるケア」を数値化することで技術を標準化するだけでなく、精度管理も行える再現性のある技術として提供しています。看護や介護の現場で、患者の不安や苦痛をやわらげ、安心や信頼感をもたらす援助技術の一つとして活用いただいています。心地よい触れ方の基礎や触れるケアの活用法をご家庭から医療現場まで、幅広く学んでいただけるよう、通学とeラーニング、企業研修などで様々な講座を提供しています。


代表 前川知子 (鍼灸師)
Hargrave Physical Therapy and Wellness Clinic 提携鍼灸師
大腸がんの母を看取った経験から、終末期のがん患者さんのためのタッチング技術を作ろうと決意し、母の死後、鍼灸師の資格を取得。アロマセラピーなどの手技療法を多数学び、米国医師の協力を得て10年の月日をかけて、がん患者のためのタッチング技術「マシュマロ・タッチ(R)」を独自に開発する。マシュマロ・タッチ(R)はアメリカの病院では患者とのコミュニケーションを円滑にする目的で導入されている。「肩甲骨位置測定器具及び測定方法」の特許をDr. Eddie Tatsumiを共同で取得している。

副代表 見谷貴代(看護師)
大阪樟蔭女子大学非常勤講師 、神戸薬科大学非常勤講師
2003年から緩和ケア病棟で、のべ3,000名以上のがん患者への施術経験と臨床アロマセラピーを教えるスクール講師として300名以上のアロマセラピストを育成。活動中に前川と出会い、マシュマロ・タッチ(R)︎に共鳴し、普及に努めるようになる。2017年に看護師資格を取得。在学中にマシュマシュマロ・タッチ(R)のハンドタッチの効果を科学的に検証し、2018年12月に日本看護技術学会より論文を発表。


【会社概要】
会社名:アイグレー合同会社
所在地:兵庫県尼崎市南塚口町3−1−10 301
代表者:前川 知子
設立:2017年5月
URL:https://aegle-llc.com
事業内容:
・ストレスケア技術の研究、開発、販売
・マシュマロ・タッチ (R)︎講座の提供
・看護師・介護士・企業研修の提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)