教育・資格・人材 ネットサービス・アプリ

mederi が高校生を対象とした「生理/PMS」に関する特別授業を実施!

mederi株式会社
産婦人科医と代表・坂梨が、愛知県立半田商業高等学校の3年生男女15名へ出張授業

オンラインピル診療サービス『mederi Pill(メデリピル)』を展開するmederi株式会社(東京都目黒区、代表取締役:坂梨 亜里咲 以下、当社)は、愛知県立半田商業高等学校にて、2022年10月17日(月)に高校3年生の課題研究生徒15名(男女)へ向けた「生理/PMS」に関する特別授業を実施しました。



実施概要

・日時:10月17日(月)特別授業 14:30-15:20 6限
・場所:愛知県立 半田商業高等学校
・概要:情報処理科3年生の課題研究生徒15名(男女)へ向けた「生理/PMS」に関する特別授業
・テーマ:「生理と長く上手に付き合う方法」




■特別授業のアジェンダ


生理の仕組みと体の変化について
生理とうまく付き合っていくために
ライフプランを考えよう
質疑応答



授業では、産婦人科医の柴田綾子先生と当社代表の坂梨が「生理と長く上手に付き合う方法」をテーマに講義を行いました。柴田先生から生徒たちへ具体的な質問を問いかけながら、毎月訪れる生理に関する正しい知識、生理/PMSへの具体的な対処法についてご紹介。また、一般的なものから最新のものまで、多様な生理用品に触れていただく時間を設けるなど、生理/PMSとの付き合い方に関して身近に考えるきっかけを提供しました。




続いて、mederi代表の坂梨からは自身の不妊治療にまつわる経験をもとに、ご自身の身体を知りライフプランを描く大切さについてお話ししました。将来子どもを授かることを希望する・しないに関わらず、早めに知っておきたい出産年齢。お伝えすることで、後悔のないライフプランを描くきっかけに繋がればと考えます。



■参加した生徒の声(一部抜粋)
「女性の身体については中学生の頃に習ったが、忘れていたこともあったので改めて学べて良かった」
(女子生徒)
「(生理について)特に相談するのは親ですが、あまり周りには相談できていないので、こういう機会をもらってとても安心した」
(女子生徒)
「もし将来パートナーができたときに、生理のことやいろいろなことを知っていれば、少しは支えになるかなと思った」(男子生徒)


女性にとって、身体の仕組みを知っているのと知らないとでは、その後の人生選択も大きく変わります。男女の壁を越えて、高校生の時に女性の身体に関する正しい知識に触れる時間をつくることで、将来の生きやすさやジェンダー間の理解促進にも繋がると考えます。
mederiでは、「より女性が生きやすく暮らしやすく、働きやすい社会」にむけて、今後もさまざまな世代を対象に、女性の健康課題解決に繋がる正しい知識の発信を行ってまいります。

▼詳しい授業レポートはこちら
https://mederi.jp/learn/report001/

▼特別授業のオフィシャル素材
https://bit.ly/3FplyBl


登壇者プロフィール

(ゲスト)
柴田 綾子/産婦人科医
2011年群馬大医学部卒業。沖縄県立中部病院での初期研修後、2013年より現職。院内に留まらず各地での後進教育に携わる。性・妊娠・出産について悩む人を減らしたいと、LINEボット「ラッコの妊娠相談室」を作成し、一般に向けた発信も積極的に行う。
著書:『女性の救急外来ただいま診断中!』(中外医学社)

(モデレーター)
坂梨 亜里咲 / mederi 代表取締役
明治大学卒業後、ECコンサルティング会社を経て、女性向けwebメディアのディレクター、COO、代表取締役を経験。自らの4年に渡る不妊治療経験からmederi株式会社を設立。オンラインピル診療サービス「mederi Pill」、妊活サポートプロダクト「mederi Baby」を展開する。


【会社概要】
会社名:mederi(メデリ)株式会社
代表取締役 :坂梨亜里咲
本社所在地 :東京都目黒区大橋2-22-6 5F
事業内容  :女性のヘルスケア(FemTech)にまつわるプロダクト事業、コミュニティ運営
ウェブサイト:https://mederi.jp/


取材や調査内容に関するお問い合わせ先

mederi株式会社 広報窓口
https://mederi.tayori.com/f/corporate
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)