医療・医薬・福祉 スポーツ・アウトドア

伊藤超短波、「一般社団法人F・マリノススポーツクラブ」とオフィシャルサプライヤー契約を締結

伊藤超短波株式会社

物理療法機器のパイオニア、伊藤超短波株式会社(本店:東京都文京区、本社:埼玉県川口市 代表取締役社長:倉橋 司、以下 伊藤超短波)は、「一般社団法人F・マリノススポーツクラブ」とオフィシャルサプライヤー契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。


【オフィシャルサプライヤー契約について】


「ITO Sports Project」のスポーツサポート活動

伊藤超短波は1916年の創業以来、一貫して低周波や超音波などのエネルギーを利用した物理療法機器を開発・製造しています。

弊社がスポーツ分野で取り組む「ITO Sports Project」は、物理療法機器を活用して「ケガをしない身体作り」や「できるだけ早いケガや疲労からのリカバリー」をサポートし、一人でも多くの選手のベストコンディションを支えることを目的としています。

横浜F・マリノスアカデミー選手へのサポートを強化



未だ成長段階にある小・中・高校年代のアスリートは大人よりもケガが発生しやすく、またそのケガは成人してからの競技生活にも多大な影響を及ぼします。その為、幼少期から「ケガをしない身体作り」を心がけることは競技生活を長く続けていく為にも必要不可欠です。


また十分なリカバリーのないまま次のトレーニングを行うことはケガのリスクを増加させることにもつながる為、トレーニングに対して十分なリカバリーが大切です。

この度のオフィシャルサプライヤー契約により、横浜F・マリノスアカデミー所属選手やスタッフの皆様に弊社のスポーツコンディショニングのノウハウを最大限ご活用いただけますように微力ながら全力でサポートしてまいります。


一般社団法人F・マリノススポーツクラブ
https://www.f-marinos-sportsclub.com/

【ITO Sports Projectとは】
挑戦し続けるすべてのアスリートのために



ITO Sports Projectが始まったのは1999年のこと。
当時から関係の深かった柔道競技を中心に機器によるサポートを開始しました。 その活動は次第にスポーツ界全体に浸透し、今では野球、レスリング、サッカー、陸上など、多くの選手やチーム、各種競技団体の活躍を支えています。

世界が注目する大舞台の陰で、私たちはアスリートの果敢な挑戦を応援しています。

ITO Sports Project公式ホームページ
https://ito-sports-project.com/

ITO Sports Project公式インスタグラム
https://www.instagram.com/ito_sports_project/

「伊藤超短波ブランドアンバサダー・イメージアスリート」



「サポート団体・チーム」




公認スポンサー

公益財団法人全日本柔道連盟


オフィシャルサプライヤー(競技団体)

新体操 日本代表チーム
公益財団法人 日本アイスホッケー連盟
公益社団法人 日本ウエイトリフティング協会
一般社団法人 日本車いすテニス協会
一般社団法人 日本競輪選手会
一般社団法人 日本ゴールボール協会
公益財団法人 日本自転車競技連盟
一般社団法人 日本障がい者バドミントン連盟
公益財団法人 日本セーリング連盟
一般社団法人 日本デフバレーボール協会
一般社団法人 日本バイアスロン連盟
公益財団法人 日本バドミントン協会
一般社団法人 日本パラ陸上競技連盟
公益財団法人 日本ハンドボール協会
公益社団法人 日本フェンシング協会
公益社団法人 日本ボート協会
一般社団法人 日本ラクロス協会
公益財団法人 日本陸上競技連盟

オフィシャルサプライヤー(チーム・クラブ)

アクセルトラッククラブ
茨城ロボッツ
NECレッドロケッツ
F・マリノススポーツクラブ
鹿島アントラーズ
シーホース三河
信州ブレイブウォリアーズ
千葉ジェッツふなばし
新潟アルビレックスランニングクラブ
横浜ビー・コルセアーズ
リガーレ仙台
レバンガ北海道

協賛会員

一般社団法人 日本トップリーグ連携機構


オフィシャルパートナー

公益財団法人 全日本スキー連盟

(関連ニュース)
(SANSPO.COM)マエケン、岩隈や五輪選手をサポート 知る人ぞ知る会社「伊藤超短波」
https://www.sanspo.com/baseball/news/20171220/bbo17122011000001-n1.html

(バレーボールマガジン)【バレー】リガーレ仙台が物理療法機器の伊藤超短波とオフィシャルサプライヤー契約を締結 Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/027162b2ce02e0d9f1a0c42aef0f64f9a60cf3af

(Sponichi Annex)フィギュア紀平 伊藤超短波とイメージアスリート契約
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/01/13/kiji/20220113s00079000273000c.html

(SANSPO.COM)紀平梨花が伊藤超短波と契約/フィギュア
https://www.sanspo.com/article/20220113-5XLMDIG2TNGM7IKRMCRC7DAH4E/

(日刊スポーツ)ロッテ藤原恭大100万円機器持ち角中部屋に入寮
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201901080000888.html

【伊藤超短波について】
1916年創業「日本初の超短波治療器を開発」




伊藤超短波は1916年に創業し、物理療法機器のパイオニアとして100年以上の歴史を歩んできました。創業者である伊藤賢治が物理療法を独自に研究。日本初の超短波治療器を開発して以来、低周波や超音波、超短波等のエネルギーを利用した物理療法機器を開発・製造してきました。

現在では医療用からスポーツ、美容、ホームケアまで幅広い分野で物理療法機器を開発・製造しています。
・医療関係者向け製品 http://www.medical.itolator.co.jp/product/
・家庭用製品一覧 http://www.itolator.co.jp/home-use/product/
・美容関連製品 http://www.beauty.itolator.co.jp/product/
・海外向け製品  http://www.itocoltd.com/products/





「外部評価」


弊社の健康経営への取り組みに対する評価として、経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人(大規模法人部門)」、スポーツ庁が認定する「スポーツエールカンパニー」、本社所在地である埼玉県が認定する「埼玉県健康経営実践事業所」、および健康保険組合連合会 東京連合会が認定する「健康優良企業「銀の認定」」を取得しています。

「チャレンジ健康自己ベスト」宣言
https://www.itolator.co.jp/health-management/

(関連ニュース)
・ウォーキングシューズ購入費用補助など独自の施策で健康をサポート
(高齢者雇用問題啓発誌「エルダー」2021年12月号)
https://www.jeed.go.jp/elderly/data/elder/202112.html

・健康経営とは【2020年版】ブランディングに貢献 3つのメリットを解説
https://smbiz.asahi.com/article/13902613

・「大人の体力測定」に協賛
https://www.itolator.co.jp/health-management/topics/20220724.html

・Well-beingセミナー Vol.1~3「温活セミナー」を開催
https://www.itolator.co.jp/health-management/topics/20220425.html

・「スポーツエールカンパニー」に認定
https://www.itolator.co.jp/health-management/topics/20220126.html

・健康優良企業「銀の認定」を取得
https://www.itolator.co.jp/health-management/topics/20220125.html

・「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000028866.html

【会社概要】


商号:伊藤超短波株式会社
代表者:代表取締役社長 倉橋 司
所在地:(埼玉本社) 埼玉県川口市栄町3-1-8
(本店) 東京都文京区白山1-23-15
創業:1916年
事業内容:病院用および家庭用治療器、リハビリテーション機器、健康機器、美容機器などの製造・販売
資本金:9,950万円

・コーポレートサイト・家庭用製品 http://www.itolator.co.jp/
・医療関係者向け http://www.medical.itolator.co.jp/
・美容関連 http://www.beauty.itolator.co.jp/
・海外関連 http://www.itocoltd.com/
・ITO Sports Project http://ito-sports-project.com/






企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)