美容・健康

初登場!「からだにユーグレナ グリーンタブレット乳酸菌 動物性原料不使用」動物性原料不使用のサプリメントが数量限定発売

株式会社ユーグレナ
石垣島ユーグレナのバランス良い栄養素を、ヴィーガンなど多様な食の嗜好や価値観の方に

  株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:出雲充)は、主力食品ブランドである『からだにユーグレナ』から、動物性原料を使っていない「からだにユーグレナ グリーンタブレット乳酸菌 動物性原料不使用」を、公式通販サイト「ユーグレナ・オンライン」(https://online.euglena.jp)、Good Good Mart※1、及びAmazonにて2022年10月31日(月)より数量限定で販売を開始します。


※1 ユーグレナグループのフレンバシー社が運営する、ソーシャルグッドな商品をお届けするマーケットプレイス(https://goodgoodmart.com/)。Good Good Martでの販売は11月上旬からを予定しています
「からだにユーグレナ グリーンタブレット乳酸菌 動物性原料不使用」商品イメージ


 世界では、健康志向の高まりや地球環境保護などの価値観の広まりにより、肉類に加えて卵や乳製品を口にしないヴィーガン・肉類を食べないベジタリアン人口が急速に増加しています。ベジタリアンの方やヴィーガンの方のほかにも、豚肉やアルコールの食用を禁止されているイスラム教信者の方、牛乳や卵等にアレルギーのある方など、宗教や食に対する考え方や健康上の理由などにより、特定の食材に対してタブーを持つ人が世界中にたくさんいます。そして、日本国内でも、SDGsへの認知や賛同の広がりとともに、健康志向や環境保護への意識向上が進んでおり、人々の価値観・行動の変化に企業が対応していくことが求められています。
 当社は、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容)の観点から、ヴィーガンおよびベジタリアンの方を対象に、サプリメントの利用状況についてアンケートを実施しました。その結果、
「国産のものが少ないと感じる」
「ヴィーガン対応のサプリの数が少ない」
「海外産の(ヴィ―ガン向けの)サプリは選択肢が多いが、1粒が大きくて飲みにくい」
などといった声が多く上がりました。
 そのような背景から、ベジタリアンやヴィーガンなど食の嗜好や価値観が様々な方にもお召し上がりいただけるよう、すべての原料に動物性原料を使用せずに製造した「からだにユーグレナ グリーンタブレット乳酸菌 動物性原料不使用」を販売します。国産かつ1粒のサイズが直径約8mmの円形の錠剤で、カプセルやジェルタイプに比べ小さく飲みやすくなっています。
 また、植物性食品をベースにした食事が中心のヴィーガンおよびベジタリアンの方の中には、動物性食品にしか含まれていない栄養素が不足する場合があります。「からだにユーグレナ グリーンタブレット乳酸菌 動物性原料不使用」は、人間が必要とする59種類の栄養素をバランス良く含む微細藻類の「石垣島ユーグレナ」10億個(約1,000mg)と、ヨーグルト10個分相当の乳酸菌(1,000億個)を高濃度に配合したサプリメントです。
 「石垣島ユーグレナ」は、動物性と植物性食品に含まれる栄養素をバランス良く持っています。「石垣島ユーグレナ」を摂取することで、毎日のカラダづくりに欠かせない豊富な栄養素を体内に届け、すみずみまで栄養を巡らせ、健康の土台を整えることで、まもるチカラを支え、カラダの根本からアプローチします。

 当社では、私たち一人ひとりが食の多様性についてしっかりと理解し、違いを尊重して受け入れ、同じテーブルを囲んでそれぞれの食事を楽しむことができる状態をつくっていくことが大切と考えています。微細藻類である「石垣島ユーグレナ」は、植物性の食事では不足しがちな栄養素を豊富に含んでおり、さらにハラール認証※2も取得している、食の多様性に対応できるポテンシャルを持っています。
 サステナビリティの重要性や食の多様性が注目される昨今、人も地球もサステナブルにするスーパーフード「石垣島ユーグレナ」をより多くの方にお届けするべく、今後も積極的に商品開発を進めていきます。

※2 イスラム教では豚やアルコールを食用にすることを禁じており、「イスラム教の定める適正な方法で処理された食品である」ことを証明した食品に対し外装に認証マークを表示している。ハラール認証とはこの認証を指す

ヴィーガンやベジタリアンの方もお召し上がりいただける動物性原料を使用しない本商品について
・動物性原材料(牛肉・豚肉・鶏肉・卵・乳・はちみつなどの畜産物、魚介類を含む原材料)は使用し ていません。
・製造前にはライン洗浄を行っていますが、同一製造ラインにおいて、動物性原材料を含む製品を製造 している場合もあります。
・乳酸菌は動物性原料ではなく菌類です。元々ヒトの腸内にあったものを乳由来の成分の含まない培地 にて培養し加熱殺菌処理した食品グレードのものを使用しております

●「からだにユーグレナ グリーンタブレット乳酸菌 動物性原料不使用」商品詳細



商品名:からだにユーグレナ グリーンタブレット乳酸菌 動物性原料不使用
名称 :ユーグレナグラシリス加工食品
価格 :1,500円(税込)
容量 :28粒(300mg/粒)
原材料:ユーグレナグラシリス(国内製造)、還元麦芽糖水飴、乳酸菌(殺菌)/微粒二酸化ケイ素、HPC、ステアリン酸カルシウム
特長:
・動物性原料不使用
・4粒に、石垣島で生産した微細藻類ユーグレナ10億個(約1,000mg)と、まもり続ける高濃度乳酸菌1,000億個配合
・いつでもどこでも、手軽に飲みやすい粒タイプ
・保存料・合成着色料・人工甘味料不使用、カフェイン・トランス脂肪酸フリー
発売日:2022年10月31日(月)
販売場所:
・公式通販サイト「ユーグレナ・オンライン」 https://online.euglena.jp
・Good Good Mart https://goodgoodmart.com/ ※11月上旬以降
・Amazon


『からだにユーグレナ』とは

今日の健康と、10年後のカラダのことも考えたブランドです。
コンセプトは、“細胞から元気なカラダへ”。
人間は、37兆個もの細胞の集合体で、日々1兆個もの細胞が生まれ変わっていると言われています。手軽に石垣島ユーグレナの豊富な栄養素を体内に届け、すこやかな毎日をつくり、はたらきかけ、そしてカラダをまもります。この“つくる・はたらく・まもる”の「からだにユーグレナサイクル」で、日常から健康管理を心がけるあらゆる人々の健康を、手軽に取り入れやすい食品・飲料などの領域からサポートしていきます。また、当社の創業のきっかけであるバングラデシュの子どもたちの栄養改善のために、売上の一部で栄養豊富なユーグレナ入りクッキーを届ける活動も行っており、商品をお使いいただくお客様の健康とともに、世界中の子どもたちの健康と未来を応援しています。


『からだにユーグレナ』シリーズ共通の4つのこだわり
●未来の健康のために、つづけたくなる味と手軽さ
59種類の豊富な栄養素を持つ石垣島ユーグレナを、ギュッとそのまま凝縮。飲みやすさにもこだわっています。
●カラダのことを考えたこだわり設計
ラインナップ全て、食育経験豊富な管理栄養士監修のもと石垣島ユーグレナ10億個以上/1日・本に設計しました。
●こだわりの自然原材料
ユーグレナは、豊かな太陽とミネラル豊富な水に恵まれた石垣島で屋外培養しており、農薬不使用です。そのほかの原料も「家族や大切なひとに飲ませたい」という思いに応える自然・安心・安全な材料を使用しています。
●ヒトにも地球にもサステナブル(持続可能性)
容器には再生可能な紙や、環境に配慮したバイオマスインキ、バイオマスプラスチックを可能な限り採用しています。また、商品の売上の一部はバングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナ入りクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の運営に充てられます。

『からだにユーグレナ』ブランドサイト https://www.euglena.jp/karadani/


石垣島ユーグレナについて


ユーグレナは藻の仲間です。豊かな石垣島の自然で育った石垣島ユーグレナは、人間が必要とする豊富な59種の栄養素(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、オレイン酸などの不飽和脂肪酸、特有成分パラミロン※3など)を持ち、細胞壁をもたないため、栄養の消化吸収率も高い特長があるスーパーフードです。さらにハラール認証も取得している、食の多様性に対応できるポテンシャルを持っています。また、環境的要素に配慮した責任ある方法で育てられていることが認められ、SDGsの目標14の達成に有効な方法の一つである「ASC-MSC 海藻(藻類)認証」を2019年1月に世界で初めて取得しています。
※3 ユーグレナ特有の成分であり、グルコース分子がβ-1,3-結合により直鎖状に重合した多糖体



<株式会社ユーグレナについて>
2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の製造開発、遺伝子解析サービスの提供を行っています。また、2014年より行っている、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の対象商品を、継続的に実施。「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」をユーグレナ・フィロソフィーと定義し、事業を展開。https://euglena.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)