美容・健康 アパレル・ファッション

福祉実験ユニット「ヘラルボニー」と時短コスメシリーズ「サボリーノ」のコラボレーションが実現!企業限定サボリーノを2023年1月に発売。

株式会社スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニー
(株)スタイリング・ライフホールディングス BCLカンパニーは2023年1月下旬から時短コスメシリーズ「サボリーノ」より、福祉実験ユニット「ヘラルボニー」とコラボレーションしたシートマスク(数量限定)企業限定で発売します。


サボリーノ 目ざまシート<フェイスマスク>28枚入り 企業限定6種 各¥1430(税込)




サボリーノとは?


2015年4月にデビューしたサボリーノは、ふき取りによる洗顔とスキンケア・保湿下地を60秒で整える朝用フェイスマスクを筆頭にしたブランド。2022年7月1日に、フェイスマスクのシリーズ累計出荷枚数7億枚を突破。そして、市場調査が誕生した2019年から朝用フェイスマスクシェアNo,1の3年連続首位を独走中。毎年行われる美容業界が認めるベストコスメ企画は、2020年12月に100冠を突破し現在も記録を更新しています。現在、海外での展開は、アメリカ、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、中国、タイ、イタリア、ブルガリアなど、39の国と地域でサボリーノを販売しています。(2021年12月時点)


サボリーノが取り組むサスティナブルアクション

毎日の習慣「目ざまシート」で、一歩ずつ持続可能なエコを。サボリーノシリーズは“サステナブルアクション”のスローガンのもと、これまで廃棄されていた素材を成分へ活用する「成分のエコ」、容器のプラ使用率を15%削減する「資材のエコ」、使用済みパッケージを回収する企画「回収のエコ」など、SDGsを支援する製品づくりに積極的に取り組んできました。


毎日のお手入れをもっと楽しく!福祉実験ユニット「ヘラルボニー」とコラボレーション

サボリーノシリーズのサスティナブルアクションをさらに多くの方に知っていただくために、今回のコラボレーションでは「目ざまシート」全6種類のキー成分から連想されるカラーイメージをもとに、ヘラルボニーが契約する障害のある6名の作家が描いたアートをそれぞれのデザインに起用することで、“異彩を放つ“企業限定パッケージとして展開。毎日の「目ざまシート」でのお手入れ習慣をもっと楽しんでいただけるようなパッケージに仕上げています。


ヘラルボニー起用作品・作家名一覧

・岡部志士(希望の園)「Scratch Works Yay!Yay!No.21」
・山崎菜那(やまなみ工房)「おしゃれしてる人」
・土屋康一(unico / はじまりの美術館)「葉っぱ」
・郁美(多夢多夢舎中山工房)「タムタムドット」
・SATO(個人)「蟻」
・fuco: (個人)「シアワセピンク」



福祉実験ユニット「ヘラルボニー」とは?



MISSION「異彩を、放て。」
知的障害。
その、ひとくくりの言葉の中にも、無数の個性がある。
豊かな感性、繊細な手先、大胆な発想、研ぎ澄まされた集中力・・・
“普通”じゃない、ということ。それは同時に、可能性だと思う。
私たちは、この世界を隔てる、先入観や常識という名のボーダーを超える。
そして、さまざまな「異彩」を、さまざまな形で社会に送り届け、福祉を起点に新たな文化をつくりだしていく。



【会社概要】
ヘラルボニーは「異彩を、放て。」をミッションに掲げる、福祉実験ユニットです。日本全国の主に知的な障害のある福祉施設、作家と契約を結び、アートの著作権管理を軸とするライセンスビジネスをはじめ、作品をファッションやインテリアなどのプロダクトに落とし込むアートライフスタイルブランド「HERALBONY」の運営や、ホテルなどの空間のアートプロデュース、建設現場の仮囲いに作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開。これらの社会実装を通じて、「障害」のイメージ変容と福祉を起点とした新たな文化の創造を目指します。社名である「ヘラルボニー」は、知的障害のある両代表の兄・松田翔太氏が7歳の頃、自由帳に記した謎の言葉です。「一見意味がないと思われるものを世の中に新しい価値として創出したい」という意味が込められています。

▶︎ ヘラルボニー公式サイト
https://www.heralbony.jp
https://www.heralbony.com



商品に関するお問い合わせ


BCLお客様相談室
0120-303-820
https://www.bcl-brand.jp/



ヘラルボニーに関するお問い合わせ


ヘラルボニー
https://www.heralbony.jp/contact/others
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)