ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

小児向けオンライン診療アプリ『キッズドクター』、夜間のオンライン診療の診療時間を拡大

株式会社ノーススター
~病院が閉まっている時間帯の小さなお子さまの急な体調変化に関する不安を解消~

株式会社ノーススター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田北 浩大、以下「ノーススター」)は、年末年始に向けて子どもの感染症増加が見込まれ、新型コロナ/インフルエンザ同時流行や小児医療逼迫への親御様のご不安の声を受け、小児オンライン診療アプリ「キッズドクター」の夜間オンライン診療の診療時間を2022年11月1日より、拡大します。



今夏は、新型コロナの第7波や夏風邪などの子どもの感染症の同時流行なども重なり、かかりつけ小児科の受診が困難となったことなどを受け、、キッズドクターのオンライン診療の利用者が大幅に増加しました。
関連プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000077866.html

今年の冬にかけては、新型コロナの第8波流行により今夏を上回る感染拡大が見込まれていることに加え、季節性インフルエンザの同時流行も予想されており、今夏以上に医療が逼迫することが懸念されています(※)。
※厚生労働省「新型コロナウイルス・季節性インフルエンザの同時流行に備えた対応」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00003.html

このような状況を受け、キッズドクターでは充分な医療を受けられなくなることに対する親御様の不安を解消すると共に、医療逼迫時の医療機関の負担を少しでも軽減できるよう、夜間オンライン診療の診療時間を拡大します。

▼オンライン診療診療時間




【キッズドクターについて】



キッズドクターは、子どもの健康で悩んでいるママやパパへ「医師や看護師に気軽に相談できる安心」を届けるために生まれたサービスです。
平日夜間や休日の病院が開いていない時間に看護師による『チャット健康相談』や、スマホで医師の診察が受けられる『オンライン診療』や自宅に医師が来てくれる『往診』などの予約支援サービスが利用できます。


▼チャット健康相談
厚労省指針に基づき、病院が空いていない時間に、看護師チームが医学的判断の伴わない一般的な医学的情報の提供や受診勧奨を行います。時間外の病院受診が必要だと判断した場合は、従来の救急病院の情報提供だけではなく、オンライン診療や夜間往診サービスのご案内、近くの救急病院の情報提供及び救急病院へのタクシー配車などを行います。

▼オンライン診療 / 夜間往診予約
かかりつけのクリニックが開いていない時間に、スマホを通して医師と会話ができるオンライン診療や、患者様のご自宅へ医師が訪問する往診サービスをご予約頂けます。こうした医療サービスは、提携医療機関の医師がご提供するため安心してお使い頂けます(健康保険・こども助成金なども適用可)。

※アプリのダウンロードはこちらから(https://kids-doctor.jp/
※キッズドクター紹介動画



【株式会社ノーススター 概要】
■社名 : 株式会社ノーススター
■所在地 :東京都中央区日本橋久松町4−7グリームス日本橋8F
■代表者  :田北 浩大
■設立 :2021年1月28日
■事業内容 :インターネットを利用した医療・ヘルスケア関連サービスの提供
■URL :https://nstr.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)