医療・医薬・福祉 その他

医療用コンテナ 従量課金開始

ヴィガラクス
~初期費用ほぼゼロ 「モバイルクリニック(TM)」の活用による発熱外来の普及へ~

 ヴィガラクス株式会社(兵庫県神戸市)は、初期費用ほぼゼロで発熱外来コンテナ診療所「モバイルクリニック(TM)」が導入できるプレサービスを西日本限定で開始します。月々の費用は従量課金制を採用しており、利用人数に応じて費用をお支払いいただく従量課金制は医療用コンテナとして日本初となります。 プレサービスは、建築用コンテナを活用し陰圧設備を内蔵した「モバイルクリニック(TM)」(20 フィート)・「モバイルクリニック(TM) LITE」(10 フィート)各 2 棟ずつ計 4 棟です。 早ければ 11 月中に設置が可能となり、今冬の発熱外来不足への対応を目指す医療機関の方には即時導入できるチャンスとなります。 プレサービスは先着順となり、4棟に達した時点で申し込みは終了いたします。 尚、プレサービス終了後の正式なサービス申し込み期間は 2023 年 2 月 1 日から開始いたします。 ※輸送設置費用については、35万円までは当社負担となります。









「モバイルクリニック™」とは
「モバイルクリニック™」は、医療従事者の 感染リスクを最小限まで減らすことを目的に設計された、移動型診療所です。日本の建築基準法 に合致した建築用コンテナに、感染症拡大防止の陰圧設備(米国疾病対策予防センター基準を大 幅にクリア)を内蔵。台風などの悪天候にも耐えうる頑強さとモビリティ、医療用レベルでの感 染症対策設備を併せ持つ、今までにない製品です。11 月 1 日現在、全国で 61 棟が発熱外来とし て稼働しています。

発熱患者による医療現場のひっ迫に、短期間で効率的に医療体制を確保することが可能です


熱外来の数は地域差も大きく全国的に不足が指摘されており、外来の受け入れ患者数制限せざ るを得ない状況が発生しています。厚生労働省も 2022 年 10 月 17 日に「季節性インフルエンザと の同時流行を想定した新型コロナウイルス感染症に対応する外来医療体制の整備について(依頼)」 という事務連絡を発信し、各都道府県等に発熱外来をはじめとする外来医療体制整備と強化を依頼 しています。モバイルクリニックは、発熱外来導入における院内での安全性を確保し、さらに時間・ コスト面で効効率よく発熱外来の受け入れ体制を整えることができます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)