医療・医薬・福祉

新型コロナウィルス抗体判定キットを用いた遠隔健康医療相談をオンラインで提供開始

一般社団法人ウェルケア
研究用抗体判定キットを用いて自宅などで新型コロナウイルスに感染の有無を推定するオンライン遠隔健康医療相談サービス

都内で診療所を展開する一般社団法人ウェルケア(所在地:東京都中央区銀座七丁目13-12サクセス銀座7ビル11階、代表理事 医師:塚田紀理)と株式会社ウェルメディカルグループ(東京都港区元麻布三丁目1-35VORT元麻布7階、代表取締役 山ノ内辰二)は、研究用抗体判定キットを用いて自宅などで新型コロナウイルスに感染したかしていないかを推定するオンライン遠隔健康医療相談サービスを2020年5月5日より開始しました。<価格は1人7,975円(税込)で、申込み人数に応じて割引有>


遠隔健康医療相談サイト『CHECK CORONA』
https://checkcorona.jp

【自宅で安全・簡単に健康相談】

当サービスを申し込むと、新型コロナウイルス抗体判定キットと、オンライン遠隔健康医療相談シートのアクセス情報が自宅に送付されます。
医師陣が監修したオンライン遠隔健康医療相談シートに従い症状と抗体判定キットの結果を入力すると、感染の履歴や現在の状況の推測を行うことができ、また状況に応じての適切な行動を提示されます。
新型コロナウイルス抗体判定キットは、ウイルスの有無を判定するPCR検査とは異なり、ウイルスの感染履歴を判定する検査ですが、PCR検査と比べて、簡便且つ自宅での判定が可能なので、より多くの人に実施できる利点があることから世界各国でも感染状況把握のために導入が進んでおり、日本でも導入の検討に入っているとされています。
抗体検査は精度や性質上感染初期段階において感染との相関性がまだ低いことから、日本においては導入を慎重に考える意見も少なくないですが、遠隔健康医療相談と組み合わせることによって、感染の状況を推察する大きな手掛かりになると期待されています。



一般社団法人ウェルケア代表理事
塚田紀理よりメッセージ

ご自身の健康状態を知り家族や近親者を守り適切な行動を促すことが本サービス開始へのわたしたちの想いです。ある。
「今回の遠隔健康医療相談サービスは、感染不安による外来受診や不要な外出急増を制御し、医療機関のさらなる混雑や感染拡大を防止すること、さらには持病や風邪などで通院したいが感染不安で通院をやめざるを得ない方の症状悪化を予防することも目的としています。不安になっている方自身もそうですが、家族や近親者を守るためにできるだけ正しくご自身の状態を知り適切な行動を理解してもらうために本サービスの開始を決めました。判定精度の是非も言及されて我々も承知しておりますが、随時判定キットの精査向上も行っていきます。まず未知の新型ウイルスから一層の注意をはらい、身を守り適切な行動にうつしてもらうことがご自身と近親者を守る今できる唯一の術であると考えます。」

【内閣府により初診オンライン診療が時限的に解禁】
令和2年3月28日「新型コロナウイルス感染対策の基本対処方針」が内閣府により公表されました。(※令和2年4月16日変更)これにより、4月13日から医療機関による初診からのオンライン診療も時限的に解禁されました。しかし窓口が混雑し回線がつながらない問題や、オンライン診療では新型コロナウイルス感染の可能性について医療従事者が推測できないなどの問題がありました。本サービスは、アンケート形式のオンライン遠隔健康医療相談シートを採用することで、混雑具合に関わらず多くの相談者の心配に応えるだけではなく、新型コロナウイルス抗体判定キットを補助的に用いて現在の状況を推測することが可能となります。オンライン遠隔健康医療相談サービスを通して相談者が自身や家族のリスク状況を把握し、各自が適切な行動を取れるよう医療機関として導くことを目的としています。


■ 遠隔健康医療相談サイト『CHECK CORONA』
https://checkcorona.jp
<価格は1人7,975円(税込)で、申込み人数に応じて割引有>

■ 新型コロナウィルス抗体判定キットを用いた遠隔健康医療相談の運営法人
一般社団法人ウェルケア(所在地:東京都中央区銀座七丁目13-12サクセス銀座7ビル11階、代表理事 医師:塚田紀理)

■ 当サービスのリソース提供会社
株式会社ウェルメディカルグループ
と株式会社ウェルメディカルグループ(東京都港区元麻布三丁目1-35VORT元麻布7階、代表取締役 山ノ内辰二)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)