美容・健康

11月15日(火)に第2回腸内デザイン学会年会を開催します!

株式会社メタジェン
~腸内デザインに向けた異分野融合~

11月15日(木)、腸内環境を適切にデザインすることで健康長寿を実現する「腸内デザイン(R)」の考え方を広め、新たな融合学問領域の創出を目的とした「腸内デザイン学会」の第2回年会がオンラインで開催されます。




今回のテーマは「腸内デザインに向けた異分野融合」。企業やアカデミアを代表する研究者が腸内環境をキーワードに、各々の専門分野の観点から余すことなく語り尽くします。
「腸内デザイン(R)」とは、一人ひとり異なる腸内環境タイプに合わせて適切なアプローチを行うことで健康維持や疾患予防を目指す考え方です。これからの医療・ヘルスケアの新しい基盤を築く概念であり、「病気ゼロ」実現に向けた大きなチャレンジです。
本学会では、腸内環境研究に関する最新情報を共有すると共に、様々な領域の研究者が議論を交わし、「腸内デザイン学」という新たな学問領域を発展させることで、人々の健康維持・疾患予防に貢献する原動力になることを目指しています。
ぜひご参加ください!


【開催概要】
「第2回腸内デザイン学会年会」
【日時】11月15日(火)10:00 ~ 18:30
【開催方式】オンライン(zoom)
【参加費】無料
【参加方法】参加登録フォームより事前登録を行ってください(11/14締切)
参加登録フォーム:https://keio-univ.zoom.us/webinar/register/WN_oU6mUNr5RZuB8pUqWHgnyg
【内容】
開会挨拶
モーニングパネルディスカッション:「あなたが描く自由な腸内生態系の設計図」

ファシリテーター:
井上 浄
コメンテーター:
木村 暁 (国立遺伝学研究所)
永井基慈(慶應大学)
佐々木伸雄(群馬大学)

シンポジウム1:「企業が想う腸内デザイン」
寺内 淳(JMBC / メタジェンセラピューティクス株式会社)
小田巻 俊孝(森永乳業株式会社)

シンポジウム2:「多角的視点から見つめる腸内環境」
城口 克之(理化学研究所)
中岡 慎治(北海道大学)
栗原 新 (近畿大学)

口頭発表
口頭発表 5名(20分【質疑応答込み】)

シンポジウム3:「レッドオーシャンへ突入する乳幼児コホート」
伊藤 崇(理化学研究所)
櫻井 健一(千葉大学)

閉会挨拶
オンライン交流会



以上

腸内デザイン学会についてhttps://sgd.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)