ゲーム・おもちゃ 美容・健康

ファイブミニが「ぷよぷよプログラミング」教材で作成!ドット絵でレトロ風のゲーム「ぷよ ファイブミニ」誕生。CV:伊藤 美来&土岐 隼一!インタビュー動画も

ファイブミニPR事務局
やってみたい役柄や苦労した仕事など語る!キャラクターボイスも楽しめる!ファイバーでフィーバー!緑系野菜だけのレベルは難易度MAX。 CV声優のサイン入りチェキやファイブミニ1年分があたるCPも開始

大塚製薬株式会社のファイブミニは、ゲーム「ぷよファイブミニ ファイバーでフィーバー! 食物センイをゲットせよ!」を2022年11月2日(水)よりweb上で公開します。本ゲームは、ファイブミニが、セガの人気パズルゲーム「ぷよぷよ」のソースコードを使ったプログラミング学習教材「ぷよぷよプログラミング」で作成したブラウザゲームです。


ドット絵でレトロ風なデザインで、ぷよぷよの基本ルールはそのままに、上から落ちてくる野菜を模したブロックやラッキーブロックであるファイブミニを連結して消していくゲームプレイを楽しめます。ゲームには、食物繊維が足りていない野菜少なめ一品ものの食事「イカツイ飯」を食べると、イカツイ姿・声になってしまう2人のキャラクターが登場。たくさんブロックを消してハイスコアを目指すことで、彼らをイカツイ姿・声にならないようにするストーリーを盛り込んでいます。難易度は3段階から選択でき、一番難しい「地獄」では、緑系の野菜のみの8種類のブロックが出現。見分けるのが大変な最高レベルにも挑戦してハイスコアを目指してみてください。
キャラクターそれぞれのCVは、声優の伊藤 美来さん、土岐 隼一さんが務めます。お二人に今後やってみたい役柄や声優じゃなかったらやりたい仕事の他、今までで苦労した仕事のエピソード、臨時ボーナスが入ったら何に使いたいかなど、仕事からプライベートのことまで幅広く伺ったインタビュー動画をファイブミニ公式YouTube及びTwitter(短尺ver)にて公開します。
さらに、CVを務めるお二人のサイン入りチェキやファイブミニ1年分などが抽選であたるキャンペーンも併せて実施します。

<「ぷよファイブミニ ファイバーでフィーバー! 食物センイをゲットせよ!」特設サイトURL>
https://www.otsuka.co.jp/fib/puyo-fibemini/
<伊藤 美来さん インタビュー動画>https://youtu.be/fmXalxhoEeE




<土岐 隼一さん インタビュー動画>https://youtu.be/t-mwGi9gyEk





「ぷよファイブミニ ファイバーでフィーバー! 食物センイをゲットせよ!」について

【開発背景】
本ゲームは、ファイブミニが、セガの人気パズルゲーム「ぷよぷよ」のソースコードを使ったプログラミング学習教材「ぷよぷよプログラミング」で作成したゲームです。食物繊維が手軽においしく摂れるファイブミニをより多くの方に楽しく知ってもらいたいと考え、開発しました。多くの人に愛される「ぷよぷよ」の基本ルールはそのままにプレイすることができるため、幅広い方々に楽しんでもらえると考えています。さらに、現在ファイブミニブランドサイトにて公開している「WEBMOVIE『社内恋愛はじめました』篇」等で大きな反響をいただいている声優の伊藤さん、土岐さんをキャラクターボイスで起用することで、ゲームにストーリー性をもたせました。それぞれの野菜ブロックにわりあてられたポイント配分は実際に各野菜に含まれる食物繊維量を参考に設定。食物繊維が多く含まれている野菜ほど高いスコアが設定されています。また、楽しく食物繊維についても知ってもらうため、1日の摂取目標量の紹介や、100グラムあたりに含まれる様々な野菜の食物繊維量も紹介するなど、気軽に学べる機会の創出を目指しました。

※詳しいスコアは特設サイトをご覧ください。

【ストーリー】
とあるOL&サラリーマンのユキとタカシ。
食物センイが足りていない、カツ丼や牛丼などの野菜少なめ一品ものの食事、名付けて「イカツイ飯」を食べると、どうやらイカツイ姿になってしまうふたり。だが、ゲームで野菜やファイブミニの形をしたブロックでポイントをゲットするとイカツイ姿にならないみたいだぞ。ポイントをゲットしてふたりがイカつくなるのをふせげ!!

公開中のWEBMOVIE『社内恋愛はじめました』篇がゲームの舞台となっております。
ゲーム内では2人のキャラクターがドット絵でレトロ風なデザインになって登場します。
<「WEBMOVIE『社内恋愛はじめました』篇」YouTube URL>https://youtu.be/EU6Fd67_7GQ




【キャラクター】
ゲーム開始前にユキ・タカシの2種類のキャラクターをお選びいただきます。選んだキャラクターのボイスや演出の違いをお楽しみいただけます。

ユキ(CV:伊藤 美来さん)/タカシ(CV:土岐 隼一さん)
「イカツイ飯」を食べてしまうと、イカツイ姿になってしまうOLとサラリーマンのユキとタカシ。ゲーム内では、一定の秒数ブロックが消せないとイカツイ姿・イカツイ声になってしまいます。


【ルール】
2個セットで落ちてくる野菜を画面上から消すことでスコアが加算され、ハイスコアを目指すゲーム。同じ野菜同士を4個以上くっつけると、画面上から消え、その野菜に設定されたポイントが加算。連鎖や一緒にひとつの絵柄を5個削除できた場合は1.2倍がけなどの特別なスコア判定になります。また、たまに落ちてくるファイブミニを集めるとハイスコアにつながります。計画的にハイスコアを目指してみてください。
ゲーム終了後、スコアによってランク付けされ、それぞれのランクごとに異なるキャラクターボイスをお楽しみいただけます。


【ゲーム難易度レベル設定】
ゲーム開始前に、3つの難易度から好きなものをお選びいただけます。ゲーム中、スコアがあがれば自動的にブロックのスピードもあがります。


・かんたん
野菜ブロックとなるのは色とりどりな野菜5種(にんじん・青ピーマン・キャベツ・だいこん・トマト)。さらにラッキーブロックとしてファイブミニ。ゲームスタート時の落ちてくるスピード設定はゆっくり。




・むずかしい
野菜ブロックとなるのは色とりどりな野菜8種。(枝豆、にんじん、かぼちゃ、青ピーマン、キャベツ、だいこん、はくさい、トマト)さらにラッキーブロックとしてファイブミニ。ゲームスタート時の落ちてくるスピードはやや早い。


・地獄
野菜ブロックとなるのは緑系の野菜8種(青ピーマン、キャベツ、枝豆、きゅうり、モロヘイヤ、セロリ、ほうれんそう、はくさい)。さらにラッキーブロックとしてファイブミニ。ゲームスタート時の落ちてくるスピードはやや早い。




<「ぷよファイブミニ ファイバーでフィーバー! 食物センイをゲットせよ!」特設サイトURL>
https://www.otsuka.co.jp/fib/puyo-fibemini/

■ぷよぷよプログラミングとは
株式会社セガが提供するプログラミング学習ができる教材コンテンツです。アシアル株式会社が提供するプログラミング学習環境『Monaca Education』において、セガのアクションパズルゲーム「ぷよぷよ」のソースコードを使ったプログラミング学習をすることができます。製品版と同じ画像素材を利用して、世界中で使われるコンピュータ言語を使い、プロが使う開発環境で本物のプログラミングをお楽しみいただけます。本コンテンツは無料でご利用いただけます。

(C)SEGA (C)Asial Corporation
公式HP:https://puyo.sega.jp/program_2020/

■「ぷよぷよ」とは
「ぷよぷよ」シリーズは、発売から30年以上愛される、国民的落ち物アクションパズルゲームです。1991 年に初代「ぷよぷよ」がMSX2 版とファミコンディスクシステム版にて発売され、1992 年にはセガよりアーケード版、メガドライブ版を発売。単純で分かりやすいゲームシステム、可愛らしいキャラクター、さらに落ち物アクションパズルゲームとして初めて対戦形式を導入したゲーム性により、爆発的なヒットを記録しました。以降、アクションパズルゲームの定番ゲームとして、さまざまなゲーム機や携帯電話、スマートフォンで展開され、年代を問わず幅広い層の皆様に遊んでいただき、現在に至っております。2018年3月にはJeSU(日本eスポーツ連合)公認タイトルとなり、プロ選手も誕生。eスポーツシーンでも盛り上がりを見せ、現在、多数の競技大会を実施しております。
(C)SEGA


インタビュー動画について

CVを務めた声優の伊藤 美来さん、土岐 隼一さんのインタビュー動画をファイブミニ公式YouTube及びTwitter(短尺ver)にて公開いたします。今後やってみたい役柄や声優じゃなかったらやりたい仕事の他、今までで苦労したお仕事のエピソード、臨時ボーナスが入ったら何に使いたいかなど、お仕事からプライベートのことまで幅広く伺いました。

【伊藤 美来さん インタビュー動画】
<YouTube URL>https://youtu.be/fmXalxhoEeE


―春に引き続き、今回の収録はいかがでしたか?
少し久しぶりな収録になったんですけれども、前に演じた時もとっても楽しかったのですが、今回もとっても楽しく演じることができました。ファイブミニを飲んだ後と前で二面性があるキャラクターなので、そこは演じていて難しいところもあるんですけど、すごくやりがいがありました。

―今回はOLでしたがこれから先やってみたい役柄はありますか?
あんまり演じたことがないなっていうのだと、悪役とかをやってみたいなって思います。声の感じなのか、元気な明るい子(の役)とかが多いので、ちょっと闇を抱えた感じの子もやってみたいなと思っています。

―声優じゃなかったらどんな仕事をしていたと思いますか?
昔から小さい子が大好きで。実際に(私は)お姉ちゃんで、ちっちゃい子と一緒に「ごっこ遊び」とかするのも好きなので、保育士さんとか幼稚園の先生にすごく憧れていました。

―普段ゲームはしますか?
結構します!最近!でも、すごく下手くそで、皆でやるやつだと迷惑をかけちゃったりするんですけど。仲の良いスタッフさんや兄弟とかと一緒にやる時に、色んなことを教えてもらいながら、自分なりに頑張ってやっています。

―今回のゲームでは難易度を選べますが、今までで苦労したお仕事はありますか?
ロケに行ったんですけど、グランピングかな?色んな設備が揃ったキャンプに行って、本当はいっぱい焼いて火を通さなきゃいけないお肉を1分くらいで食べちゃったら、次の日食あたりで…(笑)。次の日も撮影が入っていたので、すごくしんどかったです。周りのスタッフさんに「こんなに具合が悪そうな伊藤さん見たことない」って言われるくらいになっちゃって。それからお肉は“よく焼き”で食べています。

―今回のゲームにはボーナスタイムがありますが、もし臨時ボーナスが入ったら何に使いますか?
え~迷いますね。全部欲しい(笑)。色んなアクセサリーとかバッグとか、物欲はバンバン出てきます。一番…、温泉旅行とか行きたいです。あんまりお休みとかがあっても遠出したりしないタイプなんですけど、せっかくボーナスがもらえたら有名な温泉地に行って、良い旅館とか取って、ゆっくりしてみたいです。

―小さい頃はキラいな食べ物はありましたか?
牛乳と茄子がダメでした。何でダメだったのかはあんまり覚えてないくらい、今は大好きなんですけど(笑)。自分でも肉巻いて食べたりとか、料理もするくらいです。きっかけはお母さんが作ってくれた茄子の味噌汁でした。トロトロした感じがすごく美味しいなと思って、好きになりました。

―普段ファイブミニを飲むことはありますか?
このお仕事を頂く前から飲んだことはあったんですけど、このお仕事をさせていただいてから、より沢山飲むようになりました。見つけたら手に取って飲んだりとかもしますし、あと、いつ(飲むか)って言うと難しいなと思います。いつ飲んでも美味しいし、微炭酸なので炭酸が強くないからこそ、なんにでもどの時でも合うなって思います。最近は寝る前に“もうちょい頑張るぞ、お仕事”っていう時とかにも飲んだりしています。

―ファイブミニはすっきり微炭酸ですが、最近すっきりしたことはありますか?
断捨離をしました。いらないなとか一年着ていないなっていう洋服とかをバンバン袋に詰めて、靴とかも捨てたりして。すごくクローゼットの中が綺麗になって、気持ち良かったです。スッキリしました。
気に入ったものがあると迷わず買っちゃうタイプなのですが、でも捨てないとバンバン増えていっちゃうばかりなので、気を付けていかないとな、と思っています。

―10月でお誕生日を迎えられましたが、今後の目標や夢、挑戦したいことがあれば教えてください。
仕事の目標は去年初めてチャレンジした朗読劇が楽しかったので、今年も積極的に舞台の上でお芝居をしたい!
プライベートの目標はもう立派な大人なので一人でフレンチを食べに行く!

【土岐 隼一さん インタビュー動画】
<YouTube URL>https://youtu.be/t-mwGi9gyEk


※一部抜粋
―春に引き続き、今回の収録はいかがでしたか?
最初に本当に思ったのは、ドッキリかなって思いました。本当か?と(笑)。参加させていただきつつ、どこにカメラがあるんだろうっていうのを、とりあえず一通り、辺りを見回して、いつでもびっくりする準備をしておこうと思ってやってたんですけど。どうやら本当にあのキャラクターが、ゲームに自走してくださるということで、魂込めてやろうって思いました。

―今回はビジネスマンでしたがこれから先やってみたい役柄はありますか?
やりたくない役が全くなくて。やってみたい役って言ったら、全部なんですよ。だから、決められないっていうのが、色んなところで言ってるんですけど。本当に今回も結構タカシ君って色々ぶっ飛んでいるところはあるんですけど、色んな役やって色んな経験はしていきたいかなって思っています。

―声優じゃなかったらどんな仕事をしていたと思いますか?
鍛冶師なんですよね(笑)。おばあちゃんが料理人をやっていたりとか、ちっちゃい頃からずっと包丁とかを握って料理とか一緒に作っていた子どもでもあったので、包丁を研いだりとか、そういうことを小学校の頃からやっていたんです。この職業を目指さずに好きな職業を目指すとなったら、きっと包丁研ぎ師とか包丁職人っていうのにはなっていたかもしれません。

―普段ゲームはしますか?
RPGや、オンラインでみんなでやるゲームっていうのも好きですし、あとやっぱりスマホゲームもやります。なんか人に勧められると、とりあえずやってみようかなっていう風に思うタイプなので、結局好きになるゲームは絞られてはくるんですけど、最初の一歩目は結構まんべんなく、味見をするタイプかなって思います。

―今回のゲームでは難易度を選べますが、今までで苦労したお仕事はありますか?
正直「よし!簡単だ!」って思った仕事って一個もなくて。毎回やっぱり新しく何かその場所で、僕を使ってくれてよかったって思ってもらえるように色々考えてやるので、毎回難しいからこそ、やりがいがあるお仕事だなって思うんですよね。

―今回のゲームにはボーナスタイムがありますが、もし臨時ボーナスが入ったら何に使いますか?
なんですかね!一週間お休みを臨時ボーナスとしてもらえたら、日本津々浦々色んなとこ行きたいなって。色んなところで食べ歩き。食べるの好きなので。休みはあるはあるんですけど、連休っていうものはないので、そういう風にもしなった時に“こうしたいな!”っていうのはあるんですよね。

―小さい頃はキラいな食べ物はありましたか?
あんまりなかったかもしれないですね。ただ、食わず嫌いがあって。もう自分の好きなものがあったら、“これでいいじゃん”って思ってたところはあったかもしれないですね。ただ、いざ新しいものを食べてみようと思って食べたら、“あぁあぁ全然美味しいじゃん”っていう気付きがあってからは、まあとりあえず食べてみるみたいなマインドになれたので、そこからは“これも食べられるこれも食べられる”って言って、ほとんど(キラいな食べ物は)なかったですね。

―普段ファイブミニを飲むことはありますか?
改めて手に取って、ボトルに書いてある成分の表示とかを見た時に、“うわ、めちゃめちゃちょうどいいバランスだな”って思ったので、朝起きた時に飲んだりとか、仕事の合間とかにちょっと元気出したいなって時とか、そういう時に、本当にこの量っていうのもあってすごく飲みやすいので、頻繫に飲むようになりましたね。

―ファイブミニはすっきり微炭酸ですが、最近すっきりしたことはありますか?
個人のライブがつい先日あって、アーティストの土岐隼一名義の楽曲だけでの、通常フルライブっていう風に呼ばれているものを、昼夜通して2回やらせてもらったんですよ。それがある種、初めての経験ながらやりきれたっていうところが、自分の中でやっぱ一つまた、歩みを進められたかな~っていうところで、すっきりしたって思う一日でしたね。


出演者プロフィールについて

ユキ役:伊藤 美来


10月12日生まれスタイルキューブ所属。
「五等分の花嫁」中野三玖役、「白い砂のアクアトープ」海咲野くくる役など多数の作品に出演。
2016年、日本コロムビアよりアーティストデビュー。

タカシ役:土岐 隼一


5月7日生まれ。WITH LINE所属。
「ブッチギレ!」サクヤ役、「東京リベンジャーズ」羽宮一虎役など多数の作品に出演。
2019年、ポニーキャニオンよりアーティストデビュー。


キャンペーンについて

ゲームに参加し、エンディング結果をTwitterでシェアした方から抽選で合計152名様に、ファイブミニの他、ファイブミニのオリジナルモバイルバッテリーや伊藤 美来さん・土岐隼一さんサイン入りのチェキ(各1名)をプレゼントするキャンペーンを実施します。


○キャンペーン名:
「ぷよファイブミニ ファイバーでフィーバー! 食物センイをゲットせよ!」挑戦者キャンペーン
○実施期間:2022年11月2日(水)10:00~11月22日(火)17:00
○参加方法:
1.ファイブミニTwitter公式アカウント(@fibemini_jp https://twitter.com/fibemini_jp)をフォロー。
2.ゲーム「ぷよファイブミニ ファイバーでフィーバー! 食物センイをゲットせよ!」に挑戦し、
結果をTwitterにシェア。
※当選者には後日Twitterのダイレクトメッセージでご連絡します。
○賞品・当選人数:選んだ難易度によってご用意
・地獄:ファイブミニ1年分(365本)&伊藤 美来さん・土岐隼一さんのチェキ(各1名)×2名
・むずかしい:モバイルバッテリー&ファイブミニ6本パック×50名
・かんたん:ファイブミニ6本パック×100名




<「ぷよファイブミニ ファイバーでフィーバー! 食物センイをゲットせよ!」特設サイトURL>
https://www.otsuka.co.jp/fib/puyo-fibemini/


製品情報

ファイブミニ


おなかの調子を整えるトクホの食物センイ飲料
レタス1.8個分※1の食物センイ 6000mgとレモン15個分※2のビタミンC 300mgが含まれています。
微炭酸、さっぱりとした爽やかな味で、続けやすい美味しさです。
※1 「日本食品標準成分表」を基に算出(レタス1玉あたり300gで換算) ※2 果汁換算

○許可表示:ファイブミニは、食生活で不足しがちな食物繊維を手軽にとり、おなかの調子を整える食物繊維飲料です。
○1日摂取目安量:1日1本を目安にお飲みください。
○食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

<「ファイブミニ」公式サイトURL>https://www.otsuka.co.jp/fib/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)