医療・医薬・福祉

クラウド型電子薬歴メディクスを提供する株式会社アクシスが一般社団法人日本在宅薬学会の賛助会員となりました

株式会社アクシス
株式会社アクシス(本社:東京都千代田区、代表取締役:川野尚吾)は、この度一般社団法人日本在宅薬学会(本社:大阪市北区、理事長:狭間 研至)の賛助会員となりました。2022年11月より日本在宅薬学会のホームページに、賛助会員として掲載いただいております。


株式会社アクシス(本社:東京都千代田区、代表取締役:川野尚吾)は、この度一般社団法人日本在宅薬学会(本社:大阪市北区、理事長:狭間 研至)の賛助会員となりました。

2022年11月より日本在宅薬学会様のホームページに、賛助会員として掲載いただいております。

【アクシスが賛助会員に加入した理由】
当社が日本在宅薬学会の賛助会員に加入することを決めた理由は、主に3つあります。

まずは、協会の「多職種協働・地域医療連携が不可欠な「在宅薬学」」という理念や、さまざまな活動内容に賛同したことです。
2点目が当社の提供するクラウド型電子薬歴『Medixs(メディクス)』も、在宅訪問や多職種連携などの機能を重視していること。
そして最後にアクシスルートホールディングスのパーパス『健康寿命を支える事業を創出する』私たちはIT技術を活用して、医療従事者の業務を支援し、利用者の健康寿命を伸ばすことに貢献する事業を創出するという目的が日本在宅薬学会様の理念に共感したこと。

【一般社団法人日本在宅薬学会様について】
本会は、2009年11月に一般社団法人在宅療養支援薬局研究会として発足しました。当初は薬剤師向けにバイタルサイン講習会を開催することを主事業としてきましたが、その後、徐々に会員数の増加や病院薬剤師の参画を得て、徐々に業態を拡大。2012年からは一般社団法人日本在宅薬学会と名称を変更し、年1回の学術大会を開催しております。
当学会は、薬剤師の職能拡大・薬局の機能拡張を通じて、多職種連携・在宅医療を基盤とした超高齢社会における新しい地域医療システムを構築し、広く社会に貢献することを目的としています。
学会名 : 一般社団法人日本在宅薬学会

代表者 : 理事長 狭間 研至
所在地 : 〒530-0041 大阪市北区天神橋1-9-5 アドバンス天神橋3F
設立  : 2009年12月22日
事業内容: 在宅医療に関する薬剤師の教育
薬剤師が在宅医療、他職種連携を行うための環境の整備

□ 株式会社アクシスについて
株式会社アクシスは、医療現場をITでつなぐ、クラウド型電子薬歴のリーディングカンパニーです。

アクシスが提供する『Medixs(メディクス)』は、現場で働く薬剤師の声を元に開発された、日本初*のクラウド型電子薬歴(サービス開始2014年)です。
『メディクス』は、全国47都道府県の調剤薬局で利用されています。
現場で働く薬剤師の声を元に先端のクラウド技術により開発され、現場での使いやすさを追求するとともに、高齢化社会に向けて必要となる在宅訪問の機能実装や、処方後も薬局と患者さまが服薬状況を連絡できる機能、法改正に合わせた対応など、時代の変化にスピーディーに対応している事が特徴です。

*当社調べ 2022年11月時点
**オプション

・ 『Medixs』『メディクス』『Medixsリモート調剤薬局』『スマホよ薬』 は、アクシスルートホールディングス株式会社の登録商標です。
・ 文中に記載された会社名および製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
・ 記載された内容は発表日時点の情報です。
クラウド型電子薬歴メディクスを提供する株式会社アクシスが一般社団法人日本在宅薬学会の賛助会員となりました
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)