出版・アート・カルチャー 美容・健康

<「2022パラアートTOKYO 第9回国際交流展」>国内外772点を超える応募作品の中から「アデランス賞」を発表

株式会社アデランス
~受賞作品『なかま』(大山陽菜さん作)を2023年発行の当社CSRレポートの表紙に採用~

 毛髪・美容・健康のウェルネス事業をグローバル展開する株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 津村 佳宏)は、CSR・SDGs活動の一環として、公益財団法人日本チャリティ協会が推進するパラアート(障害者の芸術文化)事業に、オフィシャルサポーターとして協力しています。9月1日(木)~5日(月)の5日間にわたって開催された「2022パラアートTOKYO 第9回国際交流展」(チャリティ協会主催)では、国内外772点の応募作品の中から、『なかま』(大山陽菜さん作)に「アデランス賞」を授与しました。受賞作品は、当社の「CSRコミュニケーションレポート2023-2024」(2023年11月発行予定)の表紙として採用いたします。


 当社では、視覚障害者のメイクをサポートする化粧パレットを開発するなど障害者の社会参加を応援する取り組みを進めています。アートを通じて障害者の社会参画や国際交流を推進するという、日本チャリティ協会の「パラアート」の取り組みに賛同し、昨年よりオフィシャルサポーターとして参加しております。

 「パラアート TOKYO」は、世界中の障害者に呼びかけて作品を募集する、アートの国際展示イベントです。2009年の初回開催以降、巡回展や書の部門の開設、シンポジウムなど毎回、障害者アートの流れや、時代の移り変わりに合わせて新しい取り組みを取り入れながら開催しています。「2022パラアートTOKYO 第9回国際交流展」では、国内外772点の応募作品の中から、『なかま』(大山陽菜さん作)を「アデランス賞」として表彰しました。今年も昨年に引き続き、新型コロナウイルスの状況を考慮し、来場しなくても多くの皆さまに応募作品をお楽しみいただけるように、バーチャルギャラリーとして「パラアート TOKYO」のホームページ(https://virtualgallery.paraart.jp/2022/)上でも作品を公開しています。また、「アデランス賞」の受賞作品は、当社の2023年度「CSRコミュニケーションレポート2023-2024」(2023年11月発行予定)の表紙として採用いたします。なお今年度の「CSRコミュニケーションレポート2022-2023」(2022年11月発行)の表紙には、昨年の「2021パラアートTOKYO 第8回国際交流展」で「アデランス賞」を受賞した『クジラ』(Yuiさん作)を採用しています。

『なかま』(大山陽菜さん作)
■「アデランス賞」受賞作品紹介
作品名  :『なかま』
作者    :大山陽菜さん
受賞コメント:私は魚が好きで、小さい頃から水族館で色々な魚を見ていました。私の作品『なかま』は、大きな波と水しぶきの中で色々な魚たちが、たくさん泳ぎ回っています。下の波は、青色系を塗って、波紋を丁寧に描き、大きな波には模様を少しずつ描いて、さわやかな青空のような色を塗り、きれいな水しぶきを付けました。工夫したのが魚です。カクレクマノミやカラーグラスなど、さまざまなたくさんの魚たちが、楽しく泳ぎ回っている風景を描きました。色使いや構図を色々工夫して、最後まで描きました。たくさんの人に見てもらえると嬉しいです。


■公益財団法人日本チャリティ協会 コメント
 大山陽菜さんの明るい沢山の魚が描かれた作品は波の描き方には作者の個性が表れており、SDGsの目的でもある自然環境の維持やタイトルの仲間という言葉に表されているように、いろいろな魚がカラフルに描かれ、楽しそうに一緒に暮らす多様性な社会を感じる作品だと思います。

■「2022パラアートTOKYO 第9回国際交流展」開催概要
日程:9月1日(木)~5日(月)
会場:東京芸術劇場ギャラリー
主催:公益財団法人日本チャリティ協会
URL:https://virtualgallery.paraart.jp/2022/
『クジラ』(Yuiさん作)

■過去「アデランス賞」受賞作品一覧
▶2021 パラアートTOKYO 第8回国際交流展
作品名:『くじら』
作者:Yuiさん



■アデランスのCSR活動について
 アデランスグループのCSR活動は、「社会的価値を持った活動」をさらに深め、広げていくことで、お客様や社会からの信頼に基づいた、健全で永続的な企業成長を目指すものです。こうした活動を「事業と一体化した価値共創型CSR」として進めています。


株式会社アデランスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
■アデランスのSDGsに対する取り組み
 アデランスグループは、グローバルに事業を展開する企業として、SDGsで掲げられる、世界が直面するさまざまな課題と真摯に向き合い、事業を通じた社会課題の解決を図ることで、持続可能な社会の実現に寄与し、持続的な成長を目指していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)