医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

函館市に介護×福祉 多世代複合施設オープン!

株式会社3eee
多世代との対話や協働によって多様な人間関係と生きがいを生み出す新たな共生社会の実現

株式会社3eee(代表取締役:田中 紀雄、以下「3eee」)は、2022年11月14日 北海道函館市に介護と福祉の多世代複合施設「百年の森函館」を開設することをお知らせ致します。 「百年の森函館」は、通所介護・居宅介護支援・児童発達支援・就労継続支援B型の複合施設で、3eeeがこれまでに培ったノウハウを集結させ、あらたな共生モデル構築プロジェクトとして始動します。




 3eeeは2010年の創業以来、要介護高齢者の自立支援および重度化防止に資する「通いの場」を中心としたサービスを展開してまいりました。このたび開設する「百年の森函館」は、通所介護・居宅介護支援・児童発達支援・就労継続支援B型の複合施設で、3eeeがこれまでに培ったノウハウを集結させ、あらたな共生モデル構築プロジェクトとして始動します。


 メインとなる高齢者デイサービスは、挽きたて珈琲を楽しめるカフェスペースが印象的です。機能訓練室の一角に設けられたワークスペースでは、「働く」×「リハビリテーション」をコンセプトに、利用者が「働く」を通じて社会貢献を実現していくプログラムを導入。利用者の機能訓練や社会参加を目的とし、収益は全て利用者に還元していきます。最終的には利用料自己負担ゼロを目指します。

 また、商店スペースでは利用者が気軽に食料品や日用品を購入することができます。このように、「百年の森函館」では高齢者や障がい者がそれぞれの役割を果たしながら、施設での生産・販売・消費のサイクルに関わり、さらには児童も交えた世代間交流も実現することで、ヒトとモノとが相互に連携し循環する、いわば“ケア・エコシステム”を施設内で形成していく新たなかたちの施設運営を図ります。そして、様々なヒトが集い楽しむことができる場所として、地域に住む方々とのふれあいや社会参加の機会を創出し、これまでになかった地域共生社会モデルの実現を目指して、まずは函館市からスタートしてまいります。




 2025年問題を間近にひかえ、また団塊ジュニア世代が65歳以上となる2040年に向け、3eeeは様々な経営環境の変化にも耐え得る自社の強みを確立し、各事業分野において経営理念である「私たちにかできない新しい共生社会を実現する。」を体現していけるよう尽力する所存です。


一般内覧会開催のお知らせ
オープンに先駆け一般内覧会を開催いたします。ご来場者には先着100名様に新米2合プレゼント!事前にお電話にてご予約・ご相談ください。
日時:2022年11月12日(土) 10:00~16:00
対象:利用を検討されているご本人様およびご家族様等どなたでもご相談下さい
特設サイト:https://forestcare.jp/open/
 
  
 
 
【3eeeについて】
社名:株式会社3eee
所在地:北海道札幌市中央区北4条西6丁目1-3
設立:2010年8月26日
資本金:1億3,300万円(資本準備金含む)
代表者:代表取締役 田中 紀雄
事業内容:通所介護事業、地域密着型通所介護事業、居宅介護支援事業、障がい児通所支援事業、共同生活援助事業
URL: https://www.3eee.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)