医療・医薬・福祉

立達融医は中国神経医学センターと協力し、複雑な慢性病分野を専門としている

曜立科技(北京)有限公司

デジタル技術による国境なき医療の構築
最近、曜立科技(北京)有限公司は傘下の立達融医が中国神経医学センターと提携し、11月に神経分野関連業務を展開し、新応用、新モード、新領域、新グレードアップに焦点を当て、複雑な慢性病の全病院管理モデルを構築すると発表した。

立達融医は複雑な慢性病の臨床経路データの統合とサービスに専念する医療科学技術会社である。 2015年7月、曜立科技(北京)有限公司が創立しました。立達融医はここ8年間の医療サービス分野での発展を経て、先進的な技術手段を利用して医療マルチシステムモジュールの構築に取り組んで、院内システム、病院外患者管理、科学研究成果、品質管理、費用管理などの全プロセスサービス生態を確立した; 臨床効率を高め、医師の煩雑な仕事を軽減し、品質科学研究の成果を高め、中国医療と国際医療レベルの精確な連携を推進し、データに臨床の真の価値を生じさせた。 近年、会社の強大な技術力は中国の心血管分野で多くの専門家、機構、政府、メーカーの認可を得た。 会社の客先はすべて国内の三公立病院で、その中に全国のPCI手術量TOP50病院の中の20軒をサービスして、手術患者が全国の手術患者の10%に達した。 立達融医はすでに国家心血管疾患臨床医学研究センターなど5つの国家医学研究センターと協力関係を築いた。

心脳血管疾患分野に力を入れる立達融医は同時に神経分野にも広がり、着実に発展する過程で革新した。 技術の研究開発と革新は企業の長期的発展の原動力である。 2022年末までに、立達融医は自主的に開発した特許とソフトウェアの著作権を60項目余り獲得して、スマート医療データベース、心外神経介入病種、核心実験室、APIHub技術などに関連して、多くの国の認定を得て、メディアに「2020中国医療大健康革新企業80強」、「2021スマート医療分野の高成長企業」、「2021-2022未来医療112」と選ばれた 立達融医はすでに中国の5つの医学研究センターと国内外の多くの製薬と器械会社と戦略協議を締結した。

AIの発展の中で、グローバル企業は医療情報化のデジタル化、知恵化、人間的変革を利用して、「データの孤島」の制限を真に超えて、医師と患者の体験を全面的に改善して、革新技術で患者の全ライフサイクルの健康管理を実現して、グローバル医療と生命科学業界が疾病メカニズムの探索、医学認知の拡張、医学革新の促進に協力している。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)