教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

【長野高専】「第3回AT情報交換会」を開催しました

独立行政法人国立高等専門学校機構
独立行政法人国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校(長野県長野市 校長:江崎尚和 以下「長野高専」)は、令和4年9月9日(金)に「第3回AT情報交換会」をオンライン双方向会議システムにより開催しました。


会議の様子
【目的】
 AT技術を必要とする「現場」の方々のご意見やご要望、工夫などは非常に有益な情報となります。 そこで、障害者、介助者、特別支援学校の関係者など、障害と密接に関係する方々を交えた情報交換の場を定期的に設けています。
 これまでに、現場ニーズ調査の集計結果の報告、その解決技術の紹介、また参加者が困っていることやその解決方法、工夫などの情報交換を行ってきました。また、ニーズ調査で要望の多い内容について、本校で支援機器を製作し、実際に現場で使ってもらう取り組みの経過報告なども行ってきました。


【概要】
1. 開催日時 令和4年9月9日(金) 15:00 ~ 16:30
2. 開催方法 Zoom オンライン会議システムによる双方向会議
3. 内容
 1.自己紹介
 2.本校のこれまでの取り組み成果
  ・こころトーク  https://youtu.be/sxkVQ5z_qHc
  ・Card to Speech  https://youtu.be/zupcnwio8c0
  ・あいうえおキーボード  https://youtu.be/1Xkp__Znh-8
 3.本校主催の第三回ワークショップ,連携校(富山高専)主催のワークショップのご紹介
 4.本校学生参画による取り組みのご紹介
 5.事前にご連絡頂いた内容についての意見交換


 当日は、7校21名の参加者とZoom会議による情報交換会が行われました。本校の取り組み事例の紹介や現場でのお困りごとなどについて、参加者間で意見交換や新たなニーズ提言などが行われました。冬季には、第4回AT情報交換会を予定しています。

※GEAR5.0プロジェクト
 国立高専機構の「Society5.0未来技術人財育成事業・GEAR5.0」の「介護・医工」分野において、「持続可能な地域医療・福祉を支えるeAT-HUB構想とAT技術者育成による共生社会の実現」をテーマとした事業であり、熊本高専を中核拠点校、長野高専を拠点校として令和2年度より開始をしている事業です。

プロジェクトHP: https://www.nagano-nct.ac.jp/research/gear5/
GEAR5.0プロジェクトについて:https://www.kosen-k.go.jp/Portals/0/gakumu/Society50_KOSEN_GEAR5.0.pdf


※eAT-HUB構想
 従来の支援技術(AT)が対象心身機能の障がいに加えて、障がい者を取り巻く環境や社会も対象にした、共生社会形成を支援することを目標とし、GEAR5.0プロジェクトの拠点校を設置し、全国高専のネットワークを通じて共生社会の形成を支援する構想。


【長野工業高等専門学校について】
 長野工業高等専門学校は、深く専門の学理、技術を教授し、職業に必要な能力を育成することを目的として、昭和38年(1963年)4月に開校しました。卒業生は9,000名を超え、理工系の早期一貫教育を行う高等教育機関として産業界等から高い評価を得て今日まで発展してきました。また、近年では複数の工学分野を融合させて問題解決する場面も多く、分野横断的に工学を学ぶ必要性が高いため、そのニーズに応えるべく令和4年(2022年)に従来の5学科が「工学科」の1学科に再編されました。


【学校概要】

学校名:独立行政法人国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校
所在地:長野県長野市徳間716
校長名:江崎尚和
設立:1963年
URL:https://www.nagano-nct.ac.jp/
事業内容:高等専門学校・高等教育機関
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)