企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

富士フイルムメディカルの内視鏡情報管理システム「NEXUS」に国内シェアNo.1の音声認識技術AmiVoice(R)が搭載されました

株式会社アドバンスト・メディア
株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)のAI音声認識技術AmiVoiceが、富士フイルムメディカル株式会社(本社:東京都港区 以下、富士フイルムメディカル)の内視鏡情報管理システム「NEXUS」に搭載されました。


株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)のAI音声認識技術AmiVoiceが、富士フイルムメディカル株式会社(本社:東京都港区 以下、富士フイルムメディカル)の内視鏡情報管理システム「NEXUS」に搭載されました。

内視鏡情報管理システム「NEXUS(ネクサス)」に、AI音声認識開発キット「AmiVoice SDK」を搭載することで、内視鏡操作をしながら、音声操作による所見の記載や、内視鏡情報管理システムの機能呼び出し、モニター上に映される患者の画像保存などの操作を行うことが可能です。キーボードタッチやキータッチの操作が不要となり、手を使用しないため、清潔な環境の維持および操作時間の短縮ができ、患者・医師双方の負担軽減を実現します。


【内視鏡情報管理システムNEXUS(ネクサス)】
NEXUSは内視鏡部門におけるITシステムです。内視鏡画像保存、専用レポート作成、利用した内視鏡スコープの洗浄消毒履歴管理、会計実施、NEXUSから電子カルテを通して病理オーダーを発行する機能など部門システムに必要な機能を備えた部門システムです。
NEXUSは富士フイルムメディカル社の製品ですが、どのメーカーの内視鏡装置でも高画質での保存を可能とし、ワークフローを変える必要のないマルチモダリティに対応した製品です。
https://www.fujifilm.com/jp/ja/healthcare/healthcare-it/it-endoscopy/endoscopy-nexus


【AI音声認識技術AmiVoice】
アドバンスト・メディアのAmiVoiceは、20年以上のノウハウ・データが蓄積された高精度かつ高速のAI音声認識エンジンで、国内の音声認識ソフトウェア・クラウドサービス市場シェアNo.1(※)を誇ります。一般的な日本語はもちろん、専門用語の認識にも強く、医療分野やコンタクトセンターをはじめ、数多くの導入実績を持っています。
・AmiVoice Cloud Platform : https://acp.amivoice.com/
・AmiVoice SDK : https://acp.amivoice.com/amivoice_sdk/


※出典:ecarlate「音声認識市場動向2022」音声認識ソフトウェア/クラウドサービス市場

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)