医療・医薬・福祉

アストラゼネカとエクサウィザーズ、高カリウム血症をはじめとした、カリウム値が気になる方の食事・栄養管理を可視化するためのアプリケーションを開発

アストラゼネカ株式会社
毎日の食事を撮影するだけでカリウムをはじめとした5つの栄養素の含有量を記録両社共同で人々の健康に貢献する事業開発に従事


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:堀井 貴史、以下、「アストラゼネカ」)は、AIを利活用したサービス開発を行う株式会社エクサウィザーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:石山 洸、以下「エクサウィザーズ」)と共同で、食事を撮影するだけで簡単にカリウムを測ることができるアプリケーション AIフードスキャナー「ハカリウム」を開発しました。


高カリウム血症は、血清カリウム値が異常に上昇した状態を指します。日本では30万人1を超える患者さんが、主に慢性腎臓病の進行やその他食事などの影響により高カリウム血症を発症しています。血清カリウム値が異常に高いと、致死的な不整脈や心停止を引き起こすことがあります2。さらに、慢性腎臓病、透析、心不全等を背景疾患に持つ高カリウム血症患者さんの食事・栄養管理は、各種ガイドラインを踏まえた厳しい食事制限がかかるという実態があります。

ハカリウムは、高カリウム血症の患者さんをはじめとした、カリウム値が気になる方やそのご家族が、食事・栄養の摂取量を可視化し、コントロールすることで、毎日の食事をより楽しんでいただくことを目的に開発されました。患者さんと医療従事者の皆様における食事・栄養管理にかかる適切なコミュニケーションをサポートし、そして、患者さんご自身の自主的な栄養管理の一助となることを目指します。



アストラゼネカは、慢性腎臓病、透析、心不全等を背景疾患に持つ高カリウム血症患者さんの食事・栄養管理のサポートに貢献し、一人でも多くの方が元気に長く人生を楽しんでいただくための活動に取り組んでまいります。

エクサウィザーズは、ヘルスケア領域で事業を展開されている企業と共同で、AIの利活用を通じて人々の健康に寄与する事業開発に取り組んでおります。今回のサービスリリースによりユーザーへのさらなる価値提供を目指してまいります。

以上

*****

アストラゼネカの循環器・腎・代謝 (CVRM) 領域について
循環器・腎・代謝 (CVRM) はアストラゼネカの主要治療領域のひとつであり、当社にとって重要な成長ドライバーです。心臓、腎臓、膵臓などの臓器の基本的な関連性をより明確に解明するサイエンスを追求し、疾患進行の抑制やリスク減少、合併症の抑制による臓器保護と予後の改善をもたらす医薬品のポートフォリオに投資をしています。当社は、循環器・腎・代謝 疾患をもつ世界中の患者さんの健康と、治療法の進歩に貢献する革新的なサイエンスを継続的に提供し、疾患の治療・進展抑制、さらには臓器およびその機能の再生の実現を目指しています。

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主にオンコロジー、希少疾患、循環器・腎・代謝疾患、呼吸器・免疫疾患からなるバイオ・医薬品において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。英国ケンブリッジを本拠地として、当社は100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細については https://www.astrazeneca.com または、ツイッター https://twitter.com/AstraZeneca (英語のみ)をフォローしてご覧ください。
日本においては、主にオンコロジー、循環器・腎・代謝、および呼吸器・免疫を重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。アストラゼネカ株式会社についてはhttps://www.astrazeneca.co.jp/ をご覧ください。フェイスブック https://www.facebook.com/AstraZeneca.Japan/ と インスタグラム https://www.instagram.com/astrazenecajapan/ もフォローしてご覧ください。

エクサウィザーズについて
エクサウィザーズは2016年の設立から、一貫して社会課題解決に取り組むためにAIを利活用したサービスの開発・実装、戦略立案などの事業展開を行っています。当社の事業セグメントはAIプラットフォーム事業とAIプロダクト事業の二つに分かれ、マルチセクターマルチモーダル戦略としてAIプラットフォーム及びAIプロダクト事業の両輪を回しながら、独自のアルゴリズム・データを蓄積しています。累計特許出願数174件、累計特許取得件数79件(2022年9月末時点)であり、ロボット、AIカメラ等のハードウェア領域においても先進技術を保有しています。エクサウィザーズについては https://exawizards.com/ をご覧ください。

References
1. JMDC Claims Database(2017年版)2. American Heart Association. “Life-Threatening Electrolyte Abnormalities.” Circulation. 2005; Volume 112, Issue 24_supplement, 13 December 2005, Pages IV-121-IV-125. ( https://www.ahajournals.org/doi/epub/10.1161/CIRCULATIONAHA.105.166563 )
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)