その他

関西発のグローバル・スタートアップ創出に向けたプログラム「起動」参加者募集を開始

大阪イノベーションハブ(公益財団法人大阪産業局)
産学官連携で世界に挑戦するスタートアップを支援!インキュベーションプログラム「起動」の参加者募集を開始します。 https://kidou.site/



公益財団法人大阪産業局では、大阪・関西万博に向けて世界が注目する成長分野でスタートアップを創出するため、関西圏の企業・大学・自治体のリソースを結集させたインキュベーションプログラム「起動」を開始しました。本日、公式ウェブサイトをオープンし、プログラムの参加者の募集を開始します。

大阪、京都、神戸は、2020年に国が進める「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」 におけるグローバル拠点都市に選定され、大学、企業、自治体等が連携したスタートアップ・エコシステム拠点形成に取り組んでいます。一方で、関西は2025年大阪・関西万博の開催を控え、大阪市がスーパーシティ型国家戦略特区の区域に指定されるなど、世界に先駆けて未来社会を実現するための環境が整備されてきています。「起動」は、こうした関西に形成されるスタートアップ・エコシステムのなかで、世界に挑戦するスタートアップを産学官連携で後押しする目的で実施します。

募集対象は、未来社会を構想し、テクノロジーを活用して、グローバルに活躍したいと志す個人、グループ、あるいは起業をして5年以内のスタートアップです。

今後「起動」では、ライフサイエンス/ヘルスケア・カーボンニュートラル・Web3.0の分野を中心に、本プログラムに応募し採択されたスタートアップに、最大1,000万円の事業資金と全国トップクラスのキャピタリスト等の専門家による6か月のハンズオン支援を提供します。


「起動」プログラムへの各界からのメッセージ






「起動」参加者募集要項

◆選定企業数
5者

◆対象者
未来社会を構想し、テクノロジーを活用して、グローバルに活躍したいと志す個人、グループ、あるいは起業から5年以内のスタートアップで以下の条件を満たす者。

◆募集条件


関西(※大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県(以下同様))に本社若しくは事業所がある。又は、関西をベースに事業を立ち上げ、成長をめざす意思があること。
個人、グループの申請の場合、採択から資金支援までの期間に関西で法人(※NPO・NGOを除く)を設立し、具体的に事業を興す意思があること。
資金調達を経て早期の事業拡大をめざす意思があること。

◆重点分野


ライフサイエンス/ヘルスケア
カーボンニュートラル
Web3.0

◆募集期間
2022年11月8日(火)~2023年1月5日(木)
※応募に関する問合せ可能期間:2022年12月20日(火)

◆応募方法
以下WEBページよりご確認ください。
https://kidou.site/

◆選定方法
・1次審査(書面審査)
・2次審査(プレゼン審査:プレゼン時間5分、質疑10分)
 日時:2023年1月26日(木)
 場所:大阪市内


参画・協力機関一覧

◆事務局
公益財団法人大阪産業局(大阪イノベーションハブ)

◆パートナー企業(50音順)
株式会社池田泉州銀行、うめきた2期開発事業者、小野薬品工業株式会社、中西金属工業株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、株式会社三井住友銀行、三井住友信託銀行株式会社、ヤマトホールディングス株式会社

◆協力大学
大阪大学、京都大学、神戸大学、奈良先端科学技術大学院大学、和歌山大学、大阪公立大学、京都府立医科大学、滋賀県立医科大学、奈良県立医科大学、兵庫県立大学、大阪医科薬科大学、関西大学、関西学院大学、京都先端科学大学、近畿大学、甲南大学、同志社大学、長浜バイオ大学、立命館大学、龍谷大学

◆協力
関西経済連合会、関西経済同友会、大阪商工会議所、京都商工会議所、神戸商工会議所、京都・大阪・ひょうご神戸コンソーシアム
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)