医療・医薬・福祉

転倒骨折リスクを低減する床「ころやわ」が、『2022グッドデザインしずおか「大賞」』を受賞

株式会社Magic Shields
~「転ばせない」から「転んでもいい」の逆転の発想と柔軟な思想を高く評価~

株式会社Magic Shields(本社:静岡県浜松市、代表取締役:下村明司、以下マジックシールズ)が開発・販売している、転倒骨折リスクを低減する新しい床「ころやわ」が、静岡県が主催するデザイン賞「2022グッドデザインしずおか」にて最も評価が高い「大賞」を受賞したことをお知らせいたします。


「グッドデザインしずおか」は、1993年に創設された静岡県内のデザインの取り組みを審査する事業で、有形無形にかかわらずデザインが活用されたモノ及びコトを選定・顕彰しています。今回で29回目を迎え、2022年度の応募総数は76点でした。

今回大賞を受賞した製品「ころやわ」はこれまで両立が困難とされていた「歩行安定性」と「衝撃吸収性」の2つの性質を併せ持つ、「転んだ時だけ柔らかい新しい床」です。「ころやわ」内部の可変剛性構造体(メカニカル・メタマテリアル)により、フローリングと同等の歩行安定性を保ちながら、車椅子移動や歩行器、杖をついての移動でも大きく凹まず、その反面、転倒時には衝撃を軽減する事が可能になっています。

■選定評
高齢者の転倒骨折の対策を考える際、どうしても人手の確保や転倒防止に目が向きがちです。「転ばせない」から「転んでもいい」床へ、逆転の発想と柔軟な思想を取り入れた見事なデザインに審査員一同、心を打たれました。






※ころやわは、株式会社マジックシールズの登録商標です。


◆株式会社マジックシールズについて ―――――――――――――――――――――――――――――――
マジックシールズは2019年に設立された、自動車工学と医学をベースに新素材と構造「メカニカル・メタマテリアル」の研究開発、および製造・販売を行うスタートアップです。世界で増加している高齢者の転倒による骨折を減らすため、マジックシールズは転んだときだけ柔らかい「可変剛性構造体」を使った「ころやわ」を開発し販売しています。
所在地 : 静岡県浜松市中区鍛冶町100-1 ザザシティ浜松中央館 B1F・FUSE
代表者 : 代表取締役 下村 明司
設立 : 2019 年 11 月
https://www.magicshields.co.jp/
https://www.facebook.com/magicshields

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)