エンタテイメント 美容・健康

「SELF LOVE FES(セルフラブフェス) vol.2」出演アーティスト情報解禁 、七尾旅人/Nao Kawamura/xiangyu による音楽ライブ

株式会社ビーアット
2022年11月25日(金)~27日(日)の3日間・入場無料・渋谷区立宮下公園にて開催、東京のアート・カルチャーを発信するメディア「BE AT TOKYO」主催

POINT ・イベントメッセージに共感するアーティストによる無料音楽ライブを開催 ・七尾旅人/Nao Kawamura/xiangyuの参加が決定 ・音楽ライブの他に、「マインドフルネス」「フィジカルヘルス」「セクシャルウェルネス」「フェムテック」「海外の最新情報」等のキーワードを元に、商品の販売だけでなく体験イベントといったさまざまなコンテンツが楽しめる ・「セルフラブ」をテーマにした日本初規模イベント



株式会社ビーアット(本社:東京都渋谷区 / 代表:土井地博)は、渋谷区立宮下公園の芝生ひろばにて2022年11月25日(金)~27日(日)の3日間、「セルフラブ」をキーワードにしたイベント「SELF LOVE FES(セルフラブフェス)」を開催。今年4月に開催した「SELF LOVE FES vo.l1」で得た大きな反響を糧に、より多くの方に楽しんでいただける場を創り出すため、野外フェスにチャレンジする。本イベントでは「マインドフルネス」「フィジカルヘルス」「セクシャルウェルネス」「フェムテック」「海外の最新情報」等のキーワードを元に、物販や飲食、トークショー、ワークショップ等を通じて、セルフラブにまつわる“ヒントや気づき”を得られるイベントにしていく。


七尾旅人11月27日(日)17時~出演
Nao Kawamura11月26日(土)17時~出演
xinagyu11月27日(日)15時~出演

2回目の開催となる今回は、アーティストによる音楽ライブを開催。1998年のデビュー以来、ファンタジックでメッセージ性の強い歌詞とオリジナリティあふれるメロディで幅広い音楽ファンを魅了し続けている七尾旅人をはじめ、Nao Kawamura、xiangyuとイベントメッセージに共感を持つアーティストが参加する。「SELF LOVE FES」らしいアーティストを囲んだフラットな会場設計は、音楽を通して自身のマインドと向き合うことのできる空間となっており、開放的な野外ならではの心地良い音楽を堪能できる。(※観覧無料、混雑時入場制限をさせていただく場合がございます。)


さらにイベントスペースでは、グルーミングツールブランド<AUGER(R)>のTOKYO FMラジオ番組「Kiss our humanity 心に触れて”整える”時間」の公開収録も決定。パーソナリティーでAUGER(R)ブランドディレクターの鈴木曜とゲストでディレクターの金山大成による、心を整える音楽とトークを届ける。
また、事前予約制のワークショップには、カナダ・バンクーバー発のアスレティックウェアを展開する<lululemon(ルルレモン)>と、原宿と下北沢にてスタジオを構えるモダンヨガスタジオ<IGNITE YOGA>、それぞれによるYOGAクラスを開催。さらに、オンラインウェルネススタジオ<Veda TOKYO>によるジャーナリング体験クラス、フィットネストレーナー兼ダブルダッチ世界チャンピオン<REG☆YLE>所属のYUIによるフィットネスクラスの開催といった、ココロとカラダの両面で楽しめる参加型企画が目白押しだ。各クラスの予約方法は、順次SELF LOVE FES公式サイトや参加企業により発信されるのでお見逃しなく。

あたたかな太陽と音楽とともに、自分自身と向き合う3日間をお楽しみに。


【SELF LOVE FESイベント概要】
開催日程:2022年11月25日(金)~11月27日(日)
開催時間:11月25日(金)12:00~15:00 / 11月26日(土)・27日(日)10:00~19:00
開催場所:渋谷区立宮下公園(東京都渋谷区神宮前6-20-10)
入場料:無料
イベントの詳細サイトはこちら:https://be-at-tokyo.com/projects/selflovefes
公式Instagram:@selflovefes(https://www.instagram.com/selflovefes/
※新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを必ずご確認の上、ご来場ください。ご確認は、SELF LOVE FES公式サイトよりご確認ください。


【MUSIC LIVE】
◆Nao Kawamura
Live:11月26日(土)17:00~



コメント:「SELF LOVE。音楽を通して、社会を通して、近年この言葉に触れる機会が多くなりました。ふと考える豊かさや、自分自身を知るきっかけがこの言葉に詰まっているなと実感しています。おざなりにしてしまいがちな自分の気持ちに気づくこと、そして受け入れてあげることで、きっと自分だけじゃなく周りの人にも優しくなれる。そんな「SELF LOVE」を、私自身もイベントを通して深めていけたらいいなと思っています!豊かな波紋が広がる1日になりますように。皆さんとお会いできることを、とても楽しみにしています!」

Profile:表現の自由・個性の尊重などをテーマにジャンルにとらわれない「エレメンタルポップ」なサウンドをアジアから世界に向けて発信しているシンガーソングライター。これまでに Suchmos、SANABAGUN.や SOIL&PIMP SESSIONS、Wouter hamel など、国内国外問わず数々のアーティストとコラボレーションを重ね、著名アーティストより高い支持を得ている。なかでもフィーチャリングボーカルで参加した AmPm の「I don’t wanna talk」「hurt you」は爆発的な再生回数を記録し、海外シーンでも高く評価された。今年 2022 年 5 月には、4 年ぶり待望のセカンドアルバム「Elemental pop」を配信リリース。なお 8 月には今作のリリースを記念したワンマンライブを開催、その他様々なイベントに出演するなど精力的に活動中。
Instagram @naokawamura_official


◆xiangyu
Live:11月27日(日)15:00~



コメント:「自分のことを大切に思い、卑下せず、尊重する」と、言葉で言うのは簡単だけど、実践するのは結構難しい。自分と誰かを比べたり、自分のやっていることに自信を持てずにいたり。自分を大切にすることで、きっと周りの人にも優しく出来るんだと思います。だからまずは一番身近な自分から。愛溢れる日になりますように。皆さんと会えることを楽しみにしています!」


Profile:2018年9月からライブ活動開始。 日本の女性ソロアーティスト。読み方はシャンユー。 名前は本名が由来となっている。Gqom(ゴム)をベースにした楽曲でミステリアスなミュージックビデオも公開中。2019年、5月22日に初のEP『はじめての○○図鑑』をリリース。
また、xiangyuとファッションブランドPERMINUTEのデザイナー半澤慶樹で主宰する川のごみから衣装を創作するプロジェクト“RIVERSIDE STORY”では、渋谷川編と題し2022年9月に初の個展を開催するなど、音楽以外でも元々活動しているアートやファッション、女優、執筆など、垣根を超えた活動を行っている。2022年の7月16日からはxiangyu自身が主演・主題歌を担当した、映画『ほとぼりメルトサウンズ』が新宿のK's cinemaより順次、全国公開されている。
Instagram @xiangyu_dayo


◆七尾旅人
Live:11月27日(日)17:00~



Profile:シンガーソングライター。98年のデビュー以来、ファンタジックなメロディで世界の現実を描き続けて「うた」のオルタナティブを切り拓き、音楽シーンの景色を少しずつ変えてきた。パンデミックのなか放置された感染者や困窮者に食料を配送する「フードレスキュー」を継続しつつ完成させた2枚組ニューアルバム『Long Voyage』を9月14日にリリースした。愛犬家だが、犬に振り回されっぱなし。
日々の情報はTwitterやnoteで発信中。https://tavito.net/


_______________________________________

情報解禁1回目のプレスリリースはこちら:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000074688.html


株式会社ビーアットとは
2020年に設立。セレクトショップを運営する株式会社ビームスと、デザイン・デジタルでの実装力を武器とする株式会社フロウプラトウによる合弁会社。「全ての表現者が創造することによって生きていける社会をつくる。」をミッションに掲げ、メディア運営・製品開発および販売・コンテンツ企画および制作・クリエイター支援を事業展開する。カルチャーを発信するオンラインメディアおよびリアルスペースを運営する。
公式サイト:https://be-at-tokyo.com
公式Instagram:@be _at _tokyo
運営スペース:「BE AT STUDIO HARAJUKU」ラフォーレ原宿 6階
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)