医療・医薬・福祉 美容・健康

株式会社ジ・アイがウエルシア薬局株式会社と業務提携を締結し、ドラッグストアでの特定保健指導の提供を開始

株式会社ジ・アイ
ドラッグストアで特定保健指導を受けられるサービスによって指導の実施率向上を目指す

株式会社ジ・アイ(東京都渋谷区、代表取締役:中島 大輔、以下当社)はウエルシアホールディングス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:松本 忠久)の子会社であるウエルシア薬局株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:松本 忠久、以下、ウエルシア薬局)と業務提携契約を締結し、特定保健指導事業の新サービスを健康保険組合と自治体向けに開始いたします。



業務提携の目的
特定保健指導は生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートです。近年はWeb会議ツールの浸透で、より多くの場所で指導を受けられるようになったものの、特定保健指導の実施率は22.7%と依然低く国が目標として掲げている45%とは乖離があります。※1
また、職場が中心となる指導体制のため、自宅近くで受ける選択肢があまり整備されていないなどの課題が挙げられます。

当社はフィットネスクラブで培った生活習慣改善のノウハウを用いて、ICTを中心とした特定保健指導を健康保険組合や自治体向けに提供しています。
また、積極的な業務改善を行い、対象者情報の予約管理や請求・報告業務のデジタル化を通じてオペレーションコストを削減し、費用対効果の高い特定保健指導を実現しております。

ウエルシア薬局は全国39都道府県に主に調剤併設型ドラッグストア2,100店舗を展開するだけでなく、利便性と専門性を両立した、地域における「生活のプラットフォーム」実現のために、従来より地域のみなさまが気軽に集えるコミュニティスペース「ウエルカフェ」を410店舗展開しております。※2

※1:厚生労働省「2020年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況」
※2:2022年8月末時点

業務提携で実現すること
この業務提携によって、日常的な買い物等のついでに、ドラッグストアでも特定保健指導を受けることができます。ICTに苦手意識を感じ、指導を今まで受けることができなかった対象者に新たな選択肢を提示することで、特定保健指導の実施率向上を目指します。
さらに、特定保健指導の短期的な実施で支援を終わりとせず、ドラッグストアにおけるスタッフとの継続的なカウンセリングを通じて、対象者の生活習慣改善に中長期的に寄与できるとも考えています。


ドラッグストアを活用した店舗型特定保健指導の概要とメリット
特定保健指導対象者が「ウエルシア薬局での指導」を選択した場合、ウエルシア薬局の店舗にて管理栄養士等が指導を行います。「ICT型」を対象者が選択した場合は、当社の管理栄養士等がWeb会議ツールやアプリ等を使用し遠隔での指導を行います。
当社が参加勧奨からレポート作成までを一気通貫で行うため、担当者は当社と契約するだけでICTを活用した指導とドラッグストアを活用した店舗型指導の両方を実施することが可能になります。

今後の取り組み
特定保健指導に限らず、健康保険組合や自治体の課題に対応できるサービス開発を引き続き検討してまいります。

本件に関するお問い合わせ
株式会社ジ・アイ
TEL:03-6452-5226
担当:福島

当事会社の概要について
■株式会社ジ・アイの概要
社名:株式会社ジ・アイ
所在地:東京都渋谷区神南1-5-6 H¹O渋谷神南307
TEL:03-6452-5226
URL:https://the-ai.co.jp/

■ウエルシア薬局株式会社の概要
社名:ウエルシア薬局株式会社
所在地:東京都千代田区外神田2-2-15
URL:https://www.welcia-yakkyoku.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)