企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

今のあなたは本当に健康ですか?ヘルスケア アプリ「カロミル 」が、外出自粛下における健康状態チェックをアプリで促進

ライフログテクノロジー株式会社
~6月末までの期間限定でアプリ内の有料機能を無償開放するキャンペーンを実施~

ヘルスケア アプリ「カロミル」を運営するライフログテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:棚橋繁行)は、5月・6月の2ヶ月間限定で、アプリ内の有料機能を無償開放するキャンペーンを実施いたします。これにより、外出を自粛する状況下における自身の健康状態を、より詳しく・正しく理解していただくことを目的に、アプリの活用を促し、多くの国民の健康維持改善に貢献していきたいと考えています。



ヘルスケアアプリ「カロミル」は、写真1枚で毎日の食事を記録し、AI(人工知能)の画像解析技術によって栄養素を割り出し自動で登録します。食事管理の煩雑さを解消するとともに、感覚値ではなく、実数値で正しく健康状態を把握してもらうための有効な手段を提供しています。現在、緊急事態宣言の発令による外出自粛によって、在宅時間が急激かつ大幅に増加しています。これにより、運動量低下による「在宅太り」への懸念から、ヘルスケアやダイエットのニーズが高まり、「カロミル」の新規登録数も昨年と比較して約3倍のペースで伸びています。また、厚生労働省からは新型コロナウィルス感染症について「高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されています。(※1)」と発表しており、健康維持・改善が一層重視されるようになりました。

この状況に伴い、ライフログテクノロジーはこれまで有料で提供していたアプリ内の機能を、期間限定で無償開放することにいたしました。より多くの方に、自身の健康状態を正しく理解してもらうことは、感染予防の面でも重要であり、健康維持によって重症化するリスクの減少を目指すことで、医療現場への貢献にも繋げていきたいと考えています。

※1https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/yobou/index_00013.html

◼︎◼︎ キャンペーンの概要 ◼︎◼︎
名 称:ステイホーム健康支援キャンペーン
期 間:2020年5月18日~6月30日
内 容:期間中に新規会員登録ユーザー様にアプリ内の有料機能を無償開放(以下詳細)
    I血圧管理基本機能(240円/月):日々の血圧データを記録しグラフ表示できる
    II血糖値管理基本機能(240円/月):日々の血血糖値データを記録しグラフ表示できる
    III食事画像リアルタイム解析のチケット:通常3枚を100枚付与
     ※通常の食事画像解析機能は無料のまま

App : https://apps.apple.com/jp/app/rong-yang-guan-li-daiettosns/id963055562
Android : https://play.google.com/store/apps/details?id=com.calomeal.android&hl=ja


▼▼プレスリリースのPDFデータはこちらからどうぞ▼▼
https://prtimes.jp/a/?f=d18894-20200506-5693.pdf


【ライフログテクノロジー株式会社について】https://calomeal.com/
ライフログテクノロジー株式会社は、管理栄養士、エンジニア、データサイエンティスト、人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業です。2016年2月に創業し、東京本社のほか、宮崎、福岡に拠点があります。主な事業はヘルスケア アプリ「カロミル」の開発・運営ですが、大学や企業、医療研究機関などと健康管理や食生活に関する共同研究も行っています。また、カロミルで収集するユーザー約50万会員のきめ細かな喫食データをもとに、様々な切り口で統計データを抽出・分析し、現代のリアルな食生活の実態をレポートするオウンドメディア「カロミル食生活実態調査」(https://media.calomeal.com/)を運営しています。



社 名: ライフログテクノロジー株式会社(Life Log Technology, Inc)
所在地: 〒108-0023 東京都港区芝浦4-12-44 石川ビル5F
設 立: 2016年2月
資本金: 3億336万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役 棚橋繁行
弊社の事業やサービス、法人利用に関する各種お問い合わせは左記へお願いします。( info@calomeal.com )
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)