医療・医薬・福祉

フィリップスのAI搭載補聴器に耳あな型スタイルが新登場

デマント・ジャパン株式会社
超小型タイプや外部機器とのワイヤレス通信に対応したタイプなどスタイル拡充

フィリップスブランドの補聴器「フィリップス ヒアリンク」のAI搭載モデルに、「耳あな型」スタイルが新登場! 2022年11月16日(水)より全国のフィリップス補聴器取扱店にて発売いたします。


世界的な聴覚ヘルスケア企業デマントの日本法人、デマント・ジャパン株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木下 聡)は、同社が展開するフィリップスのAI搭載補聴器「フィリップス ヒアリンク 9030/7030/5030/3030/2030」において初の「耳あな型」スタイルを、2022年11月16日(水)より全国のフィリップス補聴器取扱店にて発売いたします。
新しい耳あな型補聴器は、新たにワイヤレス通信にも対応し、スマートフォンと連携して通話や音楽を直接補聴器にストリーミングすることが可能になりました※1。

フィリップスの補聴器を代表する「フィリップス ヒアリンク」(以下、ヒアリンク)は、AI (人工知能)音声処理技術「AIサウンドテクノロジー」を搭載し、多くの音が存在する賑やかな環境でも、会話をよりクリアに聞き取ることができます。2021年3月に先駆けて発売した「耳かけ型」スタイルに続き、新たに「耳あな型」スタイルが加わったことでユーザーの選択肢が広がり、より多くの聞こえに悩む人々に快適な聞こえを届けることが可能になりました。

ヒアリンク補聴器の「耳あな型」スタイルは、一人ひとりの耳の形に合わせてオーダーメイドで造られます。補聴器本体が耳あなに収まるため眼鏡やマスクの脱着に干渉せず、コロナ禍による生活スタイルにも相応する補聴器です。スタイルは、装用中ほとんど見えないAI搭載モデルで最小サイズの超小型「IIC」から、ワイヤレス通信機能をはじめフル機能を搭載できる少し大きめの「フルシェル」(新登場)まで全5つのスタイルが揃っており、ユーザーの聴力や生活スタイル、好みにあわせて選択できます。カラーは、肌の色に馴染むベージュおよびスタイリッシュなダイヤモンドブラックの2色がメインカラーとなります。
フィリップス ヒアリンク補聴器 耳あな型 5つのスタイル(左から、IIC、CIC、ITC(カナル)、ハーフシェル(HS)、フルサイズ(FS)
フィリップス ヒアリンク補聴器は、搭載チップやAI(人工知能)搭載の進化により、装用中のさまざまなシーンに自動で即応することが可能であり、よりクリアな聞こえで一日中快適に使用できるよう進化しています。当社は「目立たない、使いやすい、先進技術」という消費者ニーズに応える補聴器を提供し、聞こえに悩む人々が豊かな人生を送れるようサポートしてまいります。

フィリップスのAI音声処理技術「AIサウンドテクノロジー」
フィリップス ヒアリンク補聴器に搭載された「AIサウンドテクノロジー」は、従来の補聴器の音声処理技術における固定ルールに縛られず、トライ&エラーを重ねた学習済みのAI(人工知能)が自らの蓄積した知識をもとに音声処理を行う技術です。これにより、さまざまな音や会話が存在する賑やかな環境でも、会話をよりクリアに聞き取ることが可能になりました。
外部機器とのワイヤレス接続で、音楽や通話を直接補聴器にストリーミング
新しい耳あな型補聴器は、新たにBluetooth(R) 低エネルギー(BLE)無線技術を搭載し※1、iPhone やAndroid™デバイスに接続して音楽や映画、通話などを直接補聴器にストリーミングすることが可能です。これにより、周囲の音が気にならず、より快適にエンターテイメントを楽しむことができます。
ハンズフリー通話に対応
耳あな型補聴器※1が、新たにiOS向けの「ハンズフリー通話機能」に対応しました※2。当機能はヒアリンクに搭載されたBluetooth(R) 低エネルギー(BLE)無線技術によって実現するもので、相手の声が直接ストリーミングで補聴器に届き、またユーザーの声は補聴器のマイクが拾って相手に届けます。そのためユーザーは両手が自由になり、仕事や家事をしながらハンズフリーで快適に通話を楽しむことができます。

【製品概要】
■製品名: フィリップス ヒアリンク 9030/7030/5030/3030/2030  全5シリーズ
■スタイル: 耳あな型 IIC、CIC、ITC(カナル)、ハーフシェル(HS)、フルシェル(FS) 全5スタイル
■発売日: 2022年11月16日(水)
■価格: オープン価格 ※補聴器本体は非課税です。
■適合範囲: IIC/CIC:75・90(軽度~高度・重度難聴)
        ITC/HS/FS:75・90・100(軽度~高度・重度難聴まで)
■使用電池: 空気電池 (IIC/CIC:10A電池、ITC/HS/FS:312電池)
■カラー: フェースプレート:ベージュ、ブラックの2色展開
シェル:ベージュ、クリア、ブラック、ブルー、レッドの5色展開
■防塵・防水: 防塵・防水の国際保護等級IP68取得。日常生活防水仕様。

フィリップス ヒアリンク補聴器の詳細についてはこちらをご覧ください。
https://www.hearingsolutions.philips.co.jp (公式サイト)




AI技術搭載フィリップス ヒアリンク補聴器 耳あな型スタイル(ITE)
フィリップス ヒアリンク補聴器 耳あな型IICスタイル装用イメージ


超小型のフィリップス ヒアリンク補聴器 耳あな型スタイル

・フィリップス補聴器 お取り扱い店舗
 https://www.hearingsolutions.philips.com/ja-jp/locations
・フィリップス補聴器 カスタマーサービス
 電話:044-382-5800(平日9:30-17:30)
 お客様お問い合わせフォーム:
 https://www.hearingsolutions.philips.com/ja-jp/support/contact-us
・フィリップス補聴器公式Facebookページ
 https://facebook.com/PhilipsHearingSolutionsJapan/
・フィリップス補聴器公式Youtubeチャンネル
 https://www.youtube.com/channel/UCmmmvlpsrYWF4U9DmxN0C5Q

※1 ヒアリンクのBluetooth(R)搭載モデル ITC(カナル)、ハーフシェル、フルシェルにて対応(IIC、CICスタイルは非対応)。iPhone(R) / iPad(R)(iOS13以上)、一部のAndroid™端末(OS10以上でAHSAに対応)を推奨。
※2 ハンズフリー通話機能は、ヒアリンク 9030、7030、5030、3030、2030にて利用可能。iPhone、iPadを用いたハンズフリー通話は、iPhone 11 以降かつiOS15.2 以降、iPad OS 15.2 以降で動作するiPad でご利用いただけます。互換性に関する詳しい情報はwww.hearingsolutions.philips.com/ja-JP/compatibilityをご覧ください。Android 端末では、フィリップス オーディオクリップの併用が必要です。

<商標について>
・Apple、Appleのロゴ、iPad、iPhone、iPod Touchは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc. のサービスマークです。Android および Android ロゴ、Google Playおよび Google Play ロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
・Bluetooth(R)のワードマークおよびロゴはBluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、Demant A/Sはこれらのマークをライセンス契約に基づいて使用しています。
・文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。

【デマントについて】
デマントは世界有数の聴覚ヘルスケアグループであり、同社はロイヤル フィリップス社と補聴器事業における商標ライセンス契約を2018年に締結。Philipsブランドの補聴器を開発・製造し、世界中の市場に提供しています。日本では2020年1月にフィリップス補聴器の販売を開始し、年々ユーザー数を拡大しています。
聴覚ケア、健康、イノベーションを礎に展開するDemant(デマント)は、世界130カ国以上で聴覚ヘルスケアに関連するビジネスを展開しています。1世紀以上にわたり、人々の聞こえと健康の改善に努め、生活、そして人生に変化をもたら革新的なテクノロジーとノウハウの開発をおこなっています。詳しくはhttps://www.demant.com/ をご覧ください。
当社はフィリップス ヒアリンク補聴器とともに、より良い聞こえを提供し「人とつながる、世界とつながる」ためのソリューションをさらに進化させ、難聴者と聴覚ケアの専門家双方のために革新的なソリューションを提供してまいります。フィリップス補聴器詳細については、https://www.hearingsolutions.philips.co.jp/ をご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)