美容・健康

なかなか聞けない女のホンネ。エイジングケアっていつから必要?何がおすすめ?

株式会社プロアス
株式会社プロアス(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:伊藤 泰充、以下、プロアス)は、40歳から55歳までのエイジングケアを実施している女性350人を対象に「エイジングケア」に関する調査を実施。結果、「エイジングケアをもっと早くからやっておけば…」と後悔している人が全体の62%にも及ぶということが分かりました。女性のエイジングケアに対する現状を、アンケートをもとに紐解き、なぜ半数以上の人がエイジングケア(年齢に応じたケア)について後悔しているのかという実態と背景を考察していきます。



調査結果サマリ

・エイジングケアに興味を持った年齢は30代後半、実際始めたのは40代前半が最も多い
・エイジングケアをもっと早くからやっておけば…と後悔している人は全体の62%
・エイジングケア商品を選ぶ際の決め手は第1位が効果・効能、第2位は配合されている成分


エイジングケアに興味を持った年齢は30代後半、実際始めたのは40代前半が最も多い

女性なら誰しもが体感するであろうお肌の曲がり角。加齢による肌の変化に対して、既にエイジングケアを始めている女性が、エイジングケアに興味を持ったのは何歳くらいのときだったのでしょうか?また、実際に始めたのは何歳くらいのときだったのでしょうか?



アンケートの結果から、エイジングケアに興味を持った年齢は30代後半が最も多く、実際始めたのは40代前半が最も多いことが分かりました。また、興味を持った年齢ですぐにエイジングケアを始めた人がほとんどという結果に。
くすみやハリ不足などの肌の変化から興味を持ったという回答も多いことから、予防としてではなく、対処としてエイジングケアをはじめる人が多いことが推察されます。


エイジングケアをもっと早くからやっておけば…と後悔している人は全体の62%

お肌の変化を感じてからすぐに始める傾向があることはわかりましたが、実際に始めた時期については、過去を振り返ってどう感じているのでしょうか?


なんと約62%の人が「もっと早く始めていればよかった」「遅かった」と回答していることが分かりました。始めた時期が30代後半以降の人ほど「もっと前から始めていればよかった」と答えていることから、予防として30代前半からエイジングケアを始めておくことで未来の後悔を回避できる可能性が高いと考えられます。


エイジングケアで最も人気なのは化粧水などの基礎ケア商品

では、実際にエイジングケアを始めている人はどんな商品を使用しているのでしょうか?また、その化粧品を購入する際の決め手はなんだったのでしょうか?





現在使用しているエイジングケア商品・サービスでは、化粧水・美容液・クリームなどのデイリーケアの商品が多い結果に。商品を購入する際の決め手は第1位が効果・効能、第2位は配合されている成分となりました。

以上の結果から、お肌の変化を感じる前に早めにエイジングケアを開始すること、効果・効能や配合されている成分に着目してエイジングケア商品を選ぶことが、後悔のない未来のお肌を手に入れるための大きな鍵となるでしょう。


備えあれば患なし!「PDS NMN フェイスマスク」の積立型エイジングケア※1

DR.iSHiGURO+の「PDS NMN フェイスマスク」は高齢者医療の現場で活躍する医師が開発した、次世代型のエイジングケアアイテムです。世界中の医学関係者や美容家が注目している、1kgあたり4億円ともいわれる希少成分「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)※2」を配合。NMNは、もともと身体の中で生成されるビタミンB3成分のひとつですが、年齢を重ねるごとに役割を終えた成分は減少していきます。そのため外からNMNを補い、成分を体内で維持することが必要です。

NMNといえばサプリメント商品が主流ですが、サプリメントは腸内環境によって吸収率が左右されやすいともいわれています。DR.iSHiGURO+の「PDS NMN フェイスマスク」は、皮膚に貼って吸収することにより、状態に左右されにくく、希少性の高いNMN成分をより有用的に取り入れられるように考えられたアイテムです。さらに、先端技術のnano PDS加工を施すことで皮膚浸透性※3を向上させています。

DR.iSHiGURO+の「PDS NMN フェイスマスク」で、未来への肌投資をはじめてみませんか?

■「PDS NMN フェイスマスク」詳細:https://dr-ishiguro180.shop/promotion/facemask

※1:年齢に応じたケア
※2:整肌成分として
※3:角質層まで




調査概要

調査手法:インターネットリサーチ
調査対象:エイジングケアを実施している40歳から55歳までの女性(全国)
調査期間:2022年9月29日 ~ 2022年10月1日
回答数:386
有効回答数:379

アンケート内容
Q1このアンケートでは、あなたのエイジングケアに興味を持ったきっかけや始めた年齢、購入したことのあるエイジングケア商品・サービス(エステや美容皮膚科など含む)などについてお伺いする設問があります。以上をご了承いただきアンケートにご回答いただける場合は、「アンケートを開始する」をお選びください。
Q2エイジングケアに興味を持ったのは何歳くらいのときでしたか
選択肢:20代前半/20代後半/30代前半/30代後半/40代前半/40代後半/50代前半/50代後半/60代前半
Q3エイジングケアに興味を持ったきっかけは何でしたか
Q4エイジングケアを実際に始めたのは何歳くらいのときでしたか
選択肢:20代前半/20代後半/30代前半/30代後半/40代前半/40代後半/50代前半/50代後半/60代前半
Q5エイジングケアを実際に始めたきっかけは何でしたか
Q6エイジングケアを実際に始めた時期について今振り返ってどう感じますか
選択肢:早かった(もう少し遅くてもよかった)/ちょうどよかった/遅かった(もっと前から始めていればよかった)
Q7これまで購入したことのあるエイジングケア商品・サービスを教えてください(複数選択可)
選択肢:洗顔料/導入美容液/化粧水/美容液/クリーム/乳液/アイクリーム/フェイスマスク/サプリメント/エステサロン /美容皮膚科/その他
Q8現在使用しているエイジングケア商品・サービスを教えてください(複数選択可)
選択肢:洗顔料/導入美容液/化粧水/美容液/クリーム/乳液/アイクリーム/フェイスマスク/サプリメント/エステサロン /美容皮膚科/その他
Q9月々の平均美容代はいくらくらいかかっていますか※美容代:化粧品などの美容関連商品購入費用、美容院、エステサロン、美容皮膚科などを含む
選択肢:3,000円未満/3,000円~5,000円未満/5,000円~1万円未満/1万円~3万円未満/ 3万円~5万円未満/5万円~7万円未満/7万円~10万円未満/10万円以上
Q10エイジングケア商品を購入する時の1番の決め手を教えてください
選択肢:効果・効能/配合されている成分/知人・友人からの紹介/口コミ/価格/購入場所/パッケージ/イメージモデル/インフルエンサーの発信/その他
Q11エイジングケア商品をどこで買っていますか(複数回答可)
選択肢:ECモールサイト(Amazon、楽天市場など)/化粧品ブランド・メーカーの公式サイト/デパート/コスメセレクトショップ(複数のコスメブランドが集まった店舗)/ドラッグストア/生活雑貨ショップ、バラエティショップ(無印、LOFT、PLAZAなど)/フリマアプリやオークションサイト(メルカリ、ヤフオクなど)/その他
Q12 下記の成分についてそれぞれお答えください
ナイアシンアミド/プラセンタ/レチノール/ヒアルロン酸/フラーレン/アスタキサンチン/ハイドロキノン/ヒト型セラミド/アルブチン/NMN

【引用・転載のクレジット表記に関するお願い】
本調査データの引用・転載時には、必ず当社クレジット「株式会社プロアス 」をご記載ください。


会社概要

会社名:株式会社プロアス
代 表 者:代表取締役社長 伊藤 泰充
設  立:1978年10月4日
事業内容:
■在宅医療支援サービスの企画・開発
■システムの設計・開発
1.医事会計システムや調剤薬局向け患者会計システムパッケージソフトの企画・開発
2.販売・物流管理システムの開発・保守
■システム販売業務
インターネット・イントラネット、WAN・LAN環境の構築
コンピュータ関連機器・各種パッケージソフトの販売サポート
■コンサルティング業務
■管理医療機器販売業・賃貸業 届出済(大阪本社)
■サプリメント、健康食品等の企画、卸売、小売及び輸出入
■化粧品の企画、卸売、小売及び輸出入
本社:〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-5-33 新大阪飯田ビル4階
URL:https://www.proas.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)