美容・健康 流通

髪・肌に合わせカスタマイズするという新発想のマルチケアオイル「 クロノシャルム オイル エスケープ 1.0/2.0」発売

Reno Beauty株式会社
2023年1月1日(日)より発売開始

Reno Beauty株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中誠太朗)は、CHRONO CHARME( クロノシャルム ) から待望のスタイリングラインとして、「リノ クロノシャルム オイル エスケープ 1.0」と「リノ クロノシャルム オイル エスケープ 2.0」の2種を発売致します。 クロノシャルムを象徴するオリジナルフレグランス「ESCAPE(エスケープ)」を採用し、ブランドとして初めて製品名と致しました。 また、美容の専門家が開発したからこその発想で、利用者を第一に考えたどり着いた、一人一人の髪質・肌質に合わせられるようオイルを自分好みに混ぜ合わせカスタマイズ出来る設計となっております。



非日常へのエスケープ 洗練されたセンシャルな香りで、心満ちる時間を



リノ クロノシャルム オイル
エスケープ 1.0 50ml / 3,960円
エスケープ 2.0 50ml / 3,960円

2023年1月1日(日)新発売


日々のスタイリングに加え、スカルプケア、ヘアケア、全身のスキンケアにも 使えるマルチケアオイル



完全会員制サロン発のクオリティ 美容の専門家が開発したからこそ出来る高品質なプロダクト


天然由来成分約 99.2% のナチュラル設計 あなた自身だけでなく、環境にも配慮したマルチケアオイル


甘美な香りを身にまとう サロンオリジナルのアロマを使用したラグジュアリーな体験


日常からの解放・優雅な逃避行 オリジナルアロマ「エスケープ」



「エスケープ」と名付けられたこの香りは、ベルガモットの柑橘系の香りに、フランジュパニやイランイランの華やかな花々しさ、 クローブやパチョリのスパイシーさを中心に調合。 爽やかさに深い甘みとエキゾチックさを掛け合わせたオリエンタルウッドの香りは、あなたを現実から癒しの世界へみちびきます。


用途や髪質に合わせた 2 種類のテクスチャーをラインナップ



リノ クロノシャルム オイル エスケープ 1.0
<テクスチャー>
・水のように軽くさらりとしたテクスチャー
< おすすめの髪質 >
・軟毛~普通毛向き
< おすすめの用途 >
・ドライヤー前のアウトバス剤
・毛量が少なめ~普通の方のスタイリング剤
・スキンオイル、ハンドオイル、シェービングオイル

リノ クロノシャルム オイル エスケープ 2.0
<テクスチャー>
・保湿性が高く、重めでしっとりしたテクスチャー
< おすすめの髪質 >
・多毛、くせ毛、乾燥毛、ダメージ毛
< おすすめの用途 >
・多毛、くせ毛、乾燥毛、ダメージ毛向けアウトバス剤
・ボリュームダウン目的のスタイリング
・ツヤ感のあるスタイリング剤※つけすぎはオイリーになるため注意
・スカルプやボディのマッサージオイル、乾燥が気になる部位の集中ケア


髪質、肌質のお悩みに合わせたカスタマイズ処方

1 種類でももちろん、2種類のオイルをブレンドしてお好みの質感、仕上がりに。





クロノシャルム とは



日々の生活のストレスによる体内時計の乱れに着目した東京 広尾の完全会員制サロン「Reno 801」が開発したビューティーケアブランド。これまでヘアケア領域では初めてとなる「クロノシャルディ」を 配合したシャンプーやトリートメントなどのバスケアアイテムを中心に製品を展開。
2022 年春には北海道 ニセコの原生林に佇む日本旅館「坐忘林」を手掛けたことで知られる クリエイティブディレクター Shouya Grigg ( ショウヤ・グリッグ ) とタッグを組み、ショウヤ・グリッグが 新たに手掛けるコンセプトヴィラ “SHIGUCHI ( シグチ )” とのコラボレーションを実現。
※今回のオイルでは製品の性質上、余市産ブドウエキスは使用しておりません。


田中 誠太朗 クロノシャルムファウンダー/ヘアメイクデザイナー



1985年北海道生まれ。美容業界を牽引するカリスマサロンでの経験を経て、数多くの著名人を担当。 サロンワークだけに留まらず CM や広告など多方面で撮影のヘアメイクも手掛け、TV 番組出演など 活躍の幅は多岐に渡る。
近年では、年間契約 100 万円の会員制ビューティーサロン「リノ 801」を経営し、北海道 余市の 白ブドウ由来成分使用した自社ブランドクロノシャルムを開発。 美容領域から、北海道の地方創生を掲げている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)