医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

第2回『ケアきょう 介護職川柳大賞』を開催!入賞作品を発表

株式会社カイゴメディア
~ 笑いあり苦労あり 介護職の想いとユーモアが582句! ~

介護領域に特化した動画・SNSメディアを運営する株式会社カイゴメディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役:向笠 元、以下カイゴメディア)ではこの度、エステー株式会社のご協賛のもと『第2回 介護職川柳大賞』を企画いたしました。 11月11日介護の日にあわせて介護職の想いを発表いたします。




介護職による川柳作品を介護職・ケアきょう編集部・「エールズ」マーケティング担当者が審査!介護職の課題や厳しさも織り交ぜ、ユーモアあふれる作品が出そろう
 当社運営の介護職向けメディア『ケアきょう』はYouTubeをはじめとした各種SNSで、トータル20万人もの介護職従事者をカバーしております。介護福祉業界の健やかな発展に貢献するべく、現場の最前線で業務に臨む介護職の方々に寄り添い応援したいという気持ちを大切に、私たちは常に双方向での意見交換の機会を持ち運営に活かしております。

 そこで介護職の皆さまを私たちらしい形で応援したいと考え、2021年11月に『第1回ケアきょう 介護職川柳大賞』を発足、アワード企画として実施いたしました。
 
 第2回となる今回は、新たに介護向けブランド「エールズ」を販売するエステー株式会社のご協賛のもと実施いたしました。介護職の現場の課題を端的に、またユーモアを交えて表現する川柳が多数寄せられました。


《開催概要》
作品募集期間:2022年10月3日~16日
募集方法:当社運営YouTube、各種SNSにて告知
応募総数:582作品
審査方法:1)一次審査:『ケアきょう』編集部・エステー株式会社にて67作品まで選抜     
2)二次審査:『ケアきょう』YouTubeにおいて介護職従事者から投票を実施
--------------------------------------------------------------------------------------------
■入賞作品
金賞:「寝たきりで 口に出ないが 感謝の目」
銀賞:「蒸し風呂に マスクにガウン でも痩せぬ」 
銅賞:「この靴は 貴女のものかな シンデレラ」
審査員特別賞(エステー賞): 「ごめんねが エールズ使い ありがとに」
審査員特別賞(ケアきょう賞): 「さあ介護 コロナ疲れも 笑顔見せ」
--------------------------------------------------------------------------------------------



(審査総評:エステー株式会社グローバルマーケティング部門 三浦健治 様)



エステーは2017年に介護現場の不満・不便を解消するブランドとして「エールズ」を立ち上げ、お陰様で発売5周年を迎えることができました。「消臭力」で培った独自のエアケア技術で介護現場におけるニオイの困りごとを解決していきます。
今回の「介護川柳企画」に参加をさせて頂き、昨年を大きく上回るご応募を頂けたということで大変嬉しく思いました。
介護現場で活躍しておられます介護職の皆様の、日頃の思いが川柳に込められていたと感じております。ユーモア溢れるものから、心に響くものなど非常にレベルの高い内容でした。
我々はこれからも、介護する方・される方を応援(エール)して参ります。

(審査総評:カイゴメディア代表 向笠 元)




『ケアきょう』は、介護職の皆さまにお役にたてるような動画・SNSでの情報発信をしております。介護のやりがいを感じられるような、また、日々の大変なこともクスっと振り返れるような、そんな情報をお届けし、介護業界で働く皆さまをお支えしていきたいと思っております。
昨年好評を頂きました、ケアきょう川柳大賞もお蔭様で無事第2回を実施させて頂くことができました。今年は、より多くの魅力的な作品をエントリー頂き、非常に嬉しく感じています。
一方で、昨今のコロナ禍における介護現場の大変さを表現する作品もあり、エッセンシャルワーカーとして現場を支えてきた介護職の方々に改めて感謝の気持ちを感じました。
今後も、『ケアきょう』では、世の中への問題提起や新たなサービス展開を通じて、より働きやすい介護現場の実現に尽力してまいりたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------



たくさんの作品によって介護職の方々の本音を知る機会ともなりました。また、作品を応募してくださった方々や投票してくださった方々と共に、川柳を介して思いや課題を共有することもできました。参加してくださった方々へ厚く御礼申し上げます。

『ケアきょう 介護職川柳大賞』は今後も毎年定期開催してまいります。介護業界で働く皆さまを応援する企画を実施し、介護現場の課題をご一緒に考えていく機会としていく所存でございます。


「エールズ」シリーズについて

ケアきょうでは、「エールズ」が使用できる下記の5つのシーンを詳細に解説。
ニオイの発生原因と対応する商品の紹介をしました。
また22年秋には使用済みおむつを捨てるゴミ箱用の消臭剤が新製品として発売しました。
1.ベッドや布団に染み付いたニオイ
2.ポータブルトイレのニオイ
3.使用済みおむつ・パッドから発生するニオイ
4.施設の空間全体に漂うモワッとしたニオイ
5.使用済みおむつを捨てるゴミ箱からのニオイ(新製品)


「消臭力」でおなじみのエステーから販売されているこうした介護現場のニオイの悩みに応えて開発をされた介護専用の消臭剤・脱臭剤
長年の研究・開発を活かして、介護現場特有のニオイに効果的な介護専用消臭剤・脱臭剤です。

布団や衣類などの布製品には「エールズ 消臭力 ふとん消臭スプレー」




本体
370mL
つめかえ
320mL

布団や衣類などの布製品のニオイには「エールズ 消臭力 ふとん消臭スプレー」がおすすめ。
介護空間の複合臭※1に特化した「5D消臭」処方※2で、
布団や衣類などの布製品に染み付いたニオイの悩みを軽減することができます。
清潔感のある”ホワイトソープの香り”で、布製品の除菌・抗菌24時間効果※3もあります。
※1 介護空間に漂う臭気成分。
※2 「介護空間の複合臭」に対して効果的に消臭する処方。
※3 全ての菌に効果があるわけではありません。使用環境によって持続時間が異なります。

ポータブルトイレには「エールズ 消臭力 ポータブルトイレ消臭シート」


ポータブルトイレのニオイには「エールズ 消臭力 ポータブルトイレ消臭シート」がおすすめ。
尿臭・便臭をスッキリ消臭するシート。シートタイプなので液体タイプと異なり、計量する手間や、こぼす心配もありません。

使用済みおむつの後始末には「エールズ おむつニオわない炭シート」


使用済みおむつ・尿とりパッドの後始末には「エールズ おむつニオわない炭シート」。
ビニール袋やおむつ用ゴミ箱に直接入れるだけで、炭配合のシートが使用済みのおむつ・パッドの気になるニオイを吸いとります。
ニオイもれやニオイ移りを防ぐので、お出かけ時の持ち帰りにも活用できます。

介護空間に漂う複合臭には「エールズ 消臭力」



「エールズ消臭力」は置くだけで介護空間に漂う尿臭・便臭・加齢臭・汗臭・湿布臭(サリチル酸メチル)の複合臭を消臭します。
「5D消臭」処方※1で介護空間をさわやかにします。また、ナノパウダー※2配合で、すばやく強力に空間を消臭し、共有スペース・玄関・居室、その他様々な場所で使用できます。

香りは、清涼感のある”グリーンハーブの香り”と、清潔感のある”ホワイトソープの香り”の2種類です。

※1「介護空間の複合臭」に対して効果的に消臭する処方。
※2 ナノレベルの孔(あな)を持つ、悪臭を吸着する消臭剤。


使用済みおむつを捨てるゴミ箱には「消臭力 エールズ おむつゴミ箱用」




「消臭力 エールズ おむつゴミ箱用」は使用済みのおむつや尿とりパッドを捨てるゴミ箱からもれる尿臭や便臭のニオイをしっかり消臭する“介護専用”に特化したリキッドタイプの消臭剤です。
悪臭を香りの一部として取り込むことで、さらに良い香りに変える“ペアリング消臭”で、香りは、清潔感のある「すっきりシトラスの香り」です。“貼る”“吊るす”ことができる両用タイプとなっているため様々なタイプのゴミ箱に使うことができます。


ケアきょうとは
介護職向けSNS動画メディアとして国内最大級のフォロワーを有している。

2022年時点でケアきょうをフォローしている介護職はおよそ20万人と全国の介護職のおよそ1割をカバー。YouTubeやTwitterなどで介護に関する情報を配信している。

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCNkibDFHKRpY3KNm-jTTIsQ/featured
Twitter(ツイッター)
https://twitter.com/CareKyo
WEBサイト
https://carekyo.com/


[企業情報]
商号   :株式会社カイゴメディア
代表取締役:向笠 元
設立   :2018年7月
所在地  :東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27ー5 リンクスクエア新宿15階
事業内容 :動画配信・SNSメディア運営事業
介護事業法人向けマーケティング支援事業
ホームページ:https://kaigomedia.co.jp/
メールアドレス:info@kaigomedia.co.jp

▼本プレスリリース・マーケティング支援内容に関するお問合せはこちら
カイゴメディア 担当
info@kaigomedia.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)