美容・健康 ホテル・レジャー

革新的なサウナ施設を“今行くべき全国のサウナ”として表彰「SAUNACHELIN 2022」を発表

TTNE株式会社
老舗施設から新設施設まで幅広いジャンルのサウナがランクイン千葉県・“スパメッツァおおたか竜泉寺の湯”が温浴施設として初の1位を獲得!

 サウナー専門ブランドを運営するTTNE株式会社は、2022年11月11日の“ととのえの日”に、革新的な”今行くべき全国のサウナ”11施設「SAUNACHELIN 2022」、サウナ啓蒙活動に貢献した11名(団体・企業)「Saunner of the Year 2022」を同時発表いたします。



 「SAUNACHELIN(サウナシュラン)」は、既存の枠に捉われず、新しい試みにより新たなサウナの価値を導き出した革新的なサウナ施設を、“今行くべき全国のサウナ施設”として毎年11月11日に発表・表彰しています。

 今回1位に選出されたのは、温浴施設として初の1位獲得となった【スパメッツァおおたか竜泉寺の湯(千葉県)】。15種のお風呂や6種の岩盤浴、そして、こだわりの3種のサウナと温度・深さの異なる3種(女性は2種)の水風呂を備えた関東最大級のスパ&サウナ施設。目玉の「ドラゴンサウナ」では5基のサウナストーブが順次10分おきにロウリュをスタート。毎時0分には5基が一斉にロウリュをはじめるメッツァ名物「ドラゴンロウリュ」は圧巻の大迫力です。これまで、サウナ専門施設や宿泊施設が軒並み上位を占めていたSAUNACHELINのランキングですが、スパメッツァおおたか竜泉寺の湯の登場により温浴施設のサウナ体験の価値が向上し、国内のサウナ文化に新たな風を吹かせてくれました。


■世界遺産を望めるサウナや、世界的建築家が担当した世界に誇れるサウナが続々と誕生
 今年のランキングの特徴として、【北こぶし知床 ホテル&リゾート(北海道)】【sankara hotel&spa 屋久島(鹿児島県)】【SANAMANE[SAZAE](香川県)】と立地やデザイン性で世界に誇ることができる施設がランクインしました。
 「北こぶし知床 ホテル&リゾート」は、世界遺産・知床の大自然と流氷を見ながら入れる日本唯一のサウナです。サウナ界に衝撃を与えた三次元デザインサウナ「UNEUNA」に加えて今年は、専用サウナ&露天風呂が付いたスパスイートがニューオープンし止まらぬ進化を遂げています。「sankara hotel&spa」は、屋久島の東南、山を背に海を臨む緑深き高台に佇むリゾートホテルです。世界遺産の島で、自然に溶け込むスペシャルな体験ができます。アートの聖地・直島のグランピング型リゾート施設「SANA MANE」に世界でも類を見ないサウナ「SAZAE」が誕生。その名の通り、サザエの外殻に着想を得た特徴的なフォルムです。設計は隈研吾建築都市設計事務所の隈太一氏が担当しました。
 世界遺産を望むことができる特別なシュチエーションや、建築家が手掛けるこれまでにないサウナデザインの元で提供するサウナ体験は、日本のみならず訪日外国人の方々にも楽しんで頂ける施設となっております。






■オフィスにサウナで働き方改革!日本で第1号となるフィンランド式の「オフィスサウナ」
 「SAUNACHELIN 2022」の特別賞は株式会社タマディック社内のサウナ「LUOVA SAUNA」が受賞。「LUOVA SAUNA 」は社員の健康とコミュニケーション活性化を図る狙いでタマディックの新社屋に導入された社員専用のサウナです。様々な場面でサウナを体験できるようになった昨今ですが、オフィスにサウナを導入したことは革新的な取り組みと評価され受賞にいたりました。



「SAUNACHELIN 2022」


SAUNACHELIN(サウナシュラン)とは:TTNEのサウナ啓もう活動に賛同する様々な業界の「プロサウナー」が審査委員となり、11施設をノミネート。全国9,600施設以上ともいわれるサウナ施設の中から、水風呂・外気浴スペース・ホスピタリティ・男女の有無・料金設定・清潔性・エンタテイメント性・革新性などの観点で評価。既存の枠に捉われず新しい試みにより、従来のイメージより新たなサウナの価値を導き出し、サウナ愛を通じてより多くのサウナーをととのえた革新的なサウナ施設を、“今行くべき全国のサウナ施設”として毎年 11月11日「ととのえの日」に発表・表彰。また、新しくオープンした施設だけではなく、既存の施設をリニューアルした施設、リノベーションによって誕生した施設など、新規性のみにとらわれることなく“今行くべき全国のサウナ施設”を評価をしております。



SAUNACHELIN 2022 受賞施設一覧(ランキング順)
1.スパメッツァおおたか竜泉寺の湯(千葉県/流山市)
2. Thermal Climb Studio Fuji(静岡県/裾野市)
3. The Sauna(長野県/上水内郡)
4.北こぶし知床 ホテル&リゾート (北海道/斜里郡)
5. 8HOTEL SHONA FUJISAWA(神奈川県/藤沢市)
6.神戸サウナ&スパ(兵庫県/神戸市)
7. SANAMANE[SAZAE](香川県/香川郡)
8. SAUNALAND ASAKUSA -サウナランド浅草-(東京都/台東区)
9. sankara hotel&spa 屋久島(鹿児島県/熊毛郡)
10. The Hive(富山県/中新川郡)
11.お風呂とサウナ PARADISE(東京都/港区)
特別賞:株式会社タマディック LUOVA SAUNA
※1,4,7,9はTTNEプロデュース(監修)サウナ
※5,9,11はリノベーションサウナ
※6はリニューアルサウナ


「SAUNACHELIN 2022」TOP3

1.スパメッツァおおたか竜泉寺の湯(千葉県/流山市)


15種のお風呂や6種の岩盤浴、そして、こだわりの3種のサウナと温度・深さの異なる3種(女性は2種)の水風呂を備えた関東最大級のスパ&サウナ施設。目玉の「ドラゴンサウナ」では5基のサウナストーブが順次10分おきにロウリュをスタート。毎時0分には5基が一斉にロウリュをはじめるメッツァ名物「ドラゴンロウリュ」は圧巻の大迫力。まるで竜が唸るように風が吹き込み、一気に熱波が室内に広がる……あの衝撃は、間違いなく忘れられない体験になる。

2. Thermal Climb Studio Fuji(静岡県/裾野市)


富士山の麓に、お風呂のソムリエ・松永武氏がプロデュースした会員制サウナ施設。フィンランドから取り寄せたケロサウナや、ドイツのクナイプとトルコのハマムが同室で楽しめるテルマリウム、ドイツの伝統的なベンベルグサウナ、富士山の伏流水を注ぎ込んだ深さ1mの水風呂など、大自然の中に世界のサウナが集結。「サーマルクライム(熱の登山)」という、今までのサウナの概念を覆すような体験を味わえる、サウナ界の新テーマパーク。

3. The Sauna(長野県/上水内郡)


アウトドアサウナのパイオニア。今年2棟の貸切型のサウナ小屋が新たにオープン。さらなるレベルアップを遂げ、2019年以来の2度目のランクイン。全4棟すべてが薪ストーブを採用しており、揺らめく炎を眺め、薪がはぜる音や川のせせらぎに耳を傾け、ヴィヒタや木の香りに包まれながら、やわらかな熱で汗を流すことができる。黒姫山の伏流水を引き込んだ樽水風呂や野尻湖へのダイブでクールダウン。日本にいることを忘れてしまうような別世界で、自然に溶けながら極上のととのいを。


「 Saunner of the Year 2022」

 「Saunner of the Year(サウナー オブ ザ イヤー)」では、 “サウナで汗をかくだけに留まらず、プロサウナーとしてサウナのために汗をかき、 サウナ啓蒙活動に貢献した11名(個人・団体・企業・イベント)”を表彰します。

■「Saunner of the Year」、タレントから企業まで幅広いジャンルがラインナップ!藤森慎吾さんが殿堂入り
 今年は、タレントの「藤森慎吾さん(オリエンタルラジオ)」が3年連続グランプリ受賞で堂々の殿堂入り。また、計3つのマイサウナ(SSS/しげおサウナ施設)を持っている芸能界きってのサウナーの「高橋茂雄さん(サバンナ)」も新たにノミネートされました。さらに今年は移動型宿泊施設「HUBHUB 日本橋人形町」を運営する「三井不動産」やサウナ界の著名人たちが監修する物販イベント「全国サウナ物産展」など、メディアやタレントのみならず、企業やイベントもノミネートされ、世の中にサウナが広く受け入れられ、浸透してきたことを表す結果となりました。
 TTNE株式会社は「SAUNACHELIN」を通じて、全国のサウナ施設が、様々なアイデアやチャレンジにより積極的に果敢に挑戦してくれるきっかけとなることを目指します。また、このような全国の施設の活性化が、日本 のサウナ市場の進化につながってくれることを切に願っています。

Saunner of the Year 2022 受賞者一覧(五十音順・敬称略)
Aufguss Professional Team(アウフグース)
しらかばスポーツ(ウィスキング)
全国サウナ物産展(イベント)
高橋茂雄(お笑い芸人)
タナカカツキ(マンガ家)
十勝サウナ協議会(協議会)
藤森慎吾(タレント)
マグ万平の のちほどサウナで(YouTube)
総合不動産デベロッパー 三井不動産株式会社/HUBHUB事業三井不動産(企業)
柳橋弘紀(TVプロデューサー)
LAST PARADISE 死ぬまでに行きたい
日本のサウナ(書籍)










「サ旅シュラン 2022」

■究極のサ旅を提供する「サ旅シュラン」企画、2年目に入りパワーアップ
 昨年に引き続き、サウナ旅行を促してきた「JAL サ旅」とのコラボレーションが今年も実現。今年の「サ旅シュラン 2022」は、厳選した2つの究極なサ旅をイベント型ツアーとしてご提供します。参加人数を絞ったプレミアムコンテンツとして展開予定です。


「サ旅シュラン 2022」特徴
・今年を含めたサウナシュラン受賞施設の中から厳選した2箇所を舞台に、究極のサ旅コンテンツを盛り込んだイベント型ツアーを提供します。
・詳細や申込受付開始については、TTNE/JAL各社のSNS、メールマガジン、ウェブサイト等を通じてタイムリーに発信してまいります。
※なお、当企画は予告なく変更・中止となることがあります。







JALは「サ旅」と題し、全国各地の魅力的なサウナ施設を紹介するとともに、全国各地に遠征するサウナーを応援しています。JALでは、サ旅を起点に、メディア事業、アライアンス運営、タイアップサービスなどの各種取り組みにより、世界に誇れる新たな日本のカルチャー創りに貢献。今後、世界各国のサウナ文化へも当活動を拡大予定です。
サ旅公式サイト: https://www.jal.co.jp/jp/ja/other/sauna/


Sponsor

サウナシュランを応援してくださっている企業から協賛もいただいており、活動をサポートいただいています。



ハルビア社日本総代理店 株式会社バーグマン
創業から70年、ハルビアはフィンランドのサウナヒーターメーカーから、世界的なサウナ&スパブランドへ進化を遂げました。世界80カ国以上・200社を超えるパートナーと共に、サウナ&スパを通じて「Healing with Heat(熱と癒し)」をご提供します。



株式会社エコストアジャパン
“まるごとやさしい毎日”を叶える、ナチュラルデイリーケアブランド。 Instagramを使ったフォロワーへのプレゼントキャンペーンとSaunner Of The Year受賞者への詰め合わせギフトを提供します。


NUNW株式会社
デジタルトレカ型のNFTマーケットプレイス【HABET】と会員制SNS【FOLLOW ME】を運営。すべての自分らしさに価値を人間ひとりひとりが必ず持っている“自分らしさ”を、素敵に、手軽に、表現できる機会を創出し、誰もが、自分自身の価値や周りの人
            の価値に、気づき・共感し・リスペクトし合える社会を実装していきます。【HABET】
            にてCLUB[TTNE]会員にSAUNACHELIN 2022限定NFTを37名にプレゼント。


株式会社ニューバランスジャパン
われわれは、責任あるリーダーシップを明示することによって、アスリートが誇りを持って身に付け、社員が誇りを持って世に送り出し、コミュニティが誇りを持って受け入れることのできるグローバルブランドを築きます。Saunner of the Year2022受賞者にギフトをプレゼント。



TTNE

 TTNEのロングセラー商品であり、サウナライフに欠かせないアイテムの一つであるサウナポンチョとサウナハットがデザインを一新し、2022年11月12日(土)より数量限定で発売。



Saunner™️ Multi-Color Ponchoと名付けられたこのポンチョはカラーリングの大胆な切り返しとカラフルなバリエーションが楽しい一枚。身体の冷えから守る機能性ウェアだったサウナポンチョをファッションアイテムとして楽しめる仕様に昇華した[TTNE]サウナ師匠こと秋山大輔の意欲作。




Saunner™️ Multi-Color Ponchoと合わせて被りたい、ポンチョと同カラーリングのサウナハットも同時発売。
[TTNE]の新しいシンボルマークとなったT iconがフロントに刺繍され、クラシカルなウール素材でトップのフックのカラーリングもポイントに。


Saunner™️ Multi-Color Poncho
Color : Beige/Black , Blue/Beige ,Red/Black , Purple/Black
Price : ¥15,950(inc.tax)
Size : Free

T icon Multi-Color Sauna Hat
Color : White/Black , Blue/Beige ,Red/Black , Purple/Black
Price : ¥4,400(inc.tax)
Size : Free


TTNEは、ととのえ親方こと松尾大・サウナ師匠こと秋山大輔が主宰する、サウナー専門ブランド。“オジさん”イメージが強い日本のサウナに、北欧のように若者を中心に幅広い層に受け入れられるデザインされたサウナ文化を根付かせたいという思いから2017年に発足。11月11日をサウナの記念日「ととのえの日」に制定(日本記念日協会認定)。「Saunner」ロゴデザインによるファッションやグッズを販売。現代の日本で心身ともに最も“ハード&クリエイティブ”な活動を展開する人々とともにサウナのプロデュースやイベントの開催などの活動を通じて、日本におけるサウナのリブランディングを目指す。TTNEオフィシャルサイト : https://ttne.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)