教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

LGBTQ+への取り組みの評価指標「PRIDE指標」で順天堂大学が最高評価の「ゴールド」認定を取得

学校法人 順天堂
学校法人順天堂(理事長:小川秀興、学長:新井 一)は、任意団体「work with Pride」が策定したLGBTQ+などセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBTQ+)への取り組みを評価する「PRIDE指標2022」において、最高評価の「ゴールド」認定を取得しました。





本指標は「1. Policy(行動宣言)」「2. Representation(当事者コミュニティ)」「3. Inspiration(啓発活動))「4. Development(人事制度・プログラム)」「5. Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)」の5つの評価指標によって評価されています。

主な取り組み ~健康総合大学・大学院大学として~
順天堂大学は、健康総合大学・大学院大学として、人を思いやる精神である「仁」を学是に、理念「不断前進」を掲げ、出身校や国籍、性別に関わらず優秀な人材に活躍の機会を与えるという「三無主義」の学風のもと、多様性の実現を推進しています。LGBTQ+当事者を含むアライ(Ally:当事者、非当事者問わずLGBTQ+など性的少数者への支援者や理解者であることを示す)の職員が中心となって自発的に参加できる「SOGI*をめぐる配慮と対応ワーキンググループ」を学内に設置し、学生や教職員、患者・家族の声や提案を反映した施策に取り組んでまいりました。
また、医学部を中心に6つの附属病院を有する順天堂大学だからこそできること、取り組むべきこととして、多様な性的指向・性自認(SOGI)への対応が未だに甚だしく立ち遅れ、重大な課題が残る「医療業界」を変えるべく、まずは順天堂医院(院長:高橋和久)を中心に活動を展開しています。患者さんや同性パートナーを含む家族が受診をためらったり、不安に思うことなく利用できる病院づくりを目指して、順天堂医院ではワーキンググループを中心に、制度の導入・改善を現場から推進。匿名で、かつ無料で利用できるSOGI相談窓口の設置および院内横断的な各診療科との連携体制を構築しています。

*SOGIとは「Sexual Orientation & Gender Identity」の頭文字を取ったもので、すべての人が持つ性的指向・性自認を表す言葉です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)