医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

ウェルビーイングアワード開催記念ウェビナー 「ウェルビーイングテーブル」開催のお知らせ

株式会社朝日新聞社
~最大“多様”の幸福と健康を考える社会とビジネスの実現を目指して~

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:中村史郎)は、株式会社Hakuhodo DY Matrix、株式会社SIGNINGとともに、本日11月11日よりウェルビーイングアクション実行委員会を設立し、多様な幸福と健康に向き合い、認め合える社会づくりに貢献したウェルビーイングな「商品」「サービス」「活動」「人物」を表彰する「ウェルビーイングアワード」の開催を決定しました。「ウェルビーイングアワード」は前野隆司・慶応義塾大学教授と宮田裕章・慶応義塾大学教授の両名を審査委員長に迎え、11月25日より応募開始、2023年3月に授賞式を行う予定です。 ウェルビーイングアクション実行委員会では、アワードの応募が開始される11月25日に記念ウェビナー「ウェルビーイングテーブル」を開催します。



https://prtimes.jp/a/?f=d9214-20221110-994b4df3bf4ce7093d20aca8072c9b15.pdf
■イベントのご案内
【ウェルビーイングアワード開催記念ウェビナー「ウェルビーイングテーブル」のお知らせ】
ウェルビーイングアワードの開催を記念して、ウェビナー「ウェルビーイングテーブル」を11月25日(金)に開催します。
アワードの審査委員長を務める前野隆司・慶応義塾大学教授と宮田裕章・慶応義塾大学医学部教授をゲストに迎え、世の中における意義やビジネスでの展望など、ウェルビーイングについての最新情報を発信します。

■概要
【第一部】 「徹底分解! 今世の中で求められるウェルビーイングとは?(仮)」
従来の「幸せ」との違い、現代社会における意義といった基本事項から、産業界や学術界での最新事例まで。今知っておくべきウェルビーイングの情報を、この分野の第一人者の前野教授を迎えて解説します。

《登壇者》
前野隆司・慶応義塾大学院教授/ウェルビーイング学会代表理事
石川拓磨・朝日新聞総合プロデュース本部コンテンツ事業部
(ファシリテーター)大高香世・HakuhodoDY Matrix

【第二部】「社会が変わるヒントが見つかる ウェルビーイング×ビジネス(仮)」
ビジネス領域でのウェルビーイングへの取り組みの最新状況をまとめた「ザ・ウェルビーイングレポート」(発行:Hakuhodo DY Matrix、SIGNING)。その最新版(Vol.2)の内容を、レポートの監修者でもある宮田教授とともに紹介します。

《登壇者》
宮田裕章・慶応義塾大学医学部教授/ウェルビーイング学会副代表理事
宮下陽介・Hakuhodo DY Matrix イノベーションデザインユニット
(ファシリテーター)大高香世・HakuhodoDY Matrix

■日時
2022年11月25日(金) 14:00~(15:30終了予定)

■申し込み


右記QRコードまたは下記申込サイトより視聴申し込みが必要です。
https://share.hsforms.com/1gSM-mjGRRyaHeVMRvVHdLQ3v6g8

■視聴方法
申し込みいただいた方に、当日の視聴に必要なZoomのURLをメールでご案内します。

■登壇者プロフィール
前野隆司(まえの・たかし)


慶応義塾大学教授、同大学ウェルビーイングリサーチセンター長。博士(工学)。
キヤノン等を経て現職。幸福学、幸福経営学、イノベーションの研究・教育を行っている。著書に、『ディストピア禍の新・幸福論』(プレジデント社)、『ウェルビーイング』(日経文庫)、『幸せな職場の経営学』(小学館)、『幸せの日本論』(角川新書)、『幸せのメカニズム 実践・幸福学入門』(講談社現代新書)、『脳はなぜ「心」を作ったのか』(筑摩書房)など多数。

宮田 裕章(みやた・ひろあき)


1978年生まれ 慶応義塾大学 医学部教授
2003年東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)
早稲田大学人間科学学術院助手、東京大学大学院医学系研究科 医療品質評価学講座助教を経て、2009年4月東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座 准教授、2014年4月同教授(2015 年5月より非常勤) 、2015年5月より慶応義塾大学医学部医療政策・管理学教室 教授、2020年12月より大阪大学医学部 招へい教授

そのほかウェルビーイングアワード詳細はこちらのプロジェクトサイトをご確認ください。
ウェルビーイングアワードプロジェクトサイト:https://www.asahi.com/ads/wellbeing_awards
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)