その他 医療・医薬・福祉

地域の多様なコミュニティの中で育む豊かなケアの実現を目指して ~ 「労働者協同組合法施行記念 ケアワーカー集会」、開催します!

ワーカーズコープ
ケアワーカーが地域をつくる、社会を変える!

やりたい仕事や地域で必要な仕事を、みんなでつくってみんなで運営する「協同労働」を推進している日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会(所在:東京都豊島区 理事長 古村伸宏)および日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団(所在:東京都豊島区 理事長 田中羊子 以下「ワーカーズコープ」)は11月20日(日)、ケアワーカーが介護保険制度の枠を超え、利用者の「こうありたい」という願いを一緒に実現し、地域の多様なコミュニティの中で豊かなケアを育んでいく「協同労働のケア」の実践を共有しながら、ケアをめぐる今の閉塞状況をどうしたら変えられるのか・どういうケアワーカーでありたいかを語り合う「ケアワーカー集会」を開催します。






ケアワーカーが地域をつくる、社会を変える



ケアワーカーが利用者の「こうありたい」という願いを受け止めて一緒に実現できるなら、そして地域の支え合いや居場所づくりに役割を果たせるなら、ケアの仕事はどんなに楽しく、醍醐味のあるものになるでしょう。

働く一人ひとりが出資し、地域で必要とされる仕事をおこして運営し、責任を分かち合う「協同労働」という働き方が、その必要性を広く認められ、「労働者協同組合法(以下、労協法)」が10月1日に施行されました。介護保険制度の枠を超え、地域コミュニティの中で豊かなケアを育む「協同労働のケア」の実践を共有しながら、ケアをめぐる今の閉塞状況をどうしたら変えられるのか・どういうケアワーカーでありたいかを、第一線で活躍しているケアワーカーとともに考える「ケアワーカー集会」を11月20日(日)に開催します。

労協法と協同労働が拓くケアの可能性にかかる基調講演や、ケアの現場で実践されている取り組みについてのパネルディスカッション、また、地域とともに何ができるかなど、ケアワーカーのこれからについても語り合います。全国のケアワーカーの方々をはじめ、「協同労働」や「労働者協同組合法」に関心ある皆さま、自治体や地域包括支援センター、福祉関連の事業所など、多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

ケアワーカーの皆さん、利用者や家族、住民と共に、その願いや思いを叶える仕事おこし・地域づくりを「協同労働」で始めてみませんか?







労働者協同組合法施行記念 ケアワーカー集会 概要



■日   時:2022年11月20日(日)13:30~16:30
■開催形式 :オンライン
■参加費  :無料
■プログラム:●基調講演「労働者協同組合法と協同労働が拓くケアの可能性」
         田中羊子(ワーカーズコープ 理事長 )
       ●パネルディスカッション「共に生きる、共にはたらく、地域をつくる~協同労働の実践事例」
         コーディネーター 小椋真一氏(センター事業団南東北事業本部 事務局長)
         コメンテーター  斉藤弥生氏(大阪大学大学院教授)
         パネリスト    ◎事業閉鎖を告げられ、協同労働で利用者と働く仲間を守り合う
                  白石明子氏(ならしの地域福祉事業所 ケアプランぬくもり)
                  藤平洋一氏(東葛湾岸エリアマネージャー)
                  ◎デイの利用者がおばあ食堂・見守り弁当で活躍、地域の支え手に
                  本間千明樹氏(釧路地域福祉事業所 ぽっかぽか)
                  ◎小さな困りごとを見過ごさない~地域の願いを叶える仕事おこしへ
                  東梅麻奈美氏と組合員の方(大槌地域福祉事業所 ねまれや)
       ●メッセージ「ユニバーサル・ホスピスマインド×協同労働」への期待
         小澤竹俊氏(一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会 代表理事)
       ●これから始める仲間からの発言「〈協同労働で叶えたいもの〉~夢・想い」
       ●分散会
■主催
 日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会
 ワーカーズコープ・センター事業団
■後援
 一般社団法人 エンドオブライフ・ケア協会




労働者協同組合法について(令和二年法律第七十八号 2020年12月成立、2022年10月施行)



労働者協同組合(ワーカーズコープ)にはこれまで農協・生協・漁協のような法人格はなく、「協同労働」の法制化をめざす動きが1998年から始まりました。協同労働の実践を全国で広げ、団体署名や意見書の採択に取り組む中で、与野党全会派一致で法制化が実現しました。

協同労働とは「協同の関係」で働くこと。働く人が自ら出資して組合員となり、話し合って事業を行う働き方です。企業組合やNPO法人と違い認可認証が不要で、NPO法人のように活動分野の規定もなく、3人以上で設立できます(NPO法人は10人以上、出資不可)。

法律では、出資額に関係なく「一人一票」の権利が認められています。「一人ひとりが出資して組合員となり、意見反映を通じて運営に参加し、自ら事業に従事する」、これが労働者協同組合の基本原理です。この法律を活用し、協同労働が社会を変えていく推進力となることを目指します。




日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会 組織概要






ワーカーズコープ  組織概要



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)