医療・医薬・福祉 美容・健康

AMI株式会社と水俣市による遠隔医療の実証事業「クラウド健進(R)」が3年目に突入

AMI株式会社
 AMI株式会社(本社:熊本県水俣市、代表取締役:小川晋平、以下「当社」)は5月1日、熊本県水俣市と遠隔システムを活用した予備健診等実施実証事業(以下、「クラウド健進(R)※」)についての業務委託契約を締結したことをお知らせいたします。  当社は水俣市と2018年度からクラウド健進(R)の実証を行い、本年度で3年目を迎えます。地域の企業や医療機関との連携を進めるとともに、医療従事者や水俣市民に対して遠隔医療システムに関する周知活動を行い、地域全体での健康増進を目指してまいります。   ※クラウド健進(R)は、クラウドで健康増進の略称であり、健診や検診とは異なります。



遠隔医療の実証事業「クラウド健進(R)」


 日本では、超高齢社会に伴う生産人口の減少、生産性の維持・向上が課題になっており、健康増進に向けた取り組みが、ますます重要になると考えられています。
 当社は健康増進に向けた取り組みとして、生活習慣病の一次予防を目指したクラウド健進(R)サービスの事業開発を行っています。クラウド健進(R)は、当社が開発した遠隔聴診対応ビデオチャットシステムと自己採血を組み合わせることで、特定健診(メタボ健診)と同項目の検査を、簡易に遠隔で行うことを可能としています。
 熊本県水俣市とは2018年11月より共同で実証を開始しており、本年度で3年目を迎えます。本事業では、水俣市民に対してクラウド健進(R)サービスを提供し、特定健診(メタボ健診)で測定される項目の取得や遠隔での聴診・健康相談を実施、健康増進に繋がる情報を対象者に対してフィードバックします。一連の実証を通じて、本サービスの課題抽出や改善を行い、多くの自治体や医療機関に導入するための検証を進めてまいります。

<AMI株式会社について>


 AMI株式会社は、「救える命を増やしたい」という医師小川の想いにより2015年に創業、心疾患診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器(超聴診器)や遠隔聴診システムの研究開発を行なっています。2018年・2019年度にはNEDO-STSに採択されました。また、C-Startup最優秀賞、JHVS2019 Venture Award、メドテックグランプリ KOBE 最優秀賞など多数の賞を受賞しています。さらに、ARIA、JET、日本プライマリ・ケア連合学会、日本遠隔医療学会など学会発表も多数行っています。当社は本社を熊本県水俣市におき、研究開発の拠点を鹿児島市においております。また熊本大学と京都大学内にもオフィスを構え産学連携を推進しています。医療専門職や工学のプロフェッショナルといった多様なメンバーが「急激な医療革新を実現する」をミッションに研究開発に取り組んでいます。

・商号 :AMI株式会社
・代表者 :小川晋平
・設立 :2015年11月
・HP : https://ami.inc/
・所在地 :(本社)熊本県水俣市浜松町5番98号
(研究開発拠点:健康経営ラボ)鹿児島県鹿児島市東千石町2-13
(クリエイトラボ)熊本県熊本市中央区黒髪2丁目39熊本大学 インキュベーションラボラトリー1-7
(メディカルイノベーション研究所)京都府京都市左京区吉田下阿達町46 京都大学医薬系総合研究棟3階309S

- 参考リンク –
https://ami.inc/news/20200508_minamata_ami

- お問い合わせ -
本件に関するお問い合わせは、ホームページのコンタクトページからお願いします。
https://ami.inc/contact/
担当:横山
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)