医療・医薬・福祉

これを読めば、ジェネリック医薬品の製造工程についてより深く理解できる!「ジェネリック医薬品の疑問に答える vol.2:検査体制について」をホームページにて公表

Meファルマ株式会社
Me ファルマの販売錠数は前年比の1.6倍。安定供給を維持する企業努力も併せて公開

Me ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉田優)は、「ジェネリック医薬品の疑問に答える vol.2:検査体制について」と題したニュースレターを11月15日に配信いたしました。 昨今、ジェネリック医薬品の薬価は毎年改定によって引き下げられており、製薬企業として、医療上必要な医薬品の安定供給を長く続けるためにはコスト管理が必要です。しかし、医薬品の有効性・安全性・品質に関わるコストには、決して削ってはいけない部分があり、その1つに品質管理のための検査があります。異物の混入や汚れ、欠けなどを確実に発見し、検査に合格した医薬品だけをお届けするのに必須の工程で、検査の着実な履行が、結果的に安定供給につながると考えられます。今回は、ジェネリック医薬品の検査がどのように行われているか、安定供給のための取り組みについてまとめた資料を弊社ホームページにて公表いたしました。


昨年より薬価改定が毎年実施されるようになり、「薬価が下がっていく中で、今後、企業のコスト管理はどのようになっていくのか」など医療従事者の皆さんが抱く素朴な疑問を、製造側の目線で図表を活用し、わかりやすく解説しています。

本資料は、本年6月のジェネリック医薬品の「増産体制」についてのニュースレターに引き続き、医療関係者の皆様だけではなく、媒体社の皆様をはじめとした多くの方々にジェネリック医薬品への理解を深めていただきたく、下記URL(2022年11月15日より掲載)から是非ご確認ください。

過去のニュースレターもご確認いただけます↓
https://www.meiji-seika-pharma.co.jp/me-pharma/newsletter/index.html

●ニュースレターの主な内容
・医薬品の製造における検査とその意義
― 一般的な検査項目
― Meファルマの検査体制:3つの試験での流れとそれぞれの確認項目について

・Me ファルマから製造に関するメッセージ
新薬と同じ検査項目・基準で、品質管理の徹底しており、包装規約の集約による効率化について解説しています。

【Me ファルマ株式会社について】
Meファルマ株式会社は、日本が直面している超高齢社会で高品質なジェネリック医薬品を将来にわたり安定的に提供することを目的に設立された会社です。今後ますます厳しくなるジェネリック医薬品を取り巻く環境において、明治グループとして高品質を保ちながら安定的な供給を継続します。

▲Me ファルマの製品を試験検査、最終包装を行うMeijiSeikaファルマ株式会社の小田原工場

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)