ネットサービス・アプリ 美容・健康

『ヨガジャーナル日本版』vol.84より新連載「スポーツ×ヨガの世界」がスタート!

株式会社インタースペース
インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペース(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:河端伸一郎、証券コード:2122、以下インタースペース)では、11月18日発売の『ヨガジャーナル日本版』vol.84より、「スポーツ×ヨガの世界」の新連載がスタートします。





あらゆるスポーツのコンディションにヨガは有効

一流アスリートの多くがコンディションの一環でヨガを取り入れています。これは、ヨガを行うことで「筋力と柔軟性のバランスを整える」、「ケガを防止する」、「メンタルのコントロール力を身につける」といった、スポーツのパフォーマンスの向上に欠かせない要素を養うためです。

『ヨガジャーナル日本版』でこの度スタートする連載「スポーツ×ヨガの世界」では、各種スポーツに特化したヨガを、アスリートとヨガ講師が考案します。


第1回アスリートは体操競技(東京五輪代表選手)の畠田瞳さん

第1回の競技は「体操」。ヨガを体験し、体操に特化したヨガをヨガ講師と一緒に考案してくれたのは、畠田瞳さんです。「体操は柔軟性だけを追い求めると力が入りづらく、体への負担大。柔軟×筋力のバランスが重要だと感じます。私も膝が柔らかすぎてケガを繰り返しました。それでもテーピングを巻いて練習を続けることが多いのですが、体操選手にありがちなケガや悩みを、ヨガで解決できたら嬉しい! 私も後輩の指導に役立てたいです」と語ってくださいました。畠田さんのアイデアが満載の「体操のためのヨガ」にご期待ください。


2000年生まれ東京都出身。体操一家に生まれ、小学生から競技を始める。2019年ユニバーシアードでは個人団体総合を含む4つの金メダル獲得。2021年の東京オリンピック代表選手。2022年4月に現役引退後、現在は指導者を目指して早稲田大学に在学しながら幅広く活動中。


出演アスリート募集中

『ヨガジャーナル日本版』編集部では、「スポーツ×ヨガの世界」にご登場いただけるプロアスリートの方、またはプロチームの指導者の方を募集しています(アスリートの方は、現在は現役を引退していても結構です)。競技の普及、競技者への指導の一助として、本連載をご活用ください。

連絡先:『ヨガジャーナル日本版』編集部 support@yogajournaljapan.jp

【ヨガジャーナル 概要】
「ヨガを通して"well-beingな社会"を実現する」をミッションに雑誌、ウェブメディアを通して心と体に対するエビデンスのある情報をお届けします。


書籍情報

『ヨガジャーナル日本版』vol.84(12/2023年1 月号)
発売:2022 年11月18日
価格:1,100 円(税込)
発行会社:株式会社インタースペース
販売会社:株式会社プレジデント社

【メディアリンク先】
公式サイト: https://yogajournal.jp/
雑誌Facebook:https://www.facebook.com/yogajournaljapan
オンラインFacebook:https://www.facebook.com/yogajournalonline/
Twitter:@yogajournaljp
雑誌Instagram:@yogajournal_japan
オンラインInstagram:@yogajournalonline
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCA4o7Ile5s_s7f8_QbJIrsA

■会社概要
社名    株式会社インタースペース (https://www.interspace.ne.jp/
所在地   東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル8階
代表者   河端 伸一郎
設立    1999年11月8日
資本金   984,653,800円 (2022年9月末現在)
事業内容  インターネット広告事業、メディア運営事業

【サービスに関するお申込み・お問い合わせ先】
株式会社インタースペース メディア&ソリューション事業部 中畑
Tel:03-5339-8725 FAX:03-6302-3916
E-mail:press@yogajournal.jp

【リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社インタースペース 経営企画室 広報担当 三ツ村
E-mail:pr-info@interspace.ne.jp TEL:03-5339-8680 FAX:03-5909-4578
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)