美容・健康

CBDブランド「PEAQ」から、リッチな成分を配合した〈プレジャー〉プレミアムが新発売!

株式会社amateras
人気商品〈プレジャー〉が、内容成分がリッチになってパワーアップ!




東京発のCBDブランド『PEAQ(ピーク)』(https://www.peaq.tokyo/)から、プレジャータイムを彩る『PEAQ アロマ〈プレジャー〉プレミアム』が新発売します。11月21日(月)より公式サイト他にて発売開始。


プレジャー用CBDが、パワーアップして新登場
PEAQは、シーンに合わせてCBDアロマを選べる商品。
「趣味/睡眠/瞑想/プレジャータイム」と4商品の中で、最も人気の高いアロマが〈プレジャー〉です。

行為の30分前に使うことで、全身にCBDが行き渡り、 筋肉と緊張をやわらげて、幻想的で豊かな時間を演出します。
そんな〈プレジャー〉の上位版となるのが、今回新発売した 「プレミアム」です。





従来のCBDにくわえて、パワフルで希少性の高い成分「CBN」 を主体に、CBC、CBGといった4つの「カンナビノイド」を組み合わせ合計50%の高濃度を実現!
これまでにない深いリラクゼーションをお届けします。


CBD(シービーディー)とは?
CBDは麻(ヘンプ)からとれる成分の一つ。
麻の中には100種類以上の「カンナビノイド」と言われる物質が含まれており、CBDにはリラックス効果があることから世界中で注目を集めています。

日本を含めた先進国では、麻の中から違法とされる成分「THC」を除去したものであれば使用可能。医薬品、食品、 化粧品まで幅広くつかわれています。
では、CBDをとると、どんなメリットがあるのでしょう?




本来、人間には「バランス機能(ECS)」がそなわっており、 日々の体調や生命活動が乱れないようコントロールしています。しかし、ストレスや加齢によってその機能が下がっていきます。



このバランス機能をおぎなってくれる成分が「CBD」です。毎日とることで不調を緩和し、カラダをベストな状態に保ってくれます。

欧米では、睡眠の質向上、気分の向上、疲労感の回復に使う方が多いです。


手軽にCBDをとれるアイテム「PEAQ」

そんなCBDを手軽にとれるアイテムが「PEAQ」です。
PEAQはCBDを水蒸気でとりこむ「吸うCBD」(吸引式)。
吸うCBDの特徴は、吸収率が高いこと。熱で水蒸気にしたCBDは分子が細かいため、体内への吸収が高まります。




一般的なCBDアイテムのなかで、最も吸収率の高い摂取方法とされています。
また、通常CBDは体感が得られるまでに数時間かかりますが、「吸うCBD」の場合は吸収が早いため、即効性をかんじやすいのもメリットの一つ。早い方は数分~数十分で体感をえられます。




合計50%、史上最もパワフル
新発売した「プレミアム」では、従来のCBDとあわせて強力な体感をもつ希少なCBNを主体に、CBC、CBGと、合計 4つのカンナビノイドで50%と贅沢に配合。これまでで最もパワフルなため、これまで体感を感じなかった方、より高い効果を求める方にオススメしています。

配合量|CBN40% + CBD7% + CBC2% + CBG1%=合計50%

〈アントラージュ効果とは?〉
カンナビノイドは、1つの成分だけを使うよりも、複数成分を組み合わせる ことで、より高い効果を生むことが様々な研究によりわかっています。


麻(ヘンプ)原料に関して
商品に使用している麻(ヘンプ)は、オーガニック(有機栽培)、無農薬で栽培された麻のみを使用。違法とされる「THC」を除去した安全性の高い成分だけで商品化しています。

・麻の産地:米 コロラド州
・麻の栽培方法:有機栽培、無農薬
・使用部位:種子、茎
・遺伝子組み換え:無し(GMOフリー)
・第三者機関の検査:有り
・THCフリー




PEAQ アロマ〈プレジャー〉プレミアム
発売日:11月21日(月)*公式サイトにて予約受付中
価格:単品 4,980円(税込)/本体キット 10,960円(税込)
商品ページ:https://www.peaq.tokyo/collections/all/products/aroma-pleasure-premium

【ローンチ記念セール開催中!】
ローンチを記念して、期間限定のスペシャルセールを開催中!
公式サイトにて、「本体キット」が通常価格から2000円OFF、「単品」も500円OFFと、お得にPEAQをはじめることができます。
期間:11/14(月)18:00~12/6(火)17:59まで

【プレス/報道関係者さま】
お問い合わせ先:info@peaq.tokyo
*メディア関係者さまへサンプルをご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください*
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)