医療・医薬・福祉

あなたのべスト体重、きちんと理解していますか? 今日からできる、わかる!VS メタボ!

第31回日本医学会総会 博覧会
「からだの知りたい!」がここにある。日本医学会総会 2023 プレイベント 第5弾 博覧会 オンライン市民公開講座。 2022年12月6日(火) 18:00-19:00開催。

 2023年4月、東京丸の内・有楽町エリアにて、日本最大規模、4年に一度の「第31回日本医学会総会」(会頭、春日 雅人 朝日生命成人病研究所所長)が開催されます。また、同時期、同エリアにおいて、より多くの皆さまが健康や医療に関する最新の情報を体験しながら学ぶことのできる「健康・医療」の祭典「第31回日本医学会総会 博覧会」が開催されます。 「博覧会 オンライン市民公開講座」は、この「第31回日本医学会総会 博覧会」のプレイベントとして、医師や医療関係者が講師となり医療や健康の取り組み、課題等について分かりやすくお伝えするオンライン講座です。 2022年12月6日(火) 18:00-19:00、第5回となるオンライン市民公開講座「糖尿病、生活習慣病を知ろう!-メタボが気になる方へ、BEST体重と体組成(脂肪量と筋量)への秘訣-」を開催。糖尿病と生活習慣病について、医療スペシャリストが分かりやすく講義します。参加費無料・オンライン開催ですので、ぜひお気軽にご参加ください。


メタボのための食生活改善というと「節制・がまん」と捉えてしまいがちですが、
コツは『今日からできそうなこと』を見つけること、正しく知ること、そして取り組むこと。



【参加申込はこちら】https://isoukai-expo.jp/online_shimin/

第5回は糖尿病と生活習慣病のお話
「博覧会 オンライン市民公開講座」は、「第31回日本医学会総会 博覧会」のプレイベントとして、医師や医療関係者が講師となり医療や健康の取り組み、課題等について分かりやすくお伝えするオンライン講座です。コロナ禍で皆さまの医療への関心が高まっている中、最先端医療から身近な健康の悩みなど様々なテーマを取り上げ、会期1年前から開催直前まで継続的な講座として開催しております。

第5回目は、司会に山内 敏正 先生(第31回日本医学会総会 幹事長/東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授/東京大学 総長補佐)、講師に脇 裕典 先生(第31回日本医学会総会 幹事長補佐/秋田大学大学院医学系研究科代謝・内分泌内科学講座 教授)、津下 一代 先生(女子栄養大学 特任教授)をお迎えし、糖尿病と生活習慣病について、ご講義いただきます。

参加費無料・オンライン開催ですので、ぜひお気軽にご参加ください。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。


司会:山内 敏正 先生(第31回日本医学会総会 幹事長/東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授/東京大学 総長補佐)



1992年 東京大学医学部医学科卒業
1998年 東京大学大学院医学系研究科卒業(医学博士)
2003年 東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科 助教
2004年 同 統合的分子代謝疾患科学講座 特任准教授
2010年 東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科 講師
2014年 東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科 准教授
2018年 東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科 教授
2022年 東京大学 総長補佐 兼任


講師:脇 裕典 先生(第31回日本医学会総会 幹事長補佐/秋田大学大学院医学系研究科代謝・内分泌内科学講座教授)



1997年 東京大学医学部医学科卒業
2003年 東京大学大学院医学系研究科 博士(医学)
2003年 カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
2007年 東京大学大学院医学系研究科 統合的分子代謝疾患科学 特任助教
2011年 東京大学大学院医学系研究科 脂肪細胞機能制御学 特任准教授
2018年 東京大学大学院医学系研究科代謝・栄養病態学 講師
2019年 東京大学大学院医学系研究科代謝・栄養病態学 准教授
2021年 秋田大学大学院医学系研究科代謝・内分泌内科学講座 教授

【講義の内容:肥満と健康のふかい関係 ~脂肪細胞をご存知ですか?~】
 肥満は体重(脂肪組織)が過剰な状態で、さまざまな健康障害を起こしやすくなります。特に内臓脂肪が蓄積し、2型糖尿病や脂質異常症、高血圧を伴う状態はメタボリックシンドロームと呼ばれ、心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高まります。肥満の成り立ちには、遺伝的な体質、食事や運動などの生活習慣、社会的な変化などが深く関わっていることが分かっています。わたしたちの脂肪細胞は、余ったエネルギーを蓄えるだけでなく、からだ全体の糖や脂質、エネルギーの代謝を安定に保つ、とても大切な役割を担っています。脂肪細胞には白色脂肪と褐色脂肪と異なる種類があり、なかでも褐色脂肪細胞はエネルギーを活発に消費し肥満しにくくなる作用をもつと考えられ注目されています。体重を良い状態に保つためには、食事や運動など健康に良い生活習慣が重要です。本講演では肥満のなりたちと脂肪細胞のはたらきについて最近の知見をご紹介します。


講師:津下 一代 先生(女子栄養大学 特任教授)



1983年 名古屋大学医学部医学科卒業、同年 国立名古屋病院
1990年 名古屋大学第一内科(内分泌・代謝)
1992年 愛知県総合保健センター
2000年 あいち健康の森健康科学総合センター
2011年 同センター長
2020年 女子栄養大学 特任教授
健康日本21、健診・保健指導、糖尿病性腎症重症化予防、高齢者の保健事業、ICTに関する研究に従事。
厚生労働省、経済産業省、スポーツ庁等の検討会委員、日本健康会議実行委員、日本医師会運動・健康スポーツ医学委員会委員長

【講義の内容:食生活改善の秘訣】
 メタボの場合、2cm・2kgぐらいの減量でも中性脂肪、血糖などが改善方向へ動き、糖尿病等の予防・改善につながります。一方、極端な減量とリバウンドを繰り返せば、筋肉量が減少し、高齢期のフレイルの素地となるので要注意です。
食生活改善のために自分でできることとして、毎日体重を測定しエネルギー収支を把握すること、飲料・菓子類等を低エネルギーのものに置き換えること、食事時間をできるだけ整えること、食事の「型」を意識すること、栄養成分表示を確認すること、などが挙げられます。もう少ししっかりと改善したい人は、食生活改善アプリを活用したり、管理栄養士から助言を得るとよいでしょう。少し節制が必要かもしれませんが、メタボが改善するにつれて食欲をコントロールしやすくなります。
快適な食生活と運動習慣が健康のもと。メタボを気にして体重を適切に保つことで、健康寿命の延伸につなげていきたいものです。


第5回講座概要
「糖尿病、生活習慣病を知ろう!-メタボが気になる方へ、BEST体重と体組成(脂肪量と筋量)への秘訣-」
開催日時:2022年12月6日(火) 18:00-19:00/オンライン
参加費 :無料(要事前申込)
申込方法:公式Webサイトより https://isoukai-expo.jp/online_shimin/
申込締切:2022年12月3日(土)
参加人数:500名(先着順)

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
プログラム:
18:00-18:05 開会挨拶
山内 敏正 先生
(第31回日本医学会総会 幹事長/東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授/東京大学 総長補佐)
18:05-18:30 肥満と健康のふかい関係 ~脂肪細胞をご存知ですか?~
脇 裕典 先生
(第31回日本医学会総会 幹事長補佐/秋田大学大学院医学系研究科代謝・内分泌内科学講座 教授)
18:30-18:55 食生活改善の秘訣
津下 一代 先生
(女子栄養大学 特任教授)
19:00 終了予定
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
主催:第31回日本医学会総会
問い合わせは(isoukai2023-exhibition@congre.co.jp)まで



●日本医学会総会とは
日本医学会総会は、日本医学会が日本医師会と協力して医学および医学関連領域の 進歩・発展を図り、学術面、実践面から医学・医療における重要課題を総合的に討議 することを目的としています。
第1回日本聯合医学会は、東京において明治35年4月2日から4日間、田口和美会頭、 北里柴三郎副会頭で開催され、16分科、1,700余名が参加し、活発な研究発表が行われました。第2回日本聯合医学会は明治39年4月に同じく東京で開催されました。第3 回からは、日本医学会と改称され、4年毎に開催が続けられてきました。
現在、日本医学会は141の分科会を擁しています。日本医学会総会はこれらと連合し、分科会における最新の成果を統合し紹介する場を提供します。また、1999年より社会に開かれた総会として一般市民に開放された博覧会を併催。以後、医学、医療サイドが主催する国内唯一最大の「医学と医療に関する学会・博覧会」として毎回30万 人以上の参加実績を残しております。
今日のように、医学、医療が高度に専門化、細分化する一方、社会や社会制度におけるその重要度がますます高まる中、日本医学会総会は、日本医学の英知を結集し、新しい未来を切り開く場として、医学・医療の世界にとどまらず社会全体にとっての重要な責務を担うと同時に、その課題解決の場として期待されています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)