その他 パソコン

神戸市内小学校児童の体力アップ! ALPHA導入で運動の見える化と体力アップ作戦!

Pestalozzi Technology株式会社
1人1台タブレットを活用して新体力テストと運動日記のデータ活用

2020年度からデジタル体力テスト集計システム『ALPHA』を展開しているPestalozzi Technology株式会社(東京都、代表取締役:井上友綱)は、神戸市へデジタル体力テスト集計と日々の運動内容を記録できる『運動日記』機能を搭載した『ALPHA』の提供を始めました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ALPHA』とは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ALPHA』はPC、タブレットなど端末を問わず体力テスト結果入力・集計・分析することができるシステムです。
児童生徒の個人結果票画面

現在の体力テストは児童が紙に記録を記入しそのデータを集計するというアナログな測定方法が行われていますが、『ALPHA』を活用することでデジタルで簡単に入力・集計や分析が可能になります。

▼業務負担の削減
種目の説明や実施要項を動画で詳しく説明し、測定をスムーズに行うことができます。
データの修正も教師用ページでいつでも変更することが可能です。

▼即時のフィードバック
従来の方法だと業者に委託しデータの集計に数カ月かかるところを『ALPHA』だと瞬時に確認することができます。
記録用紙への記入や集計して時間が経ってから結果が分かるなどのタイムラグが発生しません。

▼あらゆる端末に対応
『ALPHA』は使用する端末やブラウザの種類を問いません。GIGAスクール構想で導入した端末そのまま使用が可能です。
使える端末:各種PC、タブレット
使えるブラウザ(各種最新版):Google Chrome、Microsoft Edge、Safari、Firefox

▼ALPHAの詳細
https://pestalozzi-tech.com/alpha/






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
神戸市での導入について
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
近年の体力テストにおいて神戸市の児童の結果は全国平均を下回っている状況です。
改善に向けて『GIGAスクール構想× SPORTS(GIGAスポ)』の取り組みが始まりました。
以下神戸市教育委員会事務局ページ内(https://www.city.kobe.lg.jp/a42646/press/088198742031.html)からの情報です。

(1)目的
ICT事業者との連携により、1人1台の学習用パソコンを活用し、日常的に自分が取り組んだ運動内容を入力・蓄積・確認(運動の見える化)できるシステムを導入することで、児童の運動意欲の一層の向上と、運動の習慣化につなげる。
(2)対象
小学校4・5年生(5校・約1,200人)を対象に試行実施
(3)開始時期
令和4年11月から
(4)主な機能
1.体力テスト結果の記録
入力・蓄積された記録から、分析結果と改善に向けたアドバイスが表示される。
2.運動日記
学校や家庭においてドッジボールや縄跳び等の取り組んだ運動内容や時間を日常的に記録することで、運動内容に応じた消費カロリーが運動ポイントとして付与される。また、運動ポイントやログイン回数がランキング形式で提示される。
※1.2.より、児童は自身の課題を確認、アドバイスを活かした運動を行い、運動ポイントやランキングで自分の成長を実感しながら、日常的に運動する習慣を身に付ける。

神戸市教育長記者会見:https://www.city.kobe.lg.jp/a61516/kosodate/education/information/kyouikukaiken20221026.html
運動日記のグラフ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Pestalozzi Technology株式会社について
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ホームページ:https://pestalozzi-tech.com/alpha/

Pestalozzi Technology株式会社は、今年度体力テストの集計にて約60万人分のデータの集計を担当。各学校で体力テストデジタル集計システム『ALPHA』のほか、教育委員会での体力テスト集計、管理システムの開発も行っています。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
Pestalozzi Technology株式会社 担当:小笠原
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-22-3 早稲田大学インキュベーションセンター07室
TEL:03-6228-0493
MAIL:info@pestalozzi-tech.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)