医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

現場の判断を助ける医師同士の質問解決プラットフォームを展開するアンター株式会社 2.3億円の資金調達を完了

アンター株式会社
本資金調達により、地域や診療科を超えて相談ができる医師の実名制相談サービス「AntaaQA」のシステム開発及びより充実したサービス展開を推進致します。

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォームを展開するアンター株式会社(所在地:東京都中央区日本橋堀留町 代表取締役 CEO:中山俊 以下、Antaa)は、XTech Ventures、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、三井住友海上キャピタル及び個人投資家を引受先として約2.3億円の第三者割当増資を行いました。これにより累計調達額3億円に到達したことをお知らせ致します。


【本資金調達の目的】
地域や診療科を超えて相談ができる医師の実名制相談サービス「AntaaQA」の利便性・機能性を高めるためのシステム開発、及びより充実したサービス展開を推進致します。

現在、Antaaを利用する登録医師は10,000人を超え、日本最大級のドクターtoドクターのサービスにまで成長して参りました。
AntaaQAは下記のように、活発に利用されています。
・年間ユーザー伸び率:300%
・質問への回答率は 98%
・質問への初回回答平均時間は 15分




昨今の新型コロナウィルス感染症の拡大により、COVID-19の詳細の情報が求められますが、1人の医師が日々の業務の上で追いかけられる情報は非常に限られます。
そのようなケースにおいても、Antaa Slide(AntaaQAの登録医師によるスライド共有プラットフォーム)へCOVID-19の情報スライド資料が寄せられるなど、日々、医師による医師ための情報が日々交換されています。
また、2020年4月よりAntaaNEWSの配信を開始。平日12:00~毎日配信しています。
平均週一回の頻度でオンライン配信でのセミナーも開催、アクティブ率は30%となり、インタラクティブにコミュニケーションを実施しながら、現場に必要な情報の展開を行っています。



【本資金調達の出資者】 (敬称略・順不同)
◆ XTech Ventures株式会社が運営するXTech1号投資事業有限責任組合
◆ ニッセイ・キャピタル株式会社
◆ SMBCベンチャーキャピタル株式会社
◆ 三井住友海上キャピタル株式会社
◆ 個人投資家

【アンター株式会社の概要】
アンター(Antaa)という社名は、フィンランド語で「与える」英語での”Give”を意味します。
お互いに経験や専門知識をGiveすることで、『医療をつなぎ、いのちをつなぐ』を実現し、どこにいても命が助かる世界を目指しています。


『医療をつなぎ、いのちをつなぐ』
ひとりの医師の能力には限界があります。しかし、夜間医療の対応や、地域医師の人数不足、診療科別の医師不足などの問題により、現場の医師がたったひとりで医療を行うシーンは少なくありません。
どんな時でも現場の医師は、目の前の患者の命を救うために常に全力で向き合っています。それでも、ひとりの力には限界があります。その想いに応え、ひとりでも多くの命を救いたい。
私たちは目の前の患者の命を救いたいと願う医師の想いに応えるために、世の中のあらゆる医療をつなぎ、いのちをつないでいきます。

『医療の境界をなくす』
現在の医療は、患者の住む場所や個人の知識によって、受けられるサービスや医療に向けた行動に大きく差が存在しているのが現状です。
どこに住んでいても、どんな知識を持っていようとも、同じ品質の医療サービスを同じ機会だけ受けられるようになれば、今よりももっと健康で明るい社会に変わっていくはず。
私たちは医療に関わるあらゆる情報、サービス、機会に境界のない、なめらかな世界を目指します。

【運営サービス】
・地域や診療科を超えて相談ができる医師の実名制相談サービス「AntaaQA」https://qa.antaa.jp/
・医療者のためのスライド共有「Antaa Slide」https://slide.antaa.jp/
・医師が運営する疾患解説やインタビューを掲載した情報サイト「Antaa Media」https://med.antaa.jp/

会社名 :アンター株式会社
設 立 :2016年6月14日
代 表 :中山俊
資本金 :123,175,500円
本 社 :〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町1-9-10 上野ビル6階
URL: https://antaa.jp/
Facebookページ: https://www.facebook.com/antaa.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)