その他 医療・医薬・福祉

物価高騰の10月以降4世帯に1世帯が困窮

認定特定非営利活動法人フードバンク山梨
「物価高による食料品や日用品の高騰、しかしながら給料は上がらず生活が大変」約4割が384円/日の食費でやり繰り

「第8回つながるスマイルプロジェクト」では、コロナ感染症の急拡大と物価高騰に対し、地域フードバンク7団体とともにコロナ禍や物価高騰の影響を受けた方に無料で食品をお配りしました。支援を受けた290世帯のうち115世帯のアンケート回答から深刻な影響が明らかになりました。報道各社の皆様には、調査結果の周知にご協力いただけることを願っております。詳細はお問い合わせください。


【調査概要】
・調査期間 2022年9月17日~2022年10月1日
・調査機関(調査主体) 自団体調べ。考察は、立教大学コミュニティ福祉学部 准教授 川村岳人氏。
・調査対象  当法人と地域フードバンク7団体が2022年9月17日~21日に行なった、「第8回つながるスマイルプロジェクト」で食料支援を受けた290世帯の男女
・有効回答数(サンプル数) 115
・調査方法(集計方法、算出方法)会場で配布したアンケート票に記入(70件)、QRコードでの入力(45件)

【考察より抜粋】
1.コロナ禍に物価高騰が重なる状況
は,正規雇用の仕事に就いていても経済的に困窮する場合があり得る
2.現在はなんとか持ちこたえている世帯であっても今後コロナ禍や物価高騰が長期化すれば生活が立ちゆかなくなる世帯がさらに出現することも十分に考えられる
3.山梨県のような「車社会」ではガソリン価格の高騰地方の市民生活に多大な影響を及ぼし得るのであり食費を切り詰めざるを得ない一因にもなる
4.1人あたりの食費が384円/日と,かなり少額でやり繰りをしている回答者が約4割にものぼる「炭水化物だけの食事が増えた」など栄養バランスを犠牲にしてでも食費を抑制している者もいる






企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)