医療・医薬・福祉

ドレーゲルジャパン株式会社:2022年11月 シンプルな麻酔マスクLiteStar(ライトスター)を新発売。

ドレーゲルジャパン株式会社
快適で優しく、経済性も追及した麻酔マスクポートフォリオで、周術期領域に幅広い選択肢と安全性、快適性、使いやすさを提供。


ドレーゲルジャパン株式会社:2022年11月 シンプルな麻酔マスクLiteStarを新発売。快適で優しく、経済性も追及した麻酔マスクポートフォリオで、周術期領域に幅広い選択肢と安全性、快適性、使いやすさを提供。

ドイツの医療機器及び安全機器メーカー Drägerwerk AG & Co. KGaA の日本法人ドレーゲルジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:ブライトフェルド・マルコ)は、この度、麻酔マスク LiteStar(認証番号:304ALBZX00019000)を発売いたします。「急性期医療の向上」をミッションに掲げるドレーゲルは、これに伴い、3つの麻酔マスクラインナップを取り揃え、周術期領域における患者さんへの快適性や安全性と医療従事者の方々への使いやすさを追求し、クリニカルアウトカムの改善、患者経験の向上、ワークフローの改善に貢献します。

新発売LiteStar ‐ 今後、麻酔マスクの標準となるよりシンプルな麻酔マスク

Drager麻酔マスクLiteStar
・標準的な持ちやすさとフィット感を提供
・7サイズ展開 小児(12kg以上、一回換気量50ml)から成人(70kg以上、一回換気量300ml以上)まで対応
・DEHPフリーで環境に配慮


3つの麻酔ラインナップが出揃い、更なる優しさと使いやすさを実現

麻酔マスクポートフォリオ
ドレーゲルの麻酔マスクは、患者さんのフェイスラインへのフィット感を追求したエアークッションで快適性を追求したComfortStar、部品点数を最小限に抑え、廃棄処理までをも考慮した次世代型のSediStar、新発売LiteStarの3つの麻酔マスクラインナップを揃え、患者さんの快適性、医療従事者の方々の使いやすさ、価格面にも考慮した幅広い選択肢を提供します。
詳しくはこちら: https://www.draeger.com/ja_jp/Products/Anaesthesia-Masks

ドレーゲルの麻酔マスクは、流線型または丸形で、解剖学的に顔の形状にフィットし密着性に優れているため、快適な装着感が得られます。 また、やわらかなマスクシェルにすべりを抑えるリッジ部を備え、マスクの装着を簡便かつ快適に行えます。

・新生児から成人まで幅広い年齢層に対応しています:

・ドレーゲル麻酔マスクは、ドレーゲル麻酔器との適合性試験を通じて、麻酔器の性能を十分に提供することを確認済みです。

■ドレーゲルジャパン株式会社について
ドイツの医療機器および安全機器のメーカー Drägerwerk AG & Co. KGaAの日本法人です。「急性期医療のスペシャリストとして、急性期医療をより良くする」をメディカル事業部のミッションとし、医療機器及び関連IT&ソリューション(麻酔器、人工呼吸器、保育器、患者モニタ&IT、シーリングサプライユニットや手術用照明機器、関連アクセサリなど)を販売しています。幅広い製品ポートフォリオと高い技術力で急性期医療を全面的にサポートします。医療従事者の皆様と共に急激に変化する医療環境を見据え、患者様のQOLの向上及び、医療従事者の皆様の業務改善に貢献します。また、セイフティー事業部では、保護メガネ、呼吸用保護具、化学防護服、ガス検知警報器、アルコール検知器等の安全機器を販売しています。ドレーゲル社は、生命を守るテクノロジーに特化した企業です。詳しくは、ドレーゲルホームページをご覧ください:www.draeger.com

Dräger. Technology for Life(R)
Drägerは「メディカル」・「セイフティー」技術分野におけるグローバルのリーディングカンパニーです。1889年に創業を開始し、2021年度には 約33億ユーロの収益を達成しました。ドレーゲルグループは現在190以上の国に支社を構え、15,000人以上の従業員と共に「Technology for Life -生命を守るテクノロジー」を実現するため、尽力しています。

販売名:フルフェースマスク ComfortStar
認証番号: 228ADBZX00083000
販売名:麻酔用マスク SediStar
認証番号: 303ALBZX00031000
販売名:麻酔マスク LiteStar
認証番号:304ALBZX00019000
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)