出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

脳梗塞の本当の怖さは「再発」にあることを知っていますか? 脳梗塞を経験したすべての人に伝えたい、“2度目”を起こさないために絶対に知っておきたいこと

株式会社NHK出版
『別冊NHKきょうの健康 退院後の生活を支える本 脳梗塞の再発を防ぐ』が11月17日発売!

ある日突然起こり、生活を一変させてしまう脳梗塞。治療法の進歩により回復して自立した生活を取り戻せる人が増えたものの、再発の可能性は10年で半数以上にのぼるといわれています。再発は初発よりも症状が重くなりやすく、寝たきりになってしまうことも少なくありません。本誌では、退院時から本人や家族が抱える不安や疑問に専門医が答え、「再発を見逃さないチェック法」や血栓を防ぐ「生活改善法」「薬物治療法」「自宅でできるリハビリ」についてわかりやすく図解で紹介しています。脳梗塞の再発予防は「何年経ったからもう大丈夫」というものではありません。二度と脳梗塞を起こさず安心して暮らすために、今すぐできることから取り組んでいきましょう。




『別冊NHKきょうの健康 退院後の生活を支える本 脳梗塞の再発を防ぐ』がNHK出版より発売されました。後遺症の程度に関係なく、10年で約50%の再発率と言われる脳梗塞。「健康寿命」を伸ばすためにも、退院後すぐに読んでいただきたい一冊です。

<本誌より一部内容をご紹介します>

あれっ? いつもと違う異変に気付いたら
 知って備える! 再発のサイン 


トイレに起きたときや起床時に気付くことが多い
初回の後遺症の状態が悪化する、反対側に症状が現れる
麻痺以外のまったく別のサインが現れる。「視覚障害」や「言語障害」のほか、ものを認識できない「失認」やものの使い方がわからなくなる「失行」など


本誌より「知って備える! 再発の特徴とサイン」
本誌より「FAST」ですぐに確認・行動を!」

■リハビリの最終目的は自分らしさを回復させること
 リハビリを日常生活に取り入れよう 

退院後、自宅でどんなリハビリを行えばよいかわからないと不安に感じている人も多いでしょう。“ひとりでできるリハビリ”をぜひ実践してみてください。脳梗塞のリハビリには、後遺症を回復させるための機能訓練という側面だけでなく、今ある機能を維持し、これからの人生をよりよいものにするための役割も担っています。自宅でのリハビリは、無理をせずに継続して行うことが大切です。毎日続けるためには、負荷をかけ過ぎずにできるリハビリを選んで行うとよいでしょう。

本誌「第2章 退院後の不安を解消する」より「リハビリと機能回復のイメージ」


本誌「第4章 ひとりでできるリハビリ 体と心と脳の運動」より「ワイピング運動」



目次(抜粋)

知って備える! 再発の特徴とサイン
「FAST」ですぐに確認・行動を!

第1章 脳梗塞の怖さは「再発にある」
 脳梗塞でみられる“再発ドミノ”
 <なぜ怖いのか>再発を繰り返すと寝たきりになりやすい
 <何が引き金になる?>危険因子が血管を詰まらせる原因に   
 <脳梗塞の基礎知識>大きく分けて3つタイプがある  ほか
 再発予防の習慣チェック!

第2章 退院後の不安を解消する
 <退院後の不安>退院時に聞いておくべきポイントは?
 <薬への不安>薬はずっとのみ続けなければいけないの?
 <転医・転院への不安>専門医やかかりつけ医とどう付き合う?  ほか
 再発予防に成功している患者さんに学ぶ――再発に備える予防術
 コラム――脳卒中の不安や悩みをサポートする「脳卒中相談窓口」に期待

第3章 血栓を予防する薬物療法と生活改善
 <再発予防のための薬物療法>血小板の働きを抑える「抗血小板薬」  ほか
 <生活・食事改善>血圧を毎日測る習慣をつける  ほか
 再発予防の強い味方――生活記録をつけよう
 コラム――意外に多い睡眠の悩み。眠れないのは脳梗塞のせい?

第4章 ひとりでできるリハビリ 体と心と脳の運動
 リハビリの目的――できることを増やすために続けよう
 <上肢のリハビリ運動>ワイピング(前後・左右運動)、肘の曲げ伸ばし、ペットボトル運動  ほか
 <下肢のリハビリ運動>スクワット、ヒールレイズ(かかと上げ)、もも上げ  ほか
 <講音・嚥下のリハビリ>首のストレッチ、肩のストレッチ、口・頬の運動  ほか
 <脳を鍛える体操>好きな詩や本を朗読する、小説や新聞を書き写す  ほか
 <心のリハビリ>サークルなどに参加する、カラオケを楽しむ  ほか


商品情報




書名:別冊NHKきょうの健康 退院後の生活を支える本 脳梗塞の再発を防ぐ
監修:岡田 靖
編:NHK出版
出版社:NHK出版
発売日:11月17日
定価:1,320円(税込)
判型:B5判
ページ数:96ページ(オール2色)
ISBN:978ー4ー14ー794196ー9
URL→https://www.nhk-book.co.jp/detail/000067941962022.html
Amazon→https://www.amazon.co.jp/dp/4147941966
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)