デジタル製品・家電 美容・健康

視線計測装置 “Gazefinder(ゲイズファインダー)” 「NP-200」 を発売

株式会社JVCケンウッド
当社独自の視線計測技術を搭載し、心理学や脳科学、教育などのさまざまな研究に貢献する新モデル

株式会社JVCケンウッドは、JVCブランドより視線計測装置“Gazefinder(ゲイズファインダー)”「NP-200」を5月下旬より発売します。 “Gazefinder”は、当社独自の視線計測技術により、被験者がモニター上の画像を目視するだけで視線の計測・可視化を実現します。本機は、従来モデル「NP-100」(2016年9月発売)の後継機として、サンプリング周波数の拡張により、活用用途のさらなる拡大を図るとともに、セキュリティ面を強化し、より使いやすい新機能も搭載しました。




<企画意図>


「目は嘘をつかない」と言われるように、人は無意識に興味のあるものを見つめたり、嫌なものから目そらせたりします。視線計測は、人の興味や脳の働きとの関係性を可視化し、客観的・定量的な評価が可能となるため、幅広い応用が期待されています。

当社は、視線計測にいち早く着目し、2016年9月に視線計測装置“Gazefinder”「NP-100」を商品化。独自の高精度な視線計測技術と目の形状を短時間に把握・補正するキャリブレーション機能が好評を得て、これまで大学や研究機関などで視線研究に活用されてきました。

このたび発売する新モデル“Gazefinder”「NP-200」は、従来モデルの視線計測技術を継承しつつ、サンプリング周波数の拡張やセキュリティ向上のためのユーザーアカウント設定などの機能を拡充。さらに薄型化・軽量化によりユーザビリティを向上させました。

当社は本機を、心理学や脳科学、教育などを研究する大学や研究機関などに提案し、視線計測を活用した研究に貢献していきます。

<視線計測の仕組み>
本機は、計測用に制作された任意の静止画、動画を被験者に提示しながら、画面のどこに視線が向いているかを赤外線ステレオカメラの映像から解析し、その軌跡をモニターに映し出すことで視線の可視化を実現します。



<主な特長>
1.当社独自の高精度な視線計測技術で非侵襲な計測を実現
当社がこれまで培ってきた映像・光学技術を生かした、独自の視線計測技術により、第三者から見ることができない被験者の視線を高精度に可視化します。頭部の固定やゴーグルの装着が不要なため、乳幼児からお年寄りまで幅広い年齢の被験者に対し、非侵襲(身体への負担を与えない)で身体や心理面への影響を最小限に抑えた計測が可能です。

2.当社独自のキャリブレーション機能を搭載
被験者個々の目の形状を短時間に把握し、補正する独自のキャリブレーション機能を搭載しています。計測が難しい乳幼児に対しても、短時間かつ無意識のうちにキャリブレーションを行います。


3.従来比※約37%の軽量化を実現し、設置環境に調和する新デザインを採用
[テキスト ボックス: <本体背面部>] 画像を提示するモニター部、赤外線ステレオカメラを搭載した視線計測部、計測データ演算部が一体となったコンパクト設計はそのままに、従来比※約37%の軽量化を実現。また、前面はモニター部とカメラ部の段差をなくしたフラットデザインとし、背面カラーには設置環境となじみやすいグレイッシュホワイトを採用しました。
※:従来モデル「NP-100」との比較。



4.設置から計測、結果表示まで簡単操作を実現
複雑な接続が要らず設置が簡単な上、モニターとカメラの位置調整も不要です。さらに、本機に初めて触れる操作者でも、戸惑うことなく直感的に扱えるようシンプルなユーザーインターフェースを採用。計測画面では、被験者情報の入力から計測設定、計測開始までが同じ画面で行えます。


5.3種類のサンプリング周波数から選択が可能
従来モデルのサンプリング周波数50Hzに加えて、本機では60Hzと120Hzの合計3種類から選択でき、視線の停留確認や視線の動き、眼球運動の検証など、研究用途に応じた設定が可能です。

6.計測データを保護するユーザーアカウント設定機能を新搭載
従来モデルからの計測データ暗号化機能に加えて、ユーザーアカウント設定機能を新たに搭載。強化されたセキュリティにより不正ログインや計測データ・個人情報の漏洩を防ぎます。

7.機能を拡充するライセンスパック(別売)も用意
ライセンスパック(別売)を追加することで、用途に合わせた機能の拡充が可能です。ライセンスパック「NP-F01」は、任意の動画・静止画を本機へ追加することができ、活用用途拡大を可能にします。


<商標について>
・「Gazefinder」は、株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。
・その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先
--------------------------------------------------------------------------------------------------
【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】 株式会社JVCケンウッド ヘルスケア事業部
 TEL : 045-444-5354 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
--------------------------------------------------------------------------------------------------
本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
www.jvckenwood.com

当社プレスリリースURL
https://www.jvc.com/jp/press/2020/np-200/

当社製品ページURL
https://www.jvc.com/jp/pro/healthcare_sys/lineup/np-200/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)