住宅・建築・建設 美容・健康

北欧サウナ輸入・販売のtotonoü、アアルト大学客員研究員 / 一級建築士の北村泰之氏を、アーキテクト・マネージャーとして招聘

totonoü
事業拡大に向けて広報や法人営業などの副業・複業メンバーの募集も開始

エストニアサウナの輸入・販売事業を展開するtotonoü(本社:エストニア・タリン、代表:齋藤アレックス剛太)は、アーキテクト・マネージャーとして、フィンランド・アアルト大学客員研究員 / 一級建築士の北村泰之(きたむら やすゆき)氏を招聘したことを発表します。また、本日より、広報、法人営業、カスタマーサポートの3ポジションで、副業・複業メンバーの募集を開始することを合わせて発表します。



北村氏設計・箕面森町の家



■アーキテクト・マネージャー就任の背景





totonoüでは、家庭用サウナ・事業用サウナの輸入・販売事業を展開する中で、単に製品を販売するのみではなく、施工・組立、補助金・クラウドファンディングを活用した資金調達支援、設置後のアフターケアを含めて、包括的に「ととのう」ためのサービスを提供して参りました。その一環として、行政協議用資料の提供や行政協議サポートを無償で行っており、サウナを安全かつ適法に設置するための支援を行っています。

totonoüが提供する資料の一例






昨今サウナ市場が盛り上がりを見せ、協議内容も広範化する中で、「建築のプロ」観点でサウナ設置に向けた協議を支援する必要があると判断。今回の北村氏の招聘に至りました。





北村氏は今後、賃貸物件やマンションへのサウナ導入に向けた協議の支援や、協議用資料の再整備、日本の住環境に合った新製品の開発などに従事する予定です。





北村氏のアーキテクト・マネージャー就任を機に、totonoüではこれまで以上に「サウナと共にある暮らし」の実現に向けて、邁進してまいります。



■北村泰之 プロフィール


1989年生まれ。knooot (ノット) 一級建築士事務所 主宰。


「建築設計で人の暮らしを豊かにする」をテーマに、一級建築士として住宅•建築設計、リノベ•改修、店舗デザイン、文化財保存活用、空き家活用、サウナ設計等を行う。受賞歴としてグッドデザイン賞(2020年)、ASIA DESIGN PRIZE 2021(2021年・年間最優秀賞)など。2022年4月よりアアルト大学客員研究員としてフィンランドを拠点に活動している。






■新アーキテクト・マネージャー 北村氏コメント








これまでサウナ文化発祥の地・フィンランドで生活の一部となっているサウナを多く経験し、その素晴らしさと奥深さに心を奪われました。日本でも北欧のようなリラックスやアクティビティ、コミュニケーションやビジネスの場となる“サウナと共にある暮らし”を目指すtotonoüメンバーとともに、サウナを起点とした豊かな暮らしを提供しより多くの人を幸せにしたいと思っています。












■totonoü共同創業者 齋藤アレックス剛太 コメント





北村氏とサウナの中で面談をする中で、流行としてのサウナではなく、“サウナ文化そのもの”に愛を持っていることが伝わりました。そんな北村氏と共に、「サウナと共にある暮らし」という文化を創りたいという思いに至り、今回招聘させていただく運びになりました。





建築基準法や消防法等、法律の知見を活かして、既存製品のさらなる安全対策、そして新製品開発にも共に取り組んでいければと考えています。








■新メンバーの追加募集も開始


totonoüには現在15名のメンバーが所属しており、エストニアや日本等からリモートワーク主体で業務にあたっています。今回、事業拡大にあたって、新たなポジションを募集する運びとなりました。



募集ポジション


Corporate Sales(法人営業)
PR(広報)
CS(カスタマーサポート)







詳細は以下の採用ページよりご覧ください。


https://totonou.co/pages/recruit



■本件に関するお問い合わせ先

https://totonou.co/pages/contact




■totonoüについて


https://totonou.co/
totonoüは、「サウナと共にある暮らしを、日本で最速で実現する」をミッションに、北欧産サウナを販売するサウナ企業です。北欧・エストニアと日本を中心に「ととのえる」を専門とするメンバーたちが世界各国からフルリモートで勤務しています。現在は、家庭用・事業用の両面で、エストニア産サウナの輸入・販売・プロデュース・設計・施工を行っています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)