アパレル・ファッション 美容・健康

【介護経験者が語る】介護で一番大変なことは“排泄介助”!介護脱毛は必要?

恋肌(こいはだ)
介護脱毛は有効だと思う方は6割以上!その理由は介助が楽になって清潔に保てるから




介護脱毛という言葉を聞いたことはありますか?
老後に介護を受ける立場になったときを想定し、あらかじめアンダーヘアを脱毛しておく介護に向けた準備のことです。

介護脱毛をしていると、排泄介助がしやすい、肌トラブルの予防になる、衛生的など、介護する側にもされる側にも、いろいろなメリットがあると言われています。
そうは言っても、デリケートゾーンの脱毛となると抵抗がある方も少なくないでしょう。

そこで、脱毛サロン「恋肌」https://www.koi-hada.jp/lplj_lv/lp03/?refmedia=142)は、親族などを介護した経験のある男女を対象に、「介護経験者からの介護脱毛」に関する調査を行いました。


【20代で介護を始める人も】介護の現状は?

はじめに、ご自身が介護を行う立場になった年齢について伺っていきたいと思います。



「介護者となったのは何歳ごろでしたか?(ご自身が介護を行う立場になったのが何歳かをお答えください)」と質問したところ、『50代(35.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『40代(29.3%)』『30代(16.9%)』と続きました。

50代で介護を行う立場になった方が3割以上と多いようですが、では、どのような方の介護を行うことになったのでしょうか?

そこで、「どのような方の介護をしていましたか?(していますか?)」と質問したところ、『配偶者または自分の親(84.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『配偶者(5.5%)』『配偶者または自分の兄弟姉妹(3.6%)』と続きました。

配偶者や自身の親の介護をしている、していた方が8割以上と圧倒的に多いようです。


【1年以上3年未満が第1位】介護はどれくらい続く?

介護する立場となった年齢などが分かりましたが、では、どのような状態の方の介護経験があるのでしょうか?



そこで、「介護を受ける方はどのような状態でしたか?(状態ですか?)」と質問したところ、『認知症・高齢による衰弱(53.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『骨折や転倒(15.3%)』『脳血管疾患(14.9%)』と続きました。

半数以上の方が、認知症を患った方や高齢によって衰弱した方の介護をしていることが分かりました。
では、どのくらいの期間介護をしている、あるいはしていたのでしょうか?

続いて、「介護は何年間くらい続きましたか?(続いていますか?)」と質問したところ、『現在も続いている(24.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『1年以上3年未満(23.0%)』『3年以上5年未満(18.7%)』と続きました。

現在も介護を行っている方が2割以上いるようです。
また、1年以上介護をしていた方が6割近くにのぼることから、介護は長期に渡って行う必要がある様子が窺えます。


【トイレのバリアフリー化をしておくべき】介護で一番大変なことは?

先程の調査結果で、介護を受ける方の状態や、介護経験の期間について分かりました。
介護は、体力だけでなく精神的にも大変かと思いますが、では、介護している中で一番大変だったこととは一体何なのでしょうか?


そこで、「介護のお世話で何が一番大変でしたか?(大変ですか?)」と質問したところ、『排泄の介助(38.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『コミュニケーション(19.8%)』『入浴の介助(13.0%)』と続きました。

3割以上の方が、排泄の介助が大変と感じていることが分かりました。
また、認知症や高齢の方を介護している場合、コミュニケーションを取ることも大変なようです。

排泄の介助が大変と感じている方が多いですが、その苦労はどれほどのものなのでしょうか?


続いて、「排泄の介助は苦労しましたか?(苦労していますか?)」と質問したところ、『とても苦労した・している(37.6%)』『やや苦労した・している(33.8%)』『あまり苦労しなかった・していない(15.0%)』『まったく苦労しなかった・していない(13.6%)』という回答結果になりました。

7割以上の方が苦労した・していると回答したことから、やはり排泄の介助は相当苦労するケースも多いようです。
こうした経験を踏まえ、排泄の介助に備えておくべきこととは何なのでしょうか?

「排泄介助に備えて何をしておくべきだと思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、『トイレのバリアフリー化(55.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『専門家への相談(44.9%)』『家族での話し合い(42.5%)』『介護脱毛(21.2%)』と続きました。

トイレのバリアフリー化をしておくべきと思う方が半数以上いるようです。
また、専門家への相談や家族での話し合いをしておくべきという方が4割を超え、さらに介護脱毛をしておくべきという方も2割以上にのぼりました。


【介助の時短になって清潔に保てる】経験者が語る介護脱毛のメリットは?

介護で一番大変なことや、排泄介助に備えておくべきことが分かりました。

排泄の介助に苦労した方が7割以上と多いことが明らかになりましたが、少しでもその苦労を減らすためにも、介護脱毛は有効だと思うのでしょうか?


そこで、「ご自身の介護経験を踏まえ、介護脱毛は有効だと思いますか?」と質問したところ、6割以上の方が『とてもそう思う(26.6%)』『ややそう思う(38.1%)』と回答しました。

介護脱毛は有効だと思う方が多いようです。
『とてもそう思う』『ややそう思う』と回答した方に、介護脱毛が有効だと思う理由を具体的に聞いてみました。

■介護脱毛が有効な理由とは
・便をオムツでするようになると拭き取るのが大変だから(30代/女性/専業主婦)
・排泄の後の処理が楽になるから(50代/男性/会社員)
・衛生的で介助の時短になる(60代/女性/専業主婦)
・清潔に保つため(60代/男性/無職)

などの回答が寄せられました。

排泄した後の拭き取りが楽になるだけでなく、清潔に保つことができるとみているようです。
介護者として介護脱毛は有効だと思うようですが、では、ご自身は介護脱毛に対してどのような姿勢なのでしょうか?

そこで、「自身が介護される立場になった時に備えて介護脱毛しておこうと思いますか?」と質問したところ、6割以上の方が『とてもそう思う(24.1%)』『ややそう思う(36.0%)』と回答しました。

介護経験を踏まえて、自身が介護される立場になっても介護者に苦労をかけないように介護脱毛をしておこうと思う方が多いようです。


【まとめ】介護脱毛はメリットがたくさん!将来に備えて早めに考えるべき

今回の調査で、介護をしている方の一番の苦労は排泄の介助であることが分かりました。

認知症や高齢による衰弱によって配偶者やご自身の親が要介護者となり介護をしている方、していた方が多く、また、長期にわたって介護を行うケースも多い様子がうかがえます。

介護の中でも、排泄の介助が一番大変だと思う方が3割以上にのぼり、苦労している方が7割以上いるようです。
苦労した経験を踏まえ、排泄介助に備えてトイレのバリアフリー化や専門家への相談だけでなく、介護脱毛をしておくべきという方も決して少なくないことが明らかになりました。

介護脱毛は、清潔に保てるだけでなく介助の時短にもなることから、有効であると思う方が非常に多く、自身も介護される立場になった時に備えて介護脱毛しておこうと思う方が半数以上いることが分かりました。

自身を介護する方のためにも介護脱毛をはじめてみませんか?


介護脱毛なら『恋肌』




「いつか介護されるときに備えて介護脱毛をしたい」
「VIO脱毛をして清潔に保ちたい」

そのような方にオススメしたいのが、セブンエー美容株式会社が運営する脱毛サロン『恋肌』https://www.koi-hada.jp/lplj_lv/lp03/?refmedia=142)です。

【恋肌の現在のキャンペーン】
★新「都度払いプラン」をリリースしました!★
全身脱毛都度払いの他に、全身から34部位選んで脱毛することができる都度払いプランもあります。

★全身脱毛1回プレゼント中!★
全身脱毛6回以上の回数制のコースをご契約いただいた皆さまには、全身脱毛を1回無料で追加するキャンペーンを実施中です。

『恋肌』は、日本人の肌に合わせた特注の国産脱毛器を使用しているため、施術中の痛みもほとんどありません!
さらに、コラーゲン美肌脱毛を導入しているので、脱毛しながら透明感あふれるプルプルの美肌に導いてくれますよ♪
美肌効果の高いローションが無料なのも、女性にとって嬉しい特典です。
安い・痛くないだけではなく、より美しいお肌づくりも期待できるのが恋肌の特徴です。

無理なく通いやすい料金設定で高いクオリティの脱毛をご提供いたします。
ぜひ『恋肌』にお気軽にご相談ください。

■脱毛サロン「恋肌」:https://www.koi-hada.jp/lplj_lv/lp03/?refmedia=142
■お問い合わせURL:https://www.koi-hada.jp/contact/


調査概要:「介護経験者からの介護脱毛」に関する調査
【調査日】2022年11月1日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,043人
【調査対象】親族などを介護した経験のある男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

※このアンケートは、恋肌に通われていた方・勤務しているスタッフに実施したものではありません。恋肌のプランや料金、施術内容や効果とは異なる場合がございます。

【記事等でのご利用にあたって】
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「ゼネラルリサーチ調査」「恋肌」である旨の記載
・該当するプレスリリースのリンク設置
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)