医療・医薬・福祉

「一般社団法人 日本NKT細胞標的治療研究会」設立について

一般社団法人日本NKT細胞標的治療研究会

新しいがん免疫療法「NKT細胞標的治療(RIKEN-NKT(R))」のがん治療の有効性を基礎及び臨床医学的に様々な角度から検証し、さらに有効性の高い治療技術の発展を図り、がん治療において広く社会に貢献することを目的に、2022年4月1日に関連医師らの協力により発足された「日本NKT細胞標的治療研究会」が、新たに、「一般社団法人日本NKT細胞標的治療研究会(Japan Society for NKT Cell Targeted Therapy)」(代表理事:伊東 信久、所在地:東京都千代田区一番町10-2)を設立致しました。一般社団法人日本NKT細胞標的治療研究会は、この設立に伴い2022年11月19日、合人社東京永田町ビルビジョンセンター(東京都千代田区永田町1丁目11-28)において、第1回総会を開催します。

この度設立された一般社団法人日本NKT細胞標的治療研究会は、研究開発元の理研免疫再生医学と提携するNKT細胞標的治療を提供する医療機関の医師や技術開発及び再生医療に関わる企業が参加し、症例データベースの構築、治療プロトコルの共通化、有効性評価法の検討を基にした医学的根拠をもって治療の妥当性を示すこと、及びそれにより同治療ががん治療の一翼として広く認知されること、並びに同治療技術の高度化と有効性の向上を目的として、本年4月1日に任意団体として発足した日本NKT細胞標的治療研究会を発展的に組織化したものです。今後は、提供医療機関の医師や関係企業だけではなく、NKT細胞標的治療に関心を持つ医療機関の医師や企業関係者、導入を検討されている医師の方々にも参加して頂くことを期待しています。

2022年11月19日に開催される一般社団法人 日本NKT細胞標的治療研究会第1回総会では、参加医師によるNKT細胞標的治療に関する学術講演も行われます。

<概要>
名称:
一般社団法人 日本NKT細胞標的治療研究会
英文名称:
<概要>
名称:
一般社団法人 日本NKT細胞標的治療研究会
英文名称:
Japan Society for NKT Cell Targeted Therapy (JSNCTT)
所在地:
東京都千代田区一番町10-2 一番町Mビル9F
役員:
代表理事:伊東 信久(医療法人眞愛会 理事長)
理事:中川 敬一(東京シーサイドクリニック 院長)
古賀 祥嗣(社会福祉法人仁生社 江戸川病院 副院長、アールイークリニック銀座会長)
菊永 裕行(東京メディカルテラス 院長、一般社団法人国際医療テラス代表)
小澤 俊幸(大阪公立大学大学院医学研究科 特任教授)
徳岡 治衛(株式会社理研免疫再生医学 代表取締役)
監事:石川 敦子(野村医院 院長)

■RIKEN-NKT(R)

独立開発研究法人理化学研究所が長期間かけて研究開発し、国立大学と臨床試験を行ってきたがんの治療を目的とした医療技術「NKT細胞標的治療」を基礎として、理研免疫再生医学が独自開発した自家免疫細胞によるがん治療技術です。
血液内に極微量含まれる特殊な免疫細胞、NKT細胞の性質に着目し、体内のNKT細胞を活性化させます。活性化したNKT細胞は自身が免疫チェックポイント阻害やパーフォリン効果により体内の免疫環境を回復させながらがん細胞を攻撃するのに加え、活性化したNKT細胞が産生するサイトカインが自然免疫系と獲得免疫系の免疫細胞を同時に活性化し、活性化したこれらの細胞もがん細胞を攻撃します。また活性化したNKT細胞は長期免疫記憶を獲得することも明らかになっています。
RIKEN-NKT(R)︎ は、そのユニークな作用機序により、全てのヒト種族、ほぼ全てのがん種と部位、ステージIからIVに至るまでの全てのステージに適応が可能なのが特長です。また、自家免疫細胞を用いる治療法であり、副作用はほとんどありません。特に、手術前後での実施が再発・転移の予防に効果があると期待されている他、標準治療の抗がん剤や放射線治療との併用が可能です。
RIKEN-NKT(R)️ に使用される、体内のNKT細胞を活性化させる必須リガンド(αガラクトシルセラミド)は理研免疫再生医学が合成方法を独自に発明し、委託先の国内の製薬メーカーにてGMP製造※1したもので、理研免疫再生医学が独占製造供給権を保有しています。
RIKEN-NKT(R)️ は2016年6月より厚生労働省の許可を得て、現在までに国内で420症例以上の実績を有し、部位やステージを問わず進行停止や完全寛解、無再発の高い奏効が受療した患者様の中に認められており、特に抗がん剤の副作用の低減を含むQOLの改善が多く確認されています。
現在、厳選した全国の21の提携医療機関※2に向けてRIKEN-NKT(R)️ 再生医療製品を提供しています。治療は保険外診療となり、治療費は352万円程度(税込)※3となっています。


※1: 独自の合成方法を株式会社理研免疫再生医学らが発明し、同社が製造を委託した国内製薬メーカーがGMP製造したものです。GMP(Good Manufacturing Practice)とは、製造業者(外国製造業者含む)および製造販売業者に求められる「適正製造規範」(製造管理・品質管理基準)のことです。品質管理とは、医薬品等の原材料の入荷、検品から製造、製品の包装、出荷管理、製品保管、回収処理などに係る業務です。医薬品製造においては薬事法に基づくGMP省令を遵守することが定められており、臨床試験を実施する医療機関等にも適用されます。

※2:RIKEN-NKT(R)️を提供する医療機関一覧







※3:約352万円(税込)の治療費には初診費用・事前検査費用・再診費用・採血料・投与料・免疫機能検査費用など、全ての費用が含まれます。但し治療費用は医療機関によって多少の違いがあります。

本リリースに関するお問い合わせは、一般社団法人日本NKT細胞標的治療研究会事務局(代表番号03-5226-5882)まで。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)