美容・健康 アパレル・ファッション

【格闘技×ムダ毛処理に関する調査】約8割が練習や試合前にはムダ毛を処理していると回答。その理由とは?

メンズエミナルクリニック
格闘技をするなら医療脱毛『メンズエミナル』




近年、「格闘技」の人気は高く、競技団体の数も昔に比べて格段に増えました。
興行は大盛況、スター選手も多く、チケットを購入して観戦しに行く方も珍しくないでしょう。
中にはジムや道場に通って、格闘技で体を鍛えているという方もいるかもしれません。

しかし、格闘技は他のスポーツ競技と比べて肌を露出(薄着)することが多く、コンタクトスポーツでは「フルコンタクト」に分類されるなど、相手と接触する機会の多い競技です。
“肌”に対して、気を使うことも多いのではないでしょうか。
実のところ、格闘技経験者は「ムダ毛」に対して、どのように思っているのでしょう?

そこで今回、メンズ医療脱毛クリニックメンズエミナル』(https://mens-eminal.jp/lp/?refmedia=31073)は、格闘技をしている男性を対象に、「格闘技×ムダ毛処理」に関する調査を実施しました。


格闘技×ムダ毛との関係は?

はじめに、どのような格闘技を行っているのか伺っていきたいと思います。



「どのような格闘技(武術)の経験をお持ちですか?」と質問したところ、『柔道(28.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『空手道(伝統派空手、テコンドーなどを含む)(15.1%)』『ボクシング(14.4%)』『剣道(居合道も含む)(11.7%)』と続きました。

2022年11月7日、競技人口の減少やジムの経営難などに直面するプロボクシング業界を応援しようと、自民党の国会議員でつくる議員連盟が発足しました。
柔道経験者が約3割と比較的多いようですが、格闘技は実にさまざまな競技があり、今後ボクシングだけでなく格闘技人口は増えていくかもしれません。

■以降の回答結果はこちら
キックボクシング(マーシャルアーツやムエタイを含む)(7.3%)』『総合格闘技(シュートボクシングや大道塾空道、躰道(たいどう)などを含む)(5.2%)』『合気道(4.5%)』『弓道(3.1%)』『柔術(ブラジリアン柔術、ヨーロピアン柔術などを含む)(2.7%)』『拳法(日本拳法や少林寺拳法などを含む)(2.6%)』『相撲(2.0%)』『レスリング(1.9%)』『カポエイラ(0.4%)』『その他(0.9%)

では、格闘技とムダ毛について、どのような関わりがあるのでしょうか。


「格闘技(練習、試合)をする前にムダ毛を処理していますか?」と質問したところ、約8割の方が『はい(79.8%)』と回答しました。

格闘技をしている男性の約8割が、格闘技(練習、試合)をする前にはムダ毛を処理していることが分かりました。
何かと肌を露出する機会が多く、また、どのような格闘技でも相手いるため、ムダ毛を処理する方が多いのかもしれません。

では、どのような方法でムダ毛を処理しているのでしょうか。

続いて、「どのような方法でムダ毛を処理していますか?」と質問したところ、『カミソリ(シェーバー)(54.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『ワックス(テープ)脱毛や除毛剤など(25.4%)』『美容脱毛(光脱毛)(12.9%)』『医療脱毛(永久脱毛)(7.0%)』と続きました。

2人に1人がカミソリやシェーバーでムダ毛を剃って処理しており、また4人に1人の割合でワックスやテープを使ってムダ毛処理してことが分かりました。


格闘技経験者はムダ毛を気にした経験がある!?

約8割の方が「ムダ毛を処理している」ことが分かりましたが、どのような理由があるからなのでしょうか。



そこで、「格闘技(練習や試合)をしていてムダ毛が邪魔だと感じたことはありますか?」と質問したところ、『とてもある(39.1%)』『ある程度ある(42.6%)』『あまりない(13.2%)』『全くない(5.1%)』という回答結果になりました。

8割以上がムダ毛を邪魔に感じた(とてもある、ある程度ある)ことがあるようです。
格闘技はコンタクトスポーツ(Contact sportとは、競技者と競技者が接触する度合いのこと。または、それをスポーツ全般として段階で表したもの)ではマウスガードの装着が義務付けられる「フルコンタクト」にあたります。
ムダ毛についても邪魔に感じる方が多いのかもしれません。

では、どのような部分のムダ毛が邪魔だと感じるのでしょうか。

続いて、「特に、どの部分(部位)のムダ毛が邪魔だと感じますか?(上位3つまで)」と質問したところ、『ワキ(47.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『上半身(胸やお腹、背中など)(46.2%)』『下半身(お尻や大腿部、すねなど)(39.6%)』『顔(ヒゲの周囲、うなじなど)(31.3%)』『足の甲や二の腕、指など(17.2%)』『VIO(8.1%)』と続きました。

半数近くがワキや上半身のムダ毛が邪魔だと感じているようですが、下半身についてやや割合が少ない傾向があるようです。
また、脱毛男子に人気のある「ヒゲ」は約3割と比較的に少ないようですが、もしかすると、男性の象徴であるヒゲにワイルドさを求めるという方もいるのかもしれません。

では、このような邪魔に感じる部分のムダ毛を処理していなくて“失敗した”と思った経験はあるのでしょうか。


そこで、「ムダ毛を処理していなくて恥ずかしい思いをした経験はありますか?」と質問したところ、『ある(54.2%)』『ない(ムダ毛処理をしている)(31.3%)』『ない(ムダ毛処理はしていない)(14.5%)』という回答結果になりました。

半数以上の方が『ある』と回答しましたが、どのような「恥ずかしい経験」だったのか具体的にお聞きしました。

■格闘技をしている男性が恥ずかしい思いをした“ムダ毛”にまつわるエピソードとは?
・貼ってあるテープを剥がしてもらう時、痛がるそぶりを見られて何だか恥ずかしい思いをしました(20代/会社員/千葉県)
・毛が濃いので、胸や腹の毛を見られると恥ずかしい(30代/会社員/東京都)
・練習中、上半身裸でストレッチをしていたら練習生に若い女性がいて、伸びきっていた脇毛を見られた時は恥ずかしかった(30代/経営者・役員/東京都)
・ムダ毛処理を忘れていて相手にチクチクすると言われたとき(30代/自営業/東京都)

などの回答が寄せられました。

単純に、体毛が濃いため他人に見られて恥ずかしかったといった経験だけでなく、テーピングを剥がす際に痛がったり、ムダ毛の処理を怠っていて相手から指摘されたり、といった“恥ずかしい出来事”があったようです。


格闘技をするならムダ毛処理もしておこう

ここまでの調査で、格闘技をする際にはムダ毛を処理しておいたほうが好ましいことが分かりました。
では、実際に格闘技をしている男性は、どのように思っているのでしょうか。


「格闘技をする際、ムダ毛は処理しておいた方が良いと思いますか?」と質問したところ、『とてもそう思う(42.6%)』『ある程度そう思う(43.1%)』『あまりそうは思わない(11.2%)』『全くそうは思わない(3.1%)』という回答結果になりました。

先程の調査結果では、54.2%と半数以上が「ムダ毛を処理していなくて恥ずかしい思いをした経験がある」ことが分かりました。
やはり、格闘技をするならムダ毛は処理した方が良いといえるでしょう。
事実、格闘技経験者の9割近くが、そう思う(とてもそう思う、ある程度そう思う)と回答しました。

では、やはりムダ毛を処理するのは「見られても恥ずかしくない」という理由が大きいのでしょうか。

そこで、「処理しておいた方が良いと思う理由として近いものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『モチベーションが上がる(自分に自信がつく)(49.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『清潔感が出る(イメージアップに繋がる)(40.1%)』『心理的優位が得られる(若く見られるなど)(33.1%)』『周囲からの好感度がアップする(モテる)(32.5%)』『相手に不快感を与えない(身だしなみ的な理由)(28.3%)』『毛があると邪魔(汗を拭きにくい、テーピングを使用するためなど)(25.7%)』『臭い防止(衛生的な理由を含む)(17.8%)』『見られても安心(恥ずかしくない)(12.3%)』と続きました。

ムダ毛にまつわる恥ずかしい経験をした方が多い一方で、ムダ毛を処理する理由として大きいのは「見られても安心(恥ずかしくない)」よりも、モチベーションやイメージアップといった理由が強くあることが分かりました。
プロの格闘選手を思えば、その理由が多いことも納得なのではないでしょうか。


格闘技をするならムダ毛を処理するよりも脱毛!?

格闘技をするならムダ毛を処理すべきということは分かりましたが、いちいちカミソリで剃ったりワックスを使ったりするのは、手間もかかるのではないかと思います。

脱毛ならばカミソリで剃るよりもキレイに処理することができるうえ、永久脱毛の場合はムダ毛を気にすることが一切なくなります。

では、ムダ毛を脱毛することについてはどのように思うのでしょうか。


最後に、「格闘技をするなら脱毛をしておいた方が良いと思いますか?」と質問したところ、『とてもそう思う(47.4%)』『ある程度そう思う(48.7%)』『あまりそうは思わない(3.8%)』『全くそうは思わない(0.1%)』という回答結果になりました。

脱毛してしまえば処理するのを忘れたといった“失敗”はなくなるでしょう。
練習や試合前に余計な時間が取られることもなくなるため、その都度ムダ毛を処理するのではなく、脱毛してしまったほうが良いといえるのではないでしょうか。

実際、格闘技をしている男性の9割以上(とてもそう思う、ある程度そう思う)が、格闘技をするなら脱毛をしておいた方が良いと思っていることが分かりました。


【まとめ】格闘技経験者は実はムダ毛を気にした経験あり!格闘技をするなら脱毛も始めよう!

今回の調査で、格闘技をしている男性のムダ毛事情が明らかになりました。

スポーツ競技には種類があり、格闘技にもさまざまありますが、格闘技経験者の約8割が練習や試合の前には「ムダ毛を処理している」ことが分かりました。
何かと肌を露出する機会が多いため、5割以上がムダ毛にまつわる“恥ずかしい経験”があるようです。
事実、格闘技経験者の8割強が「格闘技をする際にはムダ毛は処理しておいた方が良い」と感じていることが分かりました。

しかし、ムダ毛処理をしたほうが良いと思う理由については、「見られても安心(ムダ毛を他人に見られても恥ずかしくない)」といったことよりも、ご自身のモチベーションアップやイメージアップに繋がるといった「コンプレックスを解消するため」ではなく、「自分を磨くため」といった理由のほうが大きいことが明らかになりました。

格闘技は身体が「資本」になることが多い競技です。
筋肉をつけて身体を大きくする、肌をきれいにする、髪型を整える、それらと同じようにムダ毛を処理することも積極的に行っているようです。

プロの格闘技選手を見ると、はっきりとそれが見て取れると思います。
これから格闘技をはじめてみたいと思っている方は、この記事をぜひ参考になさってください。


メンズ脱毛を始めるならメンズエミナル




全国に40院展開するレディース専門医療脱毛『エミナルクリニック』のメンズ専門クリニックとして、2021年1月にメンズ専門医療脱毛『メンズエミナル』(https://mens-eminal.jp/lp/?refmedia=31073)を開院しました。
エミナルクリニックで経験を積んだ、脱毛施術の技術に長けた看護師が多く在籍しています。

そんなメンズエミナルのこだわりは、痛みを少なく・広い照射範囲の医療脱毛をご提供することです。
1番人気の「選べるヒゲ3部位コース」は6回セットで月々1,850円(税込)※1と非常に通いやすい価格となっております。

患者様のコンプレックスやお悩みに向き合っていきますので、どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。
また、従来の医療脱毛の強い痛みが不安で、医療脱毛へ踏み出せない男性にも安心して通っていただきたいという想いから、すべての患者様に麻酔クリームを無料でご提供しています。

脱毛でお悩みの方は、是非メンズエミナルの無料カウンセリングに一度お越しください!

※1 医療ローン48回払い(頭金なし、初回2,101円、2回目以降1,850円、総額:89,051円(税込))
※一括払いの場合 63,900円

■メンズ医療脱毛クリニック『メンズエミナル』:https://mens-eminal.jp/lp/?refmedia=31073
■公式Instagram:https://www.instagram.com/mens_eminalclinic/
■TEL:0120-585-737

調査概要:「格闘技×ムダ毛処理」に関する調査
【調査期間】2022年10月31日(月)~2022年11月1日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,002人
【調査対象】格闘技をしている男性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

※このアンケートは、メンズエミナルクリニックに通われていた方・勤務している医師や看護師に実施したものではありません。メンズエミナルクリニックのプランや料金、施術内容や効果とは異なる場合がございます。

【記事等でのご利用にあたって】
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「ゼネラルリサーチ調査」「メンズエミナル」である旨の記載
・該当するプレスリリースのリンク設置
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)