食品・飲料

数量限定 新発売 極めてアルベキナ種らしい、リンゴやナッツの風味あふれるスイート系エキストラバージンオリーブオイル

日本オリーブ株式会社
有機栽培 一期一会エキストラバージンオリーブオイルイェクラ産

日本オリーブ株式会社(所在地:岡山県瀬戸内市牛窓町、取締役社長:服部芳郎)は、スペイン ムルシア州産アルベキナ種(有機栽培)を100%使用したシングルエステート単一品種のオイル「一期一会エキストラバージンオリーブオイル イェクラ産」を2022年11月21日(月)にオンラインショップ等で数量限定発売いたします。


商品詳細ページはこちら http://bit.ly/3geBrRb

 「欧州の果樹園」と言われるスペイン ムルシア州。羊たちと共存する有機農業を実践しているデオルテガス社は、世界的なコンテストの受賞歴も多数あるスーパー生産者です。その農園から、スイートなエキストラバージンが届きました。青リンゴ、バナナ、トマト、ナッツの四重奏が素晴らしく、まさに「もう二度と出会えないかもしれない、一期一会」なオイルです。極めてアルベキナ種らしい、お手本のような風味。パスタやトースト、サラダにと幅広く活躍します。ご自宅用はもちろん、ご進物にも大変喜ばれています。ぜひこの機会にご賞味くださいませ。
有機栽培アルベキナ種
デオルテガス農園栽培管理風景
デオルテガス農園では羊の堆肥を使用
デオルテガス農園収穫風景
デオルテガス農園での選果風景

【商品情報】
品名 一期一会エキストラバージンオリーブオイル イェクラ産
発売日 2022年11月21日 ※一部販路では先行発売を実施しました。
容量・税込価格 450g ¥3,240 / 180g ¥1,620
一期一会エキストラバージンオリーブオイル450g
一期一会エキストラバージンオリーブオイル180g

【販路】
公式HP:http://bit.ly/3geBrRb

【ブランド「一期一会」について】
 スペインに自社農園を所有する日本オリーブ株式会社のオリーブオイル鑑定⼠は、現地のオリーブ生産者とのお付き合いの中で、プレミアム級のエキストラバージンオリーブオイルに出会うことがあります。シングルエステートの単一品種のオイルは、自然の産物のため、毎年、全く同じ味にはなりません。また、入手することそのものが困難になるかもしれません。今、出会った素晴らしいこのエキストラバージンオリーブオイルを是⾮日本の皆様にお届けしたい……一期一会の心を大切に、日本で丁寧に瓶詰めしました。皆様のお口に合いますように。

【企業情報】
 第⼆次世界大戦中、岡山県有数の商家の第11代当主 服部和一郎は「食料確保のため、山を芋畑に」と軍部から要請され、「芋畑にすると、瀬戸内の素晴らしい景観が損なわれる。オリーブは薬用になり、食用になり、灯⽕にもなる」と考え、1942年4月19日、開墾した阿弥陀山中に、平和の象徴オリーブを植樹しました。
1949年6月1日、日本オリーブ株式会社を設立と同時に、第一号商品「オリーブマノン バージンオイル」(オリーブ油100%の純粋化粧用油)を発売。
日本でのオリーブオイル需要増に対応するため、1992年には世界一のオリーブ生産国スペイン トルトサにも自社オリーブ園を開設し、現在、牛窓オリーブ園で10ha、約2,000本、トルトサオリーブ園で45ha、約3,100本の栽培・収穫・加工を生産者として行いながら、オリーブのオイルのみならず果汁・葉エキスなどの基礎研究・医薬部外品や化粧品の商品開発、販売を行っています。
https://bit.ly/3rgNwrk

【会社概要】
社名:日本オリーブ株式会社
代表取締役社長:服部芳郎
住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3911-10

【牛窓オリーブ園情報】
 1942年、創業者服部和一郎(現社長の曽祖⽗)は百年先の牛窓の景観を保つため、また、「オリーブは薬用になり、食用になり、灯⽕にもなる」と考えて阿弥陀山を開墾してオリーブ園を開園しました。現在、約10haに約2,000本の規模で栽培を行いながら、年間約9万人(2018年度)が訪れる岡山県南有数の観光スポットとなっています。年中無休・入場無料
http://bit.ly/3EaQx20
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)