美容・健康 アパレル・ファッション

長年アスリートに選ばれ続けるリカバリーウェアのベネクスが現役をより長く続けられる体づくりをサポート 効率良い休養時間で差をつける 新シリーズ12月発売へ

株式会社ベネクス
休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)は、スポーツをコンセプトとした商品カテゴリーの再編集を行ないました。今後、スポーツチームおよびスポーツ用品店等に向けた展開を予定しており、12月は新シリーズの発売も予定しています。 また、当社ブランドサイト内のコンテンツ「Recovery Lab Magazine」では新たに、目標に向かい進み続けるために、コンディショニング作り、そしてアスリート人生を設計できる方【Think Athlete】をテーマに、アスリートのライフスタイルに迫ったインタビュー記事の公開をスタート。その第1弾として、元日本代表で現在「はやぶさイレブン」の監督兼選手として活躍する永井 雄一郎さんを迎え、お話しを伺いました。


自社コンテンツ【Think Athlete】:https://www.venex-j.co.jp/recovery_lab_magazine/think-athlete/




リカバリーウェア開発の原点「スポーツ」をコンセプトに商品カテゴリー再編集。

ベネクスリカバリーウェアは、健康作りの3要素「運動」「栄養」「休養」の中の「休養」に着目し、疲労回復や安眠をサポートすることを目的に開発しました。現在は、ビジネスパーソンや主婦など幅広い層の方に日々の体ケアアイテムとして愛用されています。
2010年の発売以降、体のケアについて日頃から高い意識を持つトップアスリートの間で広く使われるようになり、昨年からはプロスポーツチームやアスリートへのサポートを本格化するなど、当社はスポーツと深く関わってきました。このたび、リカバリーウェア開発の原点とも言える「スポーツ」をコンセプトに、商品カテゴリーの再編集を行ないました。今後は、スポーツチームおよびスポーツ用品店等への展開を強化していく予定です。


ベネクスが考える【Think Athlete】とは?移動時間も「リカバリー行動」で差をつけ、より長い現役アスリート人生を

当社は、目標に向かって進み続けるために、コンディショニング作り、そしてアスリート人生を設計できる方を、【Think Athlete】と定義しています。パフォーマンスを最大限に発揮させるためには、ひとりひとりのライフスタイルに合った休養方法を取り入れ、疲れを翌日に持ち越さないという意識が重要になります。

ベネクスリカバリーウェアを愛用するアスリートの多くは、自分の体の状態を理解し、最適なケアを施す「攻めの休養」の習慣が定着しています。ベネクスは、1日24時間という限られた時間の中で、いかに効率良く休養できるかは、日々の行動が影響していると考えます。例えば、「移動時間」や、運動後などの「休養時間」をすべてスマホと向き合って過ごすのか、もしくはパフォーマンス向上を意識した時間を過ごすのか。長年アスリートに選ばれ続けたベネクスだからこそ、後者を選択する【Think Athlete】が、疲労から起こる怪我や練習不足などを少しでも減らし、もっと長く現役で活躍できる体、いつまでもスポーツを楽しめる体づくりに取り組めるよう、「休養」からサポートしたいと考えています。より質の高い休養時間を過ごすために取り入れる方法のひとつとして、“身に着ける”だけで心身ケアが可能な「リカバリーウェア」を選び、悔いのないアスリート人生を過ごして欲しいと願っています。


自社コンテンツ「Recovery Lab Magazine」 では【Think Athlete】をテーマにインタビュー記事を公開中 第1弾:はやぶさイレブン監督兼選手【永井 雄一郎】さん



当社のコンテンツ「Recovery Lab Magazine」にて【Think Athlete】インタビューの第1弾として、元日本代表で現在「はやぶさイレブン」の監督兼選手として活躍されている永井 雄一郎さんのインタビュー記事を公開中です※。
ベネクス愛用歴10年の永井さんが考える、40歳を超えた現在もなお現役でプレーを続けられる、その健康な体づくりの秘訣を全6回にわたって紐解いていきます。

「Recovery Lab Magazine」では、ご愛用者の皆様をご紹介する他、効果的な「ベネクスリカバリーウェア」の使い方や疲労のマネジメント方法など、様々な角度からリカバリー(休養)に関するお役立ち情報を発信しています。ぜひベネクスと一緒に、自分に合ったリカバリースタイルを見つけていきませんか。

〈永井 雄一郎さんプロフィール〉
1979 年生まれ、東京都新宿出身のプロサッカー選手で、浦和レッドダイヤモンズなどで活躍。2003 年には日本代表にも選出されチーム初得点を記録し、ジーコジャパンの初勝利に貢献。2007 年には AFC チャンピオンズリーグ決勝で先制点を決め、大会 MVP に選出されるなどの経験を持ち、現在は神奈川県社会人リーグ 1 部で活躍する「はやぶさイレブン」に所属し、監督兼選手として活躍中。

※永井雄一郎さんインタビュー記事
Vol.1「監督一年目の振り返り、そしてチームのリカバリー戦略」:
https://www.venex-j.co.jp/recovery_lab_magazine/think_athlete/detail/20221024.html
Vol.2 「『情報を拾う』Think Athlete永井雄一郎のリカバリーメソッド」:
https://www.venex-j.co.jp/recovery_lab_magazine/think_athlete/detail/20221111.html
Vol.3 「怪我との向き合い方次第で、自分を成長する時間にできる」:
https://www.venex-j.co.jp/recovery_lab_magazine/think_athlete/detail/20221117.html

〈今後の予定〉
Vol.4 「Think Athlete永井雄一郎の原点と今」: 2022年11月24日(木)公開予定
Vol.5、Vol.6は公開日未定。後日、当社公式ホームページ・SNSにて詳細をご確認ください。
詳細:https://www.venex-j.co.jp/recovery_lab_magazine/think-athlete/


限られた時間で効率良い休養を。2022年12月、リカバリーウェア新シリーズが登場!

当社が「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」をコンセプトにしてつくったリカバリーウェア。独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物を繊維1本1本に練りこんで開発した特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)」と、体を締め付けないノンコンプレッションデザインによる、身に着けるだけで上質な休養をサポートする休養時専用ウェアです。使う人に合わせて幅広い商品展開を行うなかで、スポーティーなデザインのシリーズや、部分ケアに使いやすいアクセサリー商品などがありますが、新たに2022年12月、「スポーツ」をされる方の移動・休養シーンに寄り添い開発したリカバリーウェアを発売予定です。詳細は当社公式ホームページおよびSNSにてお知らせします。
当社は今後も、リカバリーウェアの開発を続け、いつまでも元気に過ごしたいという方を「休養」で応援します。


【ベネクスについて】

健康のための3大要素「運動」「栄養」「休養」の中で、パフォーマンスを向上させるために必要な「休養」に着目。休養時専用の「リカバリーウェア」の開発、製造、販売を行っています。創業は「床ずれ予防マットレス」を開発、販売する介護用品メーカーとしてスタート。現在は、ケアという発想に基づいたリカバリーに関わる商品開発を行っています。
「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」をコンセプトに、東海大学、神奈川県、当社との産学公連携事業により誕生した「リカバリーウェア」は、エビデンス(科学的根拠)の取得や安全性を重視した開発を行い、「休養時専用ウェア」として2010年2月の発売以降、疲労回復や安眠のサポートを目的として日本代表選手らスポーツ関係者はじめ多くの方に愛用されています。現在は、豊富な商品展開を行い、全国の主要百貨店やオンラインショップで販売。これまでにシリーズ累計145万着(2022年9月末時点)の販売実績を記録するヒット商品となっています。
「ベネクスリカバリーウェア」は、2013年にドイツで行われた世界最大のスポーツ用品見本市「ISPO」で日本企業初の金賞を受賞。また、2018年9月には、「休養時専用ウェア」として、県民の未病改善の促進及び未病産業の市場拡大に向け、未病の見える化や未病の改善に貢献できる信頼性のある優れた商品・サービスを認定する神奈川県の「ME-BYO BRAND(未病ブランド)」にも認定されました。その翌年2019年には、日本健康医療学会から健康医療に役立っている製品を開発、生産、販売する会社、団体等に向けて贈られる「第7回 健康医療アワード」を受賞しています。

〈「ベネクスリカバリーウェア」の評価〉
スポーツ:2013年「ISPO」金賞受賞/社会:2018年「ME-BYO BRAND(未病ブランド)」認定
健康:2019年 「健康医療アワード」受賞

■「リカバリーウェア」を支える2つのメカニズム


1. 特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)」
当社独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物(特許取得名称:DPV576)を繊維1本1本に練りこんで開発したポリエステルの「PHT」繊維。この「PHT」を使用して作った「リカバリーウェア」は、休養時の体を優しく包み込み、体力が回復しやすい環境を整え、心身の“休養”をサポートします。

2. 休養時の着心地のよさを追求した仕様とデザイン
体を締め付けないノンコンプレッションデザインでゆったりとした着心地を実現。素材や縫製、カッティングにもこだわり、睡眠中、家でのリラックス時やスポーツ直後、移動中など、あらゆる休養シーンにおいて、ゆったりとした着心地で体に余計なストレスを感じさせない心地よさを追及しています。

【株式会社ベネクス 概要】
法人名: 株式会社ベネクス
代表: 代表取締役 中村 太一
所在地: 〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-4-13 浅岡ビル4階
電話: 046-200-9288
設立: 2005年9月30日
事業内容: 休養・睡眠時専用「リカバリーウェア」の開発、製造、販売
ホームページ: https://www.venex-j.co.jp/


本リリースに関するお問合せ
株式会社ベネクス コミュニケーション・プロデュース部
担当者:豊島(携帯:080-7975-5579)/下山(携帯:080-7296-9553)
TEL:046-200-9288 FAX:046-200-9368
e-mail:commprodept@venex-j.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)