食品・飲料 美容・健康

腸活に人気!100%滋賀県産もち麦使用の「もちむぎシリアル」がTwitterのフォロー&リツイートキャンペーンを開催!

株式会社ウィードプランニング
【実施期間:11月28日~12月25日】抽選で毎週10名様に「もちむぎシリアル」現品をプレゼント

株式会社ウィードプランニング(社長:山田 孝 本社:滋賀県大津市)内のbiwacommonプロジェクトでは、滋賀県の「いいもん」を知って使ってもらうことを目指し、新発想のモノ・コトづくりを行っています。その第一弾商品として2022年6月に販売をスタートし、とくに腸活など健康・美容への関心が高い層から好評を博しているのが「もちむぎシリアル」。2022年11月28日から開催する公式Twitterフォロー&リツイートキャンペーンでは、この食物繊維たっぷりのシリアル現品を毎週抽選で10名様にプレゼントします。皆様のご参加をお待ちしています。






もちむぎシリアル公式Twitterフォロー&リツイートキャンペーン


2022年6月の発売以来、地元滋賀の百貨店やJA直売所、ネットショップなどで好評の「もちむぎシリアル」を、より幅広くたくさんの方に知ってもらいお試しいただきたいとの思いから、期間限定のプレゼントキャンペーンを実施します。
本キャンペーンはもちむぎシリアル公式Twitterアカウント【@_mo_chi_mu_gi_】をフォローし、一番上の固定ツイートをリツイートすることで、どなたでもご応募いただけます。
■応募期間:2021年11月28日(月)12:00 ~ 12月25日(日)23:59まで
■賞品:もちむぎシリアル 1袋180g
■当選人数:毎週10名様
■当選発表:当選された方にはTwitterのDMでお知らせします。フォローを外されますと当選権利が無効となりますのでご注意ください。

<ご注意事項>
1.複数ツイートしても当選確率は変わりません
2.アカウントが非公開の場合はキャンペーン対象となりません
3.都合により当選連絡が遅くなる場合がございます。ご了承ください
4.フォローを外されますとキャンペーン対象外となります
Twitter_QR





腸活はじめるなら、かんたん&おいしい「もちむぎシリアル」

腸活にぴったりの食物繊維が豊富な食材として、いまテレビや雑誌、ネットなどのメディアで話題の“もち麦”。炊飯器やお鍋で白米と一緒に炊いて食べる人が多いそうですが、100%もち麦だけで作られたbiwacommon(ビワコモン)の「もちむぎシリアル」は、開封してそのまま食べるだけ。甘くないシリアルだから、腸活最強コンビのヨーグルトはもちろん、和洋中いろんな料理にサッとふりかけて手軽に美味しく味わえます。バタバタと忙しい朝や、クタクタに疲れた夜にも、食物繊維たっぷりのもち麦を調理不要で摂取できるのが◎。素材まるごと香ばしく焙煎されたもち麦の素朴な風味を楽しみながら、カラダの内側からキレイに整えましょう。





効果的な腸活のカギは「発酵性食物繊維」

biwacommon「もちむぎシリアル」の原材料は、滋賀県産の「ダイシモチ」という品種のもち麦。抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているため穂先が鮮やかな紫色になるのが特徴で、希少価値が高いことから“幻のもち麦”とも言われています。食物繊維がたっぷりと含まれていて、その量は白米のおよそ32倍もあるのだとか。※日本食品標準成分表2015(文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告)
さらに嬉しいポイントが、もち麦からは効果的な腸活のカギになると話題の「発酵性食物繊維」が摂れること。発酵性食物繊維は、腸の中で善玉菌のエサとなって発酵する力をもつ食物繊維で、善玉菌の増殖をサポートして腸内環境を改善する働きがあると言われています。





もちむぎシリーズでは新商品も開発中

biwacommonは滋賀県(=biwako)の「いいもん」を、知ってもらって使ってもらい、いずれ当たり前の存在(=common)になることを目指したモノ・コトづくりを行っています。「もちむぎシリアル」についても、腸やカラダのことを思いやる方々の毎日の食生活において、欠かせないアイテムになって欲しいとの想いを持ってます。そして、このもちむぎシリーズの新商品として、現在「もちむぎパスタ」を開発中です。すでに製造段階に入っており、まもなく販売を開始する予定ですので、ぜひ今後もご期待ください。


■公式サイト https://biwacommon.com/mochimugi/
■Instagram公式アカウント @mo.chi.mu.gi


Instagram_QR
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)